スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むしカン・今後の展開を整理中

なんとか、第7篇を書き終えたので、
今後の展開を整理していたんですが、
どう考えても、ファイル数・ファイルサイズともに、
あんじぇろ越え必至な感じになってきました(^-^;)

個人的構想では、12篇~13篇で終わる予定です。
このへんの読みは、整理し直しても同じだったんで、
脳内プロットは狂っていないんだと思うんですが。
(すみません、基本、文字プロットを作らない駄目子さんなので。
 何篇でこの展開、っていうざっくばらんな予定表だけ書くタイプ)

ちょーっと色々遊び回もありましたし、
好きなように書いてきたので
しょうがないっちゃしょうがないんですがー。

今まで書いてきた
 ・空に舞う一枚の羽根
 ・FOREVER SMILE
 ・風の通り道
 ・La voce di Angelo
が、出来うる限り無駄を廃した上で、
徐々に長編作品になってしまったことを考えると、
ある意味、むしカンは私の中でも、挑戦作品、ではあるのかなぁなんて思います。

元々、この作品は短編作品の予定で作り始めたのが発端でして、
そのため、キャラの作りこみが甘かったりします。
(その点では、空に舞う一枚の羽根なんかも同じなんですが)
最初は修吾と柚子しかいなかったし。
そのためか、書きながら徐々に作りこんでいく形になっているので、
どうしてもどこかで違和感が生じてないかなぁなんて
不安に思ったりすることもしばしばです。

それでも、私が考える学園物の1例として、
形に出来れば良いなぁと、そればかりを願っています。

キャラが増えるとごちゃごちゃするので、
久しぶりに、少人数制のシンプルな作品も作りたい、なぁ……。
スポンサーサイト

遠野清香

sayaka.jpg



・清香
雰囲気がおっとりしており、そつなく気配りの出来る女の子と周囲には思われている。
男子ウケがいいタイプ。その分、女子の間では好き嫌いが二分するタイプかと作者は思っている。
少し抜けているところがある(舞ちゃん談)
実はステレオタイプでマイペースな面も……?
例えるならば、学園のアイドル。
マドンナは誰にでも愛される、誰もが認めるって印象があるので、アイドル、かなぁと思いました(アイドルはファンは熱狂的、周囲は冷めてるって感じだから)(偶像ってイメージも合ってるから)
今でも学園のマドンナって言うんだろうか?
言って欲しいけどなぁ。
やっぱ、マドンナって響きいいよねぇ。

*********************

ってことで、
サラサラ適当に清香を描きました。
この手の女の子は絵で描くのが苦手です(^^;)
透明感っていうか、空気感っていうか。
美少女って、難しいよね……。

美少女とか美人て思うと描けなくなるんだ。
清香タイプの顔は、たぶん、実際に鉛筆で描いたほうが上手く描けるかもなー。
頑張って生きた線にしようとしてるんですけど、やっぱりアナログには敵わないところがあるんですよねー(^^;)
楽だからデジタルで生かせるようにしたいなぁ。


因みに、青色って、人間の色覚の中では認識されないほうらしい。
だから、パソコンの設定でも赤・緑が優先されるんだってさー。
ちょっとした豆知識ですねー(笑)
なので、デジタル絵描きの方々、青にはあんまり容量割かないほうがいいかもしれません(^^;)



最近絵を描きたくて仕方ないです。
時間があれば、色塗ったり、バストアップじゃない絵を描きたいところなんだけどー。
浮かんでたものが全部吹っ飛ぶ今週のストレス地獄っぷりに唖然(^-^;)

さて、あと一日乗り越えれば、連休だ~。
おやすみなさーい♪

修吾と勇兵

無色彩カンバスのキャラは私が描くとこんな感じです。
勇兵の髪型が、ちょっと昔流行りしたタイプになってしまいましたが、でこっぱちでバカっぽいイメージなので、やっぱ、こんな感じかなと思いつつ。
スタイリングには毎日1時間を要します(バカ)

musikan.png



『なぁなぁ、修ちゃん。勝負下着といったら赤だよな?』
『は? 何言ってんのさ、勇兵』
『へ? いや、やっぱ、男たるもの、戦いの日は赤だろうって話だよ』
『……知らないよ……』
『やーさー、赤いタンクトップはいくらでも持ってんだけどさぁ。ボクサーパンツで赤はまだ持ってなくてさ。修ちゃん、ちょっと今度付き合わない?』
『1人で行きなよ』
『つれないなぁ。試合の応援来てくれるんだろ? 少しくらい付き合ってよ』
『……あ、試合のことか』
『へ? 他に何が……。へへ』
『な、何?』
『修ちゃん、やーらしーんだ』


・左
たぶん主人公:二ノ宮修吾
何度となく書こうとして失敗してきた、内向的な主人公タイプです。
容姿には恵まれているんですが、非常にシャイで、若干口下手。
なので、かなり無愛想と取られるところも(クールで通っている)
上の会話を見ての通り、むっつりです。
性格的には律儀で真面目。ちょっとロマンチスト……かな。
母思いの優等生タイプ。
仲良くなった人に対しては非常に面倒見がいいです。
意外と頼れる兄貴分(笑)
ただし、線が細く、精神的には強いタイプではありませんねー。
(昔の小説家さんのイメージで書いているところがあるのでどうしてもー)

・右
塚原勇兵
私が書くのが楽なタイプ。
オープンで馬鹿で無邪気で運動大好きっ子です。
女系家族な設定なので、昔から男女別なく接せる人類皆お友達タイプ。
ただし、本人曰く懐く相手は選んでるそうです(現在の被害者:修吾)
バレー部。
オープンスケベです。オープンすぎて、逆にえろくないという羨ましいスキルの持ち主。
たぶん、チョコ貰っても、うわーい、今年もたくさん貰ったぞってはしゃぐタイプかなぁ。
実は一番食えない男なんじゃないかと思っていたりしますけど。



こういう、なんとも言えない男子の馬鹿っぽいやり取りが憧れでした。
ホント、もし生まれ変わるなら絶対男がいいなぁって思う。

ふっふふん♪

529663834_85.jpg



むしカンバナーの元絵です(^-^)
サイトにまだ上がっていないようなので、ご紹介がてら上げます♪
ホント、みみこさん凄いです。
彼女のセンスに嫉妬……! したのはバギさん。
私は素直に大喜び。
みみこさんの舞ちゃんは爆弾だと思う。

親友コンビ~

20070822211719.png



やっぱり、みみこさんの絵のイメージのほうがいいなぁ……と描いてて思いました。

『無色彩カンバス』の柚子と舞です。

・左
おそらくメイン四人の中で一番変なのに、なんとも言えないほど目立たないヒロイン・渡井柚子。
学校の成績は気にしないけど、ない胸は気になる、そういうお年頃。
それほど太くもないのに体重を気にしてます。
食べないと胸大きくならないんじゃないだろか、という突っ込みをしたくなるタイプ。
でも、そんなことを言いながらもデッサン中に消しゴム代わりの食パンを無意識でかじかじ食べていたりするんじゃないかな(^^;)
だいぶボケボケ(お馬鹿)ですが、芯が強く、あらゆることに対する偏見というフィルタを一切持たない子。
絵描き志望。
絵一筋です。


・右
ヒロインじゃないのにトップ絵を飾っている親友・車道舞。
(視点が舞だから、裏ヒロインだろうっていう話になってます)
車道っていう苗字は、名古屋に行った際に見かけた地名からです。
変な地名はその内使おうって気になるから楽しい。
特に何にも気にしなくても、テキパキこなせる要領のよさと、多彩なセンスを持つ。
ただし、出来すぎることから本人にはやる気がなく、そのセンスが伸びることは勿体無いことにほとんどない。
なので、真っ直ぐ一生懸命な人を優しく見守る面がある。
要領がいいためか、視野が広すぎ。実は結構苦労人……?
今現在の楽しみは、柚子と修吾をいじって遊ぶこと。
作者的には、2人じゃない時は「柚子さん」なのが、こだわりです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。