スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この漫画が良かったよ! 2013 男性向け漫画編

行ける内にガリガリ行くぜ!

百合漫画・女性向け漫画とまとめたので、
次は男性向け漫画編です。
部活漫画編はちょっと力入りそうだから後回し。

私の男性向け漫画アビリティ的にはこんな↓
 ☆愛読雑誌「週刊少年ジャンプ」「別冊月刊マガジン」
      「ジャンプ改」「good! アフタヌーン」
 ☆王道派手系よりも、丁寧真面目系な作品を好む。
 ☆好きなジャンル:バトル・SF・スポーツ・ラブコメ
 ☆苦手なジャンル:ギャグ・ギャグシリアス織り交ぜ系

とりあえず、30巻越えでも完結した作品ならいざ知らず、
30巻越えてて
これから更に出るよ~って作品は外しますね^-^;
(「弱虫ペダル」のことですw)

1位:クロス・マネジ

クロス・マネジ 1 (ジャンプコミックス)クロス・マネジ 1 (ジャンプコミックス)
(2013/03/04)
KAITO

商品詳細を見る

これだけブログで推しておいて、
挙げないわけには参りません。

ジャンプで、こういう作品が読みたかった!

私の「クロス・マネジ」への気持ちを
ひと言で表すと、この言葉に尽きます。

この作品の魅力は、
「映画的な情景描写」
「緩急の付け方の上手さ」
「時折織り込まれるギャグの上手さ」
「とにもかくにも女の子が可愛い」
の4点が挙げられると思います。

131208_1632~01
↑こういう微妙な表情の描き分けとか

131208_1633~01
↑大事な局面での見開きの使い方とか


女の子キャラが多いにも関わらず、
女性層からの支持も厚かったようですし、
何より、
主人公・櫻井とそれを取り囲む若本・関の
不自然でない男の友情の描き方が、リアルだなぁと感じました。

台詞はなく、
表情で伝える描写が多用される作品で、
それを表現するための間の取り方も含めて、
とても、良かったです。

部活は色々なモチベーションでやっている人たちの集合体。
それでも、一丸となってひとつのことを
成し遂げようと一致団結させる必要がある。

上手くなるってどういうこと?
好きなものってどういうもの?
がんばるって何のために?
結果が伴わなかったら、それは無駄なの?
頑張ったからこそ、見える光が、きっとあるよ。
その結果は、勝利ではなくとも。

この作品には、
そういうメッセージが込められていたと思います。
絶対に負けないところは1校しかない。
総当り戦であれば、
負けずに優勝するところがない場合もある。

そういう部活らしさが、非常に好ましい作品でした。
もっと、たくさんの人に、読んでもらいたい。

贔屓作品なのもあり、長くなりましたが、
全5巻と長さもお手頃です。
お正月のお供にでも。


2位:食戟のソーマ

食戟のソーマ 1 (ジャンプコミックス)食戟のソーマ 1 (ジャンプコミックス)
(2013/04/04)
附田 祐斗、佐伯 俊 他

商品詳細を見る

書かない訳にはいかないだろ第二弾。

原作の附田先生が好きで、
お帰りになった時は本当に嬉しかった。

ストーリーは王道だけど、
設定の作りこみは邪道とも言える。
作品の精度の上げ方が半端なく、
妥協しない作品ですね。

原作・作画を分けていることに
ここまで納得できる作品もそう多くないかなと。

料理漫画だけに、
とにかくご飯が美味しそうなのと、
ご飯を食べた時の描写の、
笑いあり涙ありな感じが上手いです。

また、主人公・ソーマの性格のよさがとても光る。
性格的には良い子ではないと思うけど、
嫌味もないし、素直に好感が持てるのはすごいなぁと
素直に感じます。


3位:てんまんアラカルト

てんまんアラカルト(4) (月刊マガジンコミックス)てんまんアラカルト(4) (月刊マガジンコミックス)
(2013/08/16)
小林 有吾

商品詳細を見る

こちらも料理漫画。
まさか、打ち切られていたなんて。。。
と、涙を飲んだ作品です。

これから天満ちゃんの才能が開花する展開だったはずなのに。
ちゃんと支援していれば。。。ああ。。。

ソーマの美味しそうな料理もいいですが、
こちらのてんまんアラカルトは、
料理の描写がとにかく良い。
そして、独創的な発想力から作られる料理は
どれもこれも食べてみたくなる!!

レシピがついていないのが残念なレベルです。

黄身が分離している目玉焼きは
なんとか作ることに成功しました。
正直、ガチで美味しいです。

卵を凍らせる、という発想の転換。
素晴らしい。

4位:お慕い申し上げます

お慕い申し上げます 1 (ヤングジャンプコミックス)お慕い申し上げます 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/04/10)
朔 ユキ蔵

商品詳細を見る

仏の教えと、煩悩の間で揺れる
若いお坊さんのお話。

ジャンプ改を読むようになって、
多くの良作品に出会いましたが、
私としては、この作品を推したい。

人間の業の深さと、
それに対する仏の教えの絡め方が秀逸。

身に詰まされる、という意味で、
持っておきたい漫画だなぁと。

こういう作品を描ける方には
普通に憧れてしまう。
特に今の本誌での展開が、すごい。


5位:じゅういちぶんのいち

1/11 じゅういちぶんのいち 7 (ジャンプコミックス)1/11 じゅういちぶんのいち 7 (ジャンプコミックス)
(2013/11/01)
中村 尚儁

商品詳細を見る

スポーツ好きなら絶対外せない。

主人公・ソラが
チャンピオンズリーグ優勝の夢に向かって
ひた走るサッカー漫画。
その中で関わる様々な人々の人間ドラマ。

特に、11月に発売された7巻は、
今まで、
ひたすら夢に向かって走るすごい人・ソラが、
1話と同様に、普通の人間なんだ、ってことが
丁寧な描写で描かれており、
非常にグッと来た巻でした。

あれは泣く。
悔しくないわけない。
あと少しで叶ったのにね。。。


さて、5枠書いたので、ここからは省エネで。

6位:あだしもの

あだしもの 4 (ジャンプコミックス)あだしもの 4 (ジャンプコミックス)
(2013/10/04)
山本 久美子

商品詳細を見る

この先生の読切が本当に好きで、
待ってましたの連載だったんですが、
4巻で終わってしまった。。。

ただ、物語的には打ち切りな感じはせず、
きちんとまとまっていて好感が持てたので、この位置に^-^

7位:いつか、夜明けの空で待ってる。

いつか、夜明けの空で待ってる。(1) (少年マガジンコミックス)いつか、夜明けの空で待ってる。(1) (少年マガジンコミックス)
(2013/03/15)
荒木 宰

商品詳細を見る

絵とタイトルが好みで、ジャケ買いしました。
女の子は抜群に可愛いです。

ストーリーは、正直、3巻以降次第とも言えますが、
ギクシャク感の描き方とか上手かったです。

8位:四月は君の嘘

四月は君の嘘(7) (月刊マガジンコミックス)四月は君の嘘(7) (月刊マガジンコミックス)
(2013/09/17)
新川 直司

商品詳細を見る

徐々に辛い部分が見え隠れし始めた本作。
それでも、圧倒的な描写力と演出。
とにかく、最後まで見守りたい。

9位:聾の形

聲の形(1) (少年マガジンコミックス)聲の形(1) (少年マガジンコミックス)
(2013/11/15)
大今 良時

商品詳細を見る

この読切が掲載された時、非常に話題になりました。
それの連載版。

なかなか、
こういうテーマを少年誌の漫画としては
見なくなりましたよね。
私が知っているのは、
ずいぶん昔に読んだ「げんきやでっ」とかかな?

笑顔で、胸糞悪い漫画だな(褒め言葉)って言える作品です。

10位:めくりめくる

めくりめくる 1巻 (ガムコミックスプラス)めくりめくる 1巻 (ガムコミックスプラス)
(2010/10/25)


商品詳細を見る

倉敷を舞台にした青春オムニバスもの。
倉敷PR用に作られた漫画が、
好評のまま今でも続いているのだとかなんとか。

まだ1巻に手をつけただけではありますが、
確かに、これは面白い。


最後に。
「DEARBOYS」が佳境を迎えております。
来年で25周年か。
「スラムダンク」よりも歴史が深く、
また、主人公の生い立ちにかかる部分で
ドラマ性も十分です。
佳境とはいえ、あと何年かかるのか、状態ではありますが、
読まれたことがない方には非常にオススメしたい作品。
175センチで、フリースローラインからダンクを決める
超高校級プレーヤーが主人公です。

DEAR BOYS ACT3(1) (講談社コミックス 月刊少年マガジン)DEAR BOYS ACT3(1) (講談社コミックス 月刊少年マガジン)
(2009/06/17)
八神 ひろき

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この漫画が良かったよ! 2013 女性向け漫画編

百合漫画編、
ちょっと張り切りすぎちゃったなぁってことで、
本記事からはややボリューム抑え目で
行きたいと思います^-^;

1つの記事に、2時間は掛けすぎだ(震え声)

女性向け漫画編、というカテゴライズなので、
掲載誌が青年誌だろうとなんだろうと、
私見で感じたものを挙げていきます。

私の女性向け漫画アビリティ的にはこんな↓
 ☆キラキラ恋愛系は苦手。
 ☆短篇やオムニバス物が好き。
 ☆元々よく読んでいたのは「別コミ」。
 ☆好みの漫画が多いのは「マーガレット」。

1位:花と天秤

花と天秤 (マーガレットコミックス)花と天秤 (マーガレットコミックス)
(2013/11/25)
羽柴 麻央

商品詳細を見る

短篇物の名手、羽柴先生の新刊。

中学生女子と新米理科教師の
淡い恋模様を描いた本作。

ご都合主義な部分もありつつ、
描くポジションを一定に保つことで、
ドロドロを作品内には存在させない潔さがよしや。

正統派な少女漫画という印象です。
こういう漫画を描ける方がまだいることにほっとする。

先生の世界の一部になりたい

先生が時々クラスの男子みたいな喋り方をすると
先生が先生に見えなくって
なんかドキドキします


それを見守りながら、おいらはにやにやしてました。
メリーちゃん(ぬいぐるみ)に
枕とティッシュの布団をかぶせて、
メリーちゃんはお休み中だから起こさないで下さい、
と書き置きしてる羽衣子ちゃんが可愛すぎる!


2位:学園アリス

学園アリス 31 (花とゆめCOMICS)学園アリス 31 (花とゆめCOMICS)
(2013/09/20)
樋口橘

商品詳細を見る

堂々の完結。
何年続いた?
私が買い始めたのはアニメをやっていた頃なので、
それよりも前から?
10年くらいですかね。

不思議能力・アリスを題材に
バラエティに富んだキャラクター達が満載で、
本当に楽しめる漫画でした。

恋愛面にはあまり興味がありませんでしたが、
最後まで貫かれた蜜柑と蛍の友情の深さに最大の賛辞を。

蛍が好きで読んでいましたが、
30巻は1冊丸ごと、蛍総集編みたくなってて素晴らしかった。

3位:春巡る

春巡る 1 (マーガレットコミックス)春巡る 1 (マーガレットコミックス)
(2013/07/25)
小畑 友紀

商品詳細を見る

今アマゾン情報見て気付いた。
小畑先生、集英社系列の雑誌に行かれたんですね!
電子書籍で1巻読んでしまったものだから、
全然気付かなかった。

タイトルは爽やかですが、
テーマは重たく、
小児がん病棟のお話です。
おそらく、オムニバス形式ですね。

私、元々死を扱ったテーマのお話は好きじゃありません。
そんなんで泣かせるのは反則だし、
泣かなくて済む話描ける訳がない、と思うから。
泣きゲーとかも、そういう意味ではとても嫌いです。

だけど、この作品からはビシビシと、
作者さんの意地と覚悟みたいなものが伝わってきて、
次の巻も読みたいと感じました。
ということで、この位置に。

電子書籍で買ったために、
内容が分からない状態だった、というのは、
ある意味良かったのかもしれません。

4位:Piece

Piece 10 (フラワーコミックス)Piece 10 (フラワーコミックス)
(2013/06/26)
芦原 妃名子

商品詳細を見る

たぶん、毎年面白いと言っていました。
堂々の完結です。

正直、オチに関しては賛否両論ありそうな感じです。
私は読者としては、若干否定派ですが、
作品全体として見た場合には、
とても羨ましい結び方をしたなと思っています。
一度はやってみたいよ、こういう結び方。

もやつくというか、引っかかるというか。

読後感が好ましい作品が好きな方は
少々腑に落ちないかもしれません。
ですが、作品に求められるのは、
結末の素晴らしさだけではないし、
何より、こういう意趣返し(?)は必要だと思う。

元々、サスペンス、とこの作品は謳われており、
サスペンスというものは、ギリギリの展開で、
続きが気になって気になって仕方ないものに
カテゴライズされています。

そういう意味で、この漫画は作品として
非常に優等生でした。
読んだことない方には是非読んでいただきたい。
個人的には太鼓判の作品です。

5位:海月と私

海月と私(1) (アフタヌーンKC)海月と私(1) (アフタヌーンKC)
(2013/08/07)
麻生 みこと

商品詳細を見る

掲載誌は青年誌ですが、
これ、絶対女性が好きだろ、と思ったのでこちらに。

海沿いの町にある、客室3部屋の小さな民宿が舞台の作品。
宿泊されるお客様が抱える少し複雑な事情。
それに綺麗に巻き込まれていく従業員2人。
ほっこりと心の温まるオムニバス作品です。
(舞台固定とかキャラ固定のオムニバスにほんと弱い)

また、仲居として転がり込んできた
海月こと梢ちゃんのおっさん転がしの上手さが最高です。

宿辞めるのをやめた
だから消えないで……
じゃなくて
ここにいてくれないか
仲居として


宿の主人・私が、亡き父との間にあった確執から
解放されるまでが1巻のお話でした。
こういう面では、男性のほうが共感できるのかなぁ。


さて。ここからは若干省エネ。

6位:甘々と稲妻

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)
(2013/09/06)
雨隠 ギド

商品詳細を見る

すっごい悩んだ。ホントは5位以内に入れたかった。
最近流行りの料理ものでありつつ、
父子家庭の親子と女子高生の
ほっこり心温まるハートウォーミングストーリー。

娘のつむぎちゃんが可愛すぎでしょ!
それと、料理も手軽に作れそうなものばかりなので◎!

7位:花と落雷

花と落雷 1 (マーガレットコミックス)花と落雷 1 (マーガレットコミックス)
(2013/01/25)
渡辺 カナ

商品詳細を見る

稲妻とか落雷とか、、、なんだろ。
流行ってるんですかね。稲光系タイトル。

2巻と短いお話ですが、
非常によく組まれていて好みでした。
だから、こういう形で泣かせるなと。

8位:かげきしょうじょ!

かげきしょうじょ! 1 (ヤングジャンプコミックス)かげきしょうじょ! 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/05/10)
斉木 久美子

商品詳細を見る

百合漫画編にも入れたけどね。
こういう歌劇団ものは、女性のほうが好きだよね?

9位:月影ベイベ

月影ベイベ 1 (フラワーコミックスアルファ)月影ベイベ 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2013/06/10)
小玉 ユキ

商品詳細を見る

「坂道のアポロン」の小玉先生の最新作。
まだ1巻の時点では様子見状態だけど、
相変わらず、丁寧な作りをしている。

10位:女王の花

女王の花 8 (フラワーコミックス)女王の花 8 (フラワーコミックス)
(2013/08/26)
和泉 かねよし

商品詳細を見る

好きなキャラが死んでいくのはしんどいわ。
青徹が好きだったので、
非常に沈んだ状態で読んでるんだけど、
それでも、続きが気になるのがすごい。

最新刊で出てきた白ちゃんが、非常に好みのキャラの予感。

この漫画が良かったよ! 2013 百合漫画編

こんにちわ、小説サイト「明けに染まる水平線」の更新、
今年1年できず、申し訳ありませんでした。
ブログを見て分かるとおり、
別のことで頭がいっぱいだったもので、
ネタの練りこみが全く出来なかったことが一因です。

一応、書きたいなぁと思っているものはありますので、
春を目処に、文庫本分量2冊分くらいの作品を
公開できればよいかなと考えております。

ま、出来てねー作品の話をしても、鬼が笑うってんで、
そろそろ、本題に入ります。



「このマンガがスゴイ! 2014」が12月9日に発売だとかで、
冊数は読んでいたけれど、新規開拓少なかったんじゃない?
状態ではありますが、今年は気持ちも乗っているので、
ガガガッと書いていきたいと思います。
(紹介記事ではなく、想いの丈を叫びます)

私が書く予定の部門は、
「男性向け作品」
「女性向け作品」
「百合好きさん向け作品」
「部活漫画好きさん向け作品」
の4つです。

部門分けないと、5つの枠に収まらなーい^-^;
というか、5つの枠じゃ足らなーい^-^;

男性向け・女性向け、というのは、
少年誌や青年誌に掲載される作品でも、
これは女性向けだろと感じるものがあるため、
今回は便宜上、このような形を取ることにいたしました。

雑誌のメイン層とは、、、ということを
今年は色々考えた年でもあります。

本記事は、その中でも
「百合好きさん向け作品」として、カテゴライズいたしました。

因みに、筆者の百合アビリティはこんな↓
  ☆学生百合から社会人百合までなんでも美味しくいただけます。
  ☆物としての男性キャラを入れるくらいなら入れんなコラ。
  ☆人として関わる男性キャラなら大歓迎。
  ☆愛読書は「百合姫」「ひらり、」。

今年は、百合ファンとしては、
「つぼみ」の休刊や、「青い花」の完結、「オハナホロホロ」の完結など、
実り多くもまた、物寂しい年でありましたね。。。

そんな中、私が選ぶ、今年良かった百合作品5つですが。


1位:青い花

青い花(8)(完) (Fx COMICS)青い花(8)(完) (Fx COMICS)
(2013/09/12)
志村貴子

商品詳細を見る


堂々の完結ですもの。文句なしでしょう!
1巻読んでからずっと、ときめきもありつつ、
ふみちゃん(眼鏡のほう)のどろっとした感情に引っ張られたり、
浮き沈みの激しい漫画でした。

そんな中、この作品を元気に支えてきたのがあーちゃん(背の低いほう)です。

ふみちゃんの初恋の相手。
同性愛に対して偏見を持たないニュートラルな女の子。

この2人がそういう仲になるまではやきもきしました。
欲を言えば、もっといちゃついてもよかったなぁなんて。
そんなことを思ったり!
でも、ほんと、この作品は、”百合”でありつつ、
きちんと”百合”でないものも描いていて、
本当に大好きな作品です。

この作品の男性キャラ、みんな好きです。
青い花アニメ2期、やれるんならやってほしいなぁ。うんうん。

(※青い花は知人に貸しているため、シーン抜粋とかは割愛)


2位:オハナホロホロ

オハナホロホロ (Feelコミックス)オハナホロホロ (Feelコミックス)
(2010/01/07)
鳥野しの

商品詳細を見る


コミックではまだ完結しておりませぬが、
雑誌で読んで、うわーーーーーーってなった作品です。

既読済で、コミック派の方もいると思うので、ネタバレは控えます。

この作品、ホント、色々と事情が複雑な2人の同居生活なんですが、
みちる(ショートカットのほう)の息子のゆうたが本当に可愛くって!
百合以上に、ゆうたを愛でる漫画と化しておりました^-^;

まやちゃん(眼鏡のほう)とゆうたが、
手を繋いで歩いてるところとか、本当に和んで、
まやちゃん、ホント、ママっぽいなぁと癒されることもしばしば。

登場人物が社会人ということもあり、
生活の不安や、周囲の奇異なものを見るような視線など、
そういうものが当たり前のように登場しますが、
それでもなお、ゆうたたちの子どもパワーで
それを吹き散らしてくれるのがこの作品の良さかなぁなんて思います。

この作品で私が一番好きな台詞は、
みちるの亡き夫・圭一の恋人・ニコの言葉です。

いつか――……
いつかって? いつ?
その「いつか」って――……
かならず来るの?
ねえ、麻耶さん。
おれの「いつか」は来なかったよ。

一緒にいたいなら、そうすればいいんだよ。
おれにはできなかったことだけど、
どうするのが正しかったかなんて、
おれには、今でもわからないよ。

でもね、麻耶さん。
この世界にあるのは、
いつだって、「結果」だけなんだ。

ほんと、セクマイな話過ぎて胸が詰まりますが、
こういう作品が女性向け雑誌に
当たり前のように存在していることが本当に素晴らしいなと、
そう思います。

男のキャラが立ってるのがまたねー。

3位:私の世界を構成する塵のような何か。

私の世界を構成する塵のような何か。 (1)巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)私の世界を構成する塵のような何か。 (1)巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2012/08/18)
天野 しゅにんた

商品詳細を見る

百合姫よりランクイン。
誌面では完結してしまいましたが、
完結コミックは今月発売ですね。

連載前に掲載された読み切りから好きで、
コミックも即買いしました。
天野しゅにんた先生の作品は、
独特の毒が効いていて、
百合姫の中では若干異彩を放っています。
(百合姫はみなさん個性的ですけど)

けれど、その毒にはまるとまぁ抜けられないんですよね。

ライト百合ユーザーが好きな類の話ではなく、
清純可憐とも程遠い内容なのに、
読ませてしまう力がある方です。

読み切りから好きなのもあって、
ふえちゃんとあすなには幸せになって欲しかったのですが、
なかなかどうして上手く行かないものですT_T
まぁでも、未来はまだわからないからね!

何回何十回何百回と謝りあった

もし仕切りなおしたとしても
近い未来にゴメンゴメンと
涙する日がきっとまたきて

それって
平穏や幸せとか
いうものとは
程遠い

でも

遠い未来のことはわからない


百合において、
別れを描けるってなかなかないものだと私は思ってます。

それこそ、青年誌とかで
長期連載いただけていたらわからないけど、
それをこの先生は、百合姫でやるのだなと。
震えが来た台詞が↑です。

めるとまーさの話ももっと読みたかったので、
終わってしまったのが、少々残念であったりもしますね。


4位:お友達からはじめましょう。

お友達からはじめましょう。 1巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)お友達からはじめましょう。 1巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2013/07/25)
乙 ひより

商品詳細を見る


大好きな乙先生の最新作!
百合姫でお帰りをお待ちしていたらまさかのゼロサム! ガッデム!!

ゆるふわライト百合、というか、たぶん、BLのほうが本丸?

主人公の明ちゃんが本当に可愛くって。
社会に適応できないタイプの不器用な子で。

過去、友達の好きな人に好かれてしまい、
それ以降、友達と疎遠になってしまったというトラウマから
友達の作り方が分からなくなっているという。

すっごい美少女なのに、
友達がいないから、部屋着が充実してるとか!
本気でアホで可愛い子なんですよね。
ランクインしたのは、
ほぼ、明ちゃんのアホに見えないのに、
すっげーアホキャラっていうのが
際立っていたから、というのもありつつ、

また、男キャラの立ちっぷり。
これから、BL方面でも
切ない展開がありそうだなぁという期待を込めての
この位置といたしました!

5位:かげきしょうじょ!

かげきしょうじょ! 1 (ヤングジャンプコミックス)かげきしょうじょ! 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/05/10)
斉木 久美子

商品詳細を見る

ジャンプ改で隔月連載されている斉木先生の作品です。
(「花宵道中」のコミカライズで素晴らしい締め方してくださった先生!)

宝塚歌劇団をモチーフに作られた舞台設定の中、
将来のトップを目指して、
少女達が日夜レッスンに明け暮れ……る話になるはず。

主人公のさらさはベル薔薇のオスカルをやりたくて、
この学校に入学。
背も高く、肝も据わっており、資質は高そうなんだけど、
女子の中ではその性格上浮きまくり、前途多難。
というのが、1巻の流れでした。

さらさと同室になったのは、
元アイドル(AKBがモチーフ?)で男性恐怖症の愛。
バランスよくなんでもひととおりはこなせるが、
クールビューティで、他人に心を開かないタイプ。

土足で踏み入ってくるさらさとは相性最悪なんですが、
個人的には、
この2人が最強のトップスタアになる日が来るのが
楽しみな作品だなぁと。

周りのキャラたちも、キャラ立ちがよく、
良い子も悪い子も、愛しい限り。
今後の展開に期待しております。

百合作品に混ぜたらダメかな?って思いましたが、
意外と、そういうファンの方たちに
読まれてなさそうだったので、
今回は、敢えて、このランクに突っ込んでみました☆



語るのは5枠までと決めましたが、
ご紹介だけしときたい作品もあるので、
5つほど、タイトルだけ。

6位:月と世界とエトワール

月と世界とエトワール (1)巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)月と世界とエトワール (1)巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2013/06/18)
高上 優里子

商品詳細を見る

少女漫画の先生が来てくれた~!という喜びからの、
バリ好みな話で大好きです。

7位:大室家

大室家 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)大室家 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2013/08/01)
なもり

商品詳細を見る

ゆるゆりは合わなかったんですが、こちらは好きです。
長女の相手が誰なのか推理はいつまで続くのかな。

8位:終電にはかえします

終電にはかえします (ひらり、コミックス)終電にはかえします (ひらり、コミックス)
(2013/11/30)
雨隠 ギド

商品詳細を見る

good!アフタヌーンで、「甘々と稲妻」を連載中の雨隠先生の百合本。
「ひらり、」に初めて載った「ひらがな線、あいう駅より」が
本当に良かったので、コミックになって嬉しい^-^
(個人的には、前田とも先生の「影慕い」を早くコミックに! と思ってます)

9位:彼女とカメラと彼女の季節

彼女とカメラと彼女の季節(3) (モーニングKC)彼女とカメラと彼女の季節(3) (モーニングKC)
(2013/07/23)
月子

商品詳細を見る

まずさ、3巻のこの表紙ですよ!(ドン)
いやー、書店で買いづらかったけど、
月子先生よくやったーーー!でした^-^
前にも書きましたが、舞台は盛岡です。

10位:女子のてにをは

女子のてにをは 1 (ビッグコミックス)女子のてにをは 1 (ビッグコミックス)
(2013/11/29)
るなツー

商品詳細を見る

この前発売されたばかりですね。
百合と定義してよいのかは謎ですが、
マリみても百合なんだったら、
この作品も該当するよね、ということで☆

以上~!!

今年も漫画が豊作な年になりそうですね。


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
(2012/11/02)
アミュー

商品詳細を見る


ジャンプSQで連載中の箏曲部漫画「この音とまれ!」。

以前、読みきりで「ミリオンスマイルズ」という
学園ドラマ系作品を描いていた、アミュー先生の
初連載作品です。

箏の腕はからきしだけど、箏曲部への愛情は誰にも負けない武蔵。
箏曲部創部の立役者となった男を祖父に持つ、不良少年チカ。
箏の家元のお嬢様、性格難あり少女さとわ。

凸凹トリオが段々丸くなっていく様を見守るのが
とっても楽しい漫画です。
特に、チカの境遇を含めた色々なエピソードが1巻には
ドカンと詰まっていて、ぶわっと思わず、涙が出てしまう……。
そんな内容に仕上がっています。

部活漫画、音楽漫画が増えてきた昨今ですが、
迷わず推せる素敵漫画のひとつです☆




ボールルームへようこそ(3) (講談社コミックス月刊マガジン)ボールルームへようこそ(3) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/11/16)
竹内 友

商品詳細を見る


「ボールルームへようこそ」
このマンガがすごい、に入りましたね。
入ると思っていたので、全く意外ではありませんでしたが^-^;

社交ダンス漫画。
昨年推していた「四月は君の嘘」と同じで、
1話読んで、これは面白い、と太鼓判を押せる、そんな作品です。

ダンスのシーンの臨場感がたまんない。
続刊が楽しみだー!




ハイキュー!! 3 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 3 (ジャンプコミックス)
(2012/10/04)
古舘 春一

商品詳細を見る


来週で連載1周年を迎える作品「ハイキュー!!」。
これも、このマンガがすごいに入りましたねぇ。

この作品、ずっと同程度のテンションを保てていることが、
最も凄いところだと思うのですが、
とにかく、1話目を読め! と思わず言いたくなる作品です。

ここまで完成された1話目を、
私は、未だかつて読んだことがありませんでした。




彼女とカメラと彼女の季節(2) (モーニング KC)彼女とカメラと彼女の季節(2) (モーニング KC)
(2012/12/21)
月子

商品詳細を見る


「彼女とカメラと彼女の季節」
自力で見つけられなかったことが悔やまれる作品ですが、
新聞でも紹介されたりしている良作品です。

景色に見覚えあるなぁって思っていたら、
この作品、盛岡が舞台でした。

最近一部で熱いらしい、百合要素を交えつつ、
進路や恋愛に悩む、高校三年生が上手に描かれています。

何よりも、百合漫画、と括られた作品では、
男性要素がどうしても薄められた状態で描かれることが多いのですが、
この作品に関しては、百合だなんだという
変なこだわりはなく、
ニュートラルな状態での恋愛模様が見られるのも、
楽しみのひとつです。

凛太郎かっこいいよ凛太郎。

クロスマネジを応援中です。

ついったーを始めて以降、
ブログを書くということが
だいぶ億劫になってしまいました;

と、ぼやいていてもあれなので、
久々に更新しようかなぁと、
重い指を上げてみました^-^;

WJを古舘先生の「ハイキュー!!」が始まって以降、
また購読するようになったのですが、
現在応援している漫画は、
青春ラクロス漫画「クロス・マネジ」です。

NEXTにて読み切り掲載、その後本誌にて読み切り掲載。
満を持して連載化となった作品ですが、
作風の関係か、順位には恵まれておりません。

作品において、一貫しているのは、
情熱を失った少年と、しゃかりきに頑張る少女の物語である
ということです。
こういうの待ってたの! と、私なんかは小躍りしたものです。


私の言い分をぼそぼそ話しててもしょうがないので、
どんな話なのかをご紹介したいと思います。
(画像貼りながらは初の試みなので、上手く行くかな。。。)

マネジ1


子どもの頃からサッカー漬けだった少年・櫻井は、
怪我をきっかけに、サッカーを辞めることを決意。

空虚になった心を埋めるように、
懸命になれる文化系の部活を探していた。

マネジ4

が、サッカーへの熱が熱かった分、
思うように自分に合った部活動を見つけられず、
ふらふらしていた3学期も終わりに近づいたある日。

彼は、ラクロス部の豊口深空に出会った。

マネジ2

へたくそ。
全くセンスがない。
ただ、頑張るだけ、という無茶苦茶な彼女の姿に、
櫻井はつい「上手く出来なきゃ、意味なんてない」という言葉をぶつけてしまう。

彼女はそれに対して言い返す。
「意味はあるよ。結果は大事かもしれないけど、それがすべてなんておかしい」
と。

そんなこと分かってんだよ。
分かってても出来ない自分に苛立ちながら、迎えた4月。
二人は同じクラスに。

文化部で夢中になれる何かを探そうと頑張っても、
入った部活は運悪く、お遊び程度の部活。
気持ちはただもやつく一方。
その帰り道、またもや、はちゃめちゃに練習する豊口を見かける。

あまりの効率の悪さに、見かねて口を挟む櫻井。
その結果、綺麗にシュートが出来るようになる豊口。

マネジ3

アドバイスが良かった、と豊口はご満悦。
櫻井のことを気に入り、女子ラクロス部のマネージャーになってほしい、
と迫る。

これが、第一話の流れです。

櫻井の朴訥なリアル少年っぷりも良いのですが、
何より、この作品の良さは、
みそらちゃんが可愛いこと、に尽きます。
また、ライバルキャラとして用意された
ちう先輩も、愛らしく憎めないキャラに
仕上がっていることも好感が持てます。

懐かしいほろ苦さと、
同じくらいの甘酸っぱさを思い出させてくれる、
そんな作品です。

第一話は、以下で読めるので、興味を持たれた方は、是非読んでみてください!

マンガオンライン

これは恋のはなし 1~4巻

やばい、「これは恋のはなし」、
完全に私のど真ん中ストライク。
遥も可愛いけど、真一さんがやべぇ……!


それと、読んだ漫画で漏れてたので、追加↓

たいようのいえ(5) (KC デザート)たいようのいえ(5) (KC デザート)
(2012/02/13)
タアモ

商品詳細を見る


たいようのいえ、四角関係になって、
ちょっち面倒な展開になってまいりました。
ただ、今回、メインよりも、ちーちゃんがね;_;
ちーちゃんの片想いに、一番胸を打たれました。

で、この漫画に挟まってたチラシで、
掲題の作品を知った訳ですが。。。
創作そっちぬけで、一気読みしちゃったよ。
なんてことだよ……!



これは恋のはなし(1) (KCx ARIA)これは恋のはなし(1) (KCx ARIA)
(2011/04/07)
チカ

商品詳細を見る

これは恋のはなし(2) (KCx)これは恋のはなし(2) (KCx)
(2011/05/06)
チカ

商品詳細を見る

これは恋のはなし(3) (KCx ARIA)これは恋のはなし(3) (KCx ARIA)
(2011/09/07)
チカ

商品詳細を見る

これは恋のはなし(4) (KCx(ARIA))これは恋のはなし(4) (KCx(ARIA))
(2012/02/07)
チカ

商品詳細を見る



31歳の作家先生と、10歳の少女の間に、
恋は芽生えるのか……?
がテーマの作品みたいなんですが、
変なレッテルを貼っていい作品ではないし、
素晴らしく練りこまれていて、
大人の都合と子どもの事情が上手く絡み合っていて、
本当に面白いです。

現時点では、
少女→作家先生、という片想い構造で、
作家先生は、過去の自分と少し重ね合わせて
同情とほっとけなさから、
ついつい踏み込んでしまう、という
不器用な優しさを見せています。

この作品……、事と次第によっちゃ化けるぞ。
いや、今でも、上出来なくらいには
売れてるんだと思うけど。。。

最近、漫画感想ブログとかも回らなくなってて、
縁遠くなっていたけど、
この作品は間違いなく面白い。

女性の漫画家さんだけに、
心情描写も丁寧。
続きが、気になる>_<

ホント、私、年の差物に弱いわぁ。

2月に読んだ漫画

手の怪我で、整骨院行ってきました。
整形外科では無理みたいなので、
ちょっと通って、矯正していただく予定です。

整形外科では打撲と診断されたんですが、
怪我をした状況とか、
整骨院の先生に細かく聞いていただいたら、
圧力のかかった方向や衝撃の大きさ的に、
筋が歪んでしまってる&小指もおそらく捻挫してただろう、
とのことでした。
3ヶ月前にさっさと行ってれば、
こんなに痛みで悩まされなかったかも。。。

でわ、今月読んだ漫画のご紹介。

鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)
(2010/04/22)
荒川 弘

商品詳細を見る
鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)
(2010/08/12)
荒川 弘

商品詳細を見る
鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)
(2010/11/22)
荒川 弘

商品詳細を見る


今更ですが、ハガレン、ようやく最後まで行きました。
バギさんからお借りしたものですが^-^;

人気骨太作品なだけあって、
クライマックスまで綺麗にまとまってて面白かったー。

エドとアルがあまり好きになれなかったので、
読み始めた頃はどうなるかと思いましたけど、
メインどうでもよくても読める漫画って
存在するんだなぁ、、、というのが
個人的な感想です^-^;

エドとアルに関しては、声補正なかったら、
私の中では本当に、主人公認識なしのままだったかと・。・;


マテリアル・パズル 1 (ガンガンコミックス)マテリアル・パズル 1 (ガンガンコミックス)
(2002/06/22)
土塚 理弘

商品詳細を見る
マテリアル・パズル 2 (ガンガンコミックス)マテリアル・パズル 2 (ガンガンコミックス)
(2002/09/21)
土塚 理弘

商品詳細を見る


作品は面白いけど、
絵柄の関係で、マイナー漫画ポジション、、、という
バギさんからのすすめでお借りして、
ファンの方もみなさん、そのように仰っていて噴いちゃいました。
岩代信者的にはかなりシンパシーなんですが^-^;

作品自体は確かに面白かったです。
シュールなのは作風なんですね・。・;


ヤンデレ彼女 3 (ガンガンコミックスJOKER)ヤンデレ彼女 3 (ガンガンコミックスJOKER)
(2010/05/22)


商品詳細を見る


これもバギさんから。
最初は目新しさで楽しめたけど、
長編になっちゃうと微妙かもですね。
これに貼る用で検索かけたら、もう8巻まで出てた。


Luck Stealer 10 (ジャンプコミックス)Luck Stealer 10 (ジャンプコミックス)
(2012/02/03)
かず はじめ

商品詳細を見る


最終巻でした>_<
結局、コタは死んでしまいましたけど、
(しかも、何事もなかったような……)
終わり方としては、ハッピーエンドなのかなぁ。

異能力物を書かせると、やっぱり、この方は面白いです。


地獄堂霊界通信(4) (アフタヌーンKC)地獄堂霊界通信(4) (アフタヌーンKC)
(2012/01/06)
みもり

商品詳細を見る


女の子が仲間に入ったぞー!
原作は読んだことないんですけど、
本当にこの作品は面白いですね。
今回も泣いちゃいましたT_T


むすんでひらいて 5 (BLADE COMICS EDEN)むすんでひらいて 5 (BLADE COMICS EDEN)
(2012/01/14)
水瀬 マユ

商品詳細を見る


やや惰性で読んでる感がありましたが、
ありすちゃん可愛かったし、
翼の話も良かったです。
5巻は私の中で、持ち直し巻やも。


弱虫ペダル 21 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 21 (少年チャンピオン・コミックス)
(2012/02/08)
渡辺 航

商品詳細を見る


荒北ー>_<
総北と箱学の共同戦線、なかなか面白かったです。
どっちが優勝するのかなぁ……。
面白いは面白いけど、ワンレースが超絶長い。
これ描けるの、本当に凄いわ^-^;


5時から9時まで 4 (Cheeseフラワーコミックス)5時から9時まで 4 (Cheeseフラワーコミックス)
(2012/02/24)
相原 実貴

商品詳細を見る


相原先生は、ホットギミック以降、
どうも、メイン2人が好きになれない感じの
作品を描かれるなぁ^-^;

坊さんがちょっと朴念仁過ぎてイライラしますが、
彼はどうやら一番人気みたいですね・。・;
私は無理だなぁ……。
俺様なら俺様でいいんだけど、
何かが違う(苦笑)

三嶋も可哀想だし、
なんだか、見守るのが辛い展開に^-^;

ユキちゃんに、もっと出番をくれ~!
あんなに可愛い男の子なのに、
出番が少ないとか勿体無いことしないで~>_<


学園アリス 26 (花とゆめCOMICS)学園アリス 26 (花とゆめCOMICS)
(2012/02/20)
樋口橘

商品詳細を見る


この作品は、ほんっっっっっとに面白いなぁ。
ラストスパート、これからが楽しみです。
あと、1年くらいですかねぇ。
蛍の出番が少なくなっちゃいそうなので、
蛍スキーには少し厳しいけど、
ハッピーエンドのためならやむをえん。

今週読んだ漫画

感想書いたら話書きに戻る。
修ちゃんが降ってこないT_T

ささめきこと 9 (MFコミックス アライブシリーズ)ささめきこと 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2012/01/23)
いけだ たかし

商品詳細を見る


連載ガチ百合作品三大巨頭の二つ目も完結しました。
(私の中では「青い花」「オクターヴ」「ささめきこと」)

前の巻のコメントで、作者さんが大団円だって
はっきり書いちゃってたんで、
何のスリルもありませんでしたけど、
良い話でした~^-^♪

10代にありがちな一過性のものにせず、
世界と向き合い、
一歩ずつでも進んでゆこうとするこの子達が、
とっても、愛しかったです。

汐もすみちゃんも可愛いよ、ホント。

はぁ……これで、あとは「青い花」だけか。。。
次巻は6月くらいかなぁ。
志村先生、ツイッターもブログも消しちゃったから、
今どうしてるのか全く見えん。
ガールズジャンプに参加してるから、
お仕事はされているのだけど。


君に届け 15 (マーガレットコミックス)君に届け 15 (マーガレットコミックス)
(2012/01/25)
椎名 軽穂

商品詳細を見る


龍!
龍は出来る子だと思っていたよ>_<

しかし、それ以上に、今回の巻は……
ケントだったなぁ。
まさか、こんな株の上げ方してくるなんて
思ってもみなかった。

あやねちゃんが可愛いのだけど。
ちょっとケントどうしてくれんの。
あやねちゃんが超可愛いことになってんじゃん。

はぁ……くるみの出番がどんどん減ってくな。


死がふたりを分かつまで(16) (ヤングガンガンコミックス)死がふたりを分かつまで(16) (ヤングガンガンコミックス)
(2012/01/25)
たかしげ 宙、DOUBLE-S 他

商品詳細を見る


順当に面白いなー、この作品は。
バトルの描き方上手すぎ。
遙の能力もしっかり活かしてる。


女王の花 5 (フラワーコミックス)女王の花 5 (フラワーコミックス)
(2012/01/26)
和泉 かねよし

商品詳細を見る


青徹ーーーーー!!!>_<
どんでん返しのどんでん返しでしんどかった。
男女としての愛。
主従としての愛。
形は違えど、愛の深さは一緒。

青徹は家臣として、
素晴らしすぎたよT_T

青徹の使っていたスパイの子が、
どうにか逃げ延びられますように。。。

新刊とかあれこれ

1月入ってから読んだ漫画をつらつらと。


鉄道少女漫画鉄道少女漫画
(2011/01/31)
中村 明日美子

商品詳細を見る


このマンガがすごい、に入っていたのもあり、
目に付いて、絵柄も好みだったので買いました~。
やー。面白かったー。
小田急線。
大学生の時は、小田急線でしたよ。懐かしや。

テーマを絞って、そこを舞台に描かれる人間模様あれこれ。
素敵でした。


ST&RS─スターズ─ 2 (ジャンプコミックス)ST&RS─スターズ─ 2 (ジャンプコミックス)
(2012/01/04)
ミヨカワ 将

商品詳細を見る


待ちに待った2巻!
個人的には失速することなく、
安定した面白さなんです……が、
ジャンプ読者だからこそわかってしまう
細かいてこ入れが……気になってしまう。

こういう良質の漫画が長生きできない体質なのは、
これからも変わらないのでしょうかねT_T
読者の目線に立った作品が書けなければ、
確かにアウトなのかもしれないし、
私は年齢的には、少年誌をメインにする人間でもないから、
あれこれ言うのも、確かに間違ってはいるのだと思うけど。

頑張って欲しい。


明治緋色綺譚(2) (BE LOVE KC)明治緋色綺譚(2) (BE LOVE KC)
(2012/01/13)
リカチ

商品詳細を見る


明治、年齢差、和服。
ウマウマですなぁ。
設定なんて、なんちゃってで構いませんのよ。
年の差カポーがお好きな方にはオススメの作品です。
3巻、さらに面白くなりそうな予感。


シトラス 2 (マーガレットコミックス)シトラス 2 (マーガレットコミックス)
(2011/09/23)
香魚子

商品詳細を見る


田舎の中学の青春物。
熱さや激しさはありませんが、
一定の温度で紡がれる10代らしさに
とてもほっこりしました^-^


ちくたくぼんぼん 3 (クイーンズコミックス)ちくたくぼんぼん 3 (クイーンズコミックス)
(2011/12/19)
勝田 文

商品詳細を見る


昭和初期の舞台背景がまたなんとも言えません。
ドタバタ完結でしたが、
なんとかまとまってくれたので、
悪くはなかったと思います。

明治・大正・昭和の時代の作品、
密かに熱いですね、ここ最近。


彼女の世界 (リュウコミックス)彼女の世界 (リュウコミックス)
(2012/01/13)
袴田 めら

商品詳細を見る


ヒロインさんのキャラデザが好みだったので買いました。
袴田先生は、何を考えてるのかわかんないキャラ描かせると
本当にお見事だなぁ。


図書館の主 2 (芳文社コミックス)図書館の主 2 (芳文社コミックス)
(2012/01/16)
篠原 ウミハル

商品詳細を見る


児童図書館が舞台の人間ドラマ、、、かな。
児童書のテーマに触れつつ、
上手いこと、前に進んでいく人たちの姿が良い。
本屋の森のあかりとテーマは近いけど、
恋愛要素とか薄めなので、
差別化ははかれてるかな。


ましろのおと(5) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(5) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/01/17)
羅川 真里茂

商品詳細を見る


朱里可愛いわー。
舞も好きだけど、やっぱり、朱里だわー。
朱里をぶりっこと感じる女は、
見る目がないんだよ^-^;
天然と人工の区別もつかんなんて。

しかし、ここで終わるか!
続き、超気になるわ……!!!

あ。雪くんの俺様キャラGJです。
私はこういう俺様キャラのほうが好きだなぁ。


四月は君の嘘(2) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(2) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/01/17)
新川 直司

商品詳細を見る


自分の弾くピアノの音だけ聴こえないなんて
難儀な障害だなぁ……ホント。
読んでてドキドキしちゃうんだけど、
かをちゃん、死んだりしないよねぇ……?T_T

帯にもありますが、
コンクールの演奏シーンの臨場感、
ホント、半端ないです。
スポーツシーン見てても感じるけど、
この方は、絵が本当に上手いですね。。。

今年面白かった漫画は何だ?!

漫画の感想、全然書けなかったので、
せめて、今年読んで、
面白いと感じた漫画を紹介していきたいなぁと思います。
とはいえ、今年は新規開拓が少なかったので、
目新しいものの紹介は難しいですが^-^;
一部門五作品くらいで並べていこうかな。
絞るの難しい>_<

でわ、行ってまいりましょう★

◇少年漫画部門

①ST&RS-スターズ- 原作:竹内良輔、漫画:ミヨカワ将
ST&RS─スターズ─ 1 (ジャンプコミックス)ST&RS─スターズ─ 1 (ジャンプコミックス)
(2011/11/04)
ミヨカワ 将

商品詳細を見る

個人的には、待ってました感の高かった、少年漫画らしいワクワク感の詰まった漫画。
仮面ライダーですら、宇宙キター! 叫んでいる年となりましたので、タイムリーなテーマだと思います。
読みたい漫画がないことから、ここ最近、本誌は購入していませんが、2巻が楽しみでしょうがないです。
なんか、位置が危ういらしいけど、、、大丈夫かな。

②1/11 じゅういちぶんのいち 中村尚
1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)
(2010/12/03)
中村 尚儁

商品詳細を見る

SQ19発のサッカー漫画。
連載好評で、SQ本誌に移っていってしまわれましたT_T
本誌自体はそこまで面白くないので、この作品も、結局、コミック待ちになってしまったorz

サッカー漫画ではありますが、どちらかというと、人間ドラマです。
サッカーやっている人の話もあるけど、そうでない人の話もあって、じんわりさせられる。
主人公がひたすら突っ走るきっかけになる1話目は、すごく切ないお話です。

③ましろのおと 羅川 真里茂
ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)
(2010/10/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る

羅川先生の少年漫画進出に驚いた昨年でしたが、安定して面白い、青春津軽三味線漫画。
雪が可愛くてしょうがない。方言はやっぱり強いわ(私の中で)
最強ヒロインはユナさんだけど、朱利ちゃんも可愛くて好き。
羅川先生の女の子キャラは、反則ってくらい可愛い。

④四月は君の嘘 新川直司
四月は君の嘘(1) (月刊マガジンコミックス)四月は君の嘘(1) (月刊マガジンコミックス)
(2011/09/16)
新川 直司

商品詳細を見る

実家帰った時に、月刊マガジンが置いてあって、ふと手に取ったんですが、長期連載物が多い雑誌なので、あんまりそそられるものがありませんでした。(ただし、この作品を除いて。)

カテゴリは、クラシック音楽漫画(ジュヴナイル編)でいいのかな(笑)

ジュヴナイルいいよねジュヴナイル。
主人公の有馬がこれから先、どう成長していくのかが今から楽しみです。

⑤BUTTER!!! ヤマシタトモコ
BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)
(2010/07/23)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

ソシアルダンス部活漫画。
キャラの濃い部員たちのぶつかり合いが熱い青春物。

やっぱり、私、部活物好きなんだなぁ、と実感した作品です。
部長が大好き。健気。

◇少女漫画部門

①青空エール 河原 和音
青空エール 1 (マーガレットコミックス)青空エール 1 (マーガレットコミックス)
(2008/12/25)
河原 和音

商品詳細を見る

吹奏楽部活漫画。
部活漫画好きには外せないですね。
吹奏楽部のみんなの真っ直ぐな生き様も好きだけど、やっぱり、この作品でひときわ存在感を放っているのは、大介くん。

少女漫画のヒーローが坊主頭って、かなり自由になってきましたよね。
てゆか、野球部の坊主頭は相当需要あるんだよ。
ホント、美味しいよ、この漫画。
つばさの成長も楽しみ♪

②小煌女 海野 つなみ
小煌女(1) (講談社コミックスキス)小煌女(1) (講談社コミックスキス)
(2010/04/13)
海野 つなみ

商品詳細を見る

完結したので、ご紹介させていただこうかと。

小公女の宇宙版って言えばいいのかな^-^;
ジャンル説明が難しいのですが、むちゃくちゃいい漫画でした。
私は、構成が丁寧な作品が大好きです。

タイトルへの繋ぎ方も抜群に上手くて、最後らへん、鳥肌立っちゃいました。

③ちはやふる 末次 由紀
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
(2008/05/13)
末次 由紀

商品詳細を見る

競技かるた部活漫画。

私は、かなちゃんが大好きです。
あ、どのキャラも好きなんだけど、かなちゃんの器のでかさに敵う子は、この作品にはきっといないと思う。

今年はアニメにもなり、順風満帆。
漫画のテンションも、初期の頃から一切衰えず、本当に舌を巻いてしまいます。
アニメも超出来いいですよね。BD買おうか、すごい迷っちゃいます。
さすが、マッドハウスを子会社化しただけのことはあるね、日テレ(苦笑)

④Piece 芦原 妃名子
Piece 1 (フラワーコミックス)Piece 1 (フラワーコミックス)
(2008/12/24)
芦原 妃名子

商品詳細を見る

毎年、面白い面白い言ってる気がしないでもないですが^-^;

本格ミステリサスペンス、というジャンルで括られています。
次巻への引きが最高に上手い作品だと思います。

謎が謎を呼び、なかなか伏線回収にたどり着かない。
糸が絡まりあっているのに、複雑さに手放す以上に、先が気になって気になってしょうがない。
そういう作品です。
完結したら、友達に貸そうと思っています。
本当に、むちゃくちゃ面白い。
紹介が4番目なのは、毎年面白い言いまくってたなと感じたから^-^;

⑤星河万山霊草子 鈴木 有希子
星河万山霊草紙(1) (KCx ITAN)星河万山霊草紙(1) (KCx ITAN)
(2011/09/07)
鈴木 有布子

商品詳細を見る

少女漫画、の括りでよいのか、とても悩むところですが、絵柄的にもテーマ的にも、少女漫画テイストなので、こちらの部門でご紹介^-^♪

木の霊と人間の恋愛物語(になっていくのかな、という感じ)
まだ、1巻しか出ていないので、今後の展開は読みづらいですが、非常に私好みなことになっていくんじゃなかろうかと思う作品です。

今後への期待度をこめて、ピックアップしています。
木の霊であるほおずきの可愛さがもうね。もうね。
いじらしくてたまんないですよ!



百合漫画部門、とかもやってみようかと思ったけど、力尽きたので、この辺で~!

Piece 6巻 人物相関整理

Piece

編集さんが話が分からなくなってきたから、
6巻からあらすじが追加されました、と先生が
書かれていたけれど、
この漫画「Piece」に
実際問題欲しいのは人物相関図です^-^;

あの人があっちに繋がって、
この人がこっちに繋がって……を
何も考えずに、
間を空けて読めば読むほど、
訳が分からなくなってしまう。

って訳で、仕事で溜まったストレスを
相関図作りにぶつけてみました。

参考になるかわかりませんが、
結構シンプルにまとめられたかなぁと思います。

芦原妃名子先生の「Piece」
面白いので、是非読んでみてくださいね^-^


Piece 6 (フラワーコミックス)Piece 6 (フラワーコミックス)
(2011/07/26)
芦原 妃名子

商品詳細を見る

ちはやふる 10月からアニメ化です

ちはやふる(13) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(13) (Be・Loveコミックス)
(2011/06/13)
末次 由紀

商品詳細を見る



ちはやふる
アニメ化キター!


正直文句なしの番付がやってまいりました。
満を持してって感じですね^-^

作者さんの気迫が
伝わってくる熱いかるた漫画。
まだ読まれていない方には
是非ご一読いただきたい漫画です。

青春。
部活。
チーム。
勝負。
絆。
成長。
友情。

この漫画には、その全てが詰まっています。
え? 恋愛がない?
恋愛はこの漫画では不要だと、
私は思ってるので、あえて書いてないですけど、
恋愛もありますよ(笑)

でも、主人公のちはやが恋愛体質じゃないのが、
読みやすさに
繋がってるんだろうなぁなんて思います。

10代だから出来ること。
高校という
ある種特異な空間だからこそ築かれる世界。
それが、この漫画にはたくさん詰まっています。

最新刊読みましたけど、
また涙がこぼれちゃいました。
それぞれのチームにドラマや絆があって、
その一つ一つが
丹念に描き出されるのがたまらんのです。

大江ちゃん大好きだわぁ。
ああいうちょっと厳しいけど、
一番大変な時に相手を気遣える芯の強さ。
まさに、大和撫子だなぁと思います♪

机くんと肉まんくんの友情も好きだ。
机くん、最初こそ嫌なやつだったけど、
本当に良い子だわぁ。
バランスの良いチームに育ったなぁT_T

あと、今回の敵将・めぐむちゃんが可愛い。
みんなのために強くなろうとする人は強い。
そして、
その人のために強くなろうとするチームも強い。

準決勝には勿体無いくらいの拮抗した試合。
読んでるだけで疲れました。

しかし、表紙のちはやの笑顔反則じゃね?
THE 夏って感じで。

青い花 6巻読みました

青い花 6巻 (F×COMICS) (Fx COMICS)青い花 6巻 (F×COMICS) (Fx COMICS)
(2011/05/12)
志村貴子

商品詳細を見る



何、このジタジタ巻!!

とんでもない破壊力です^-^;
久々に布団の上でジタジタしながら読みました。
そんじょそこらの少女漫画より甘酸っぱいです。
そんでもって、良い感じにえろいですw
あっさりした書き味が特徴の志村先生の絵だからこそ、
やってもいいって感じのえろさにジタジタが止まらない。

緻密な背景描写とかもすごいよね、この漫画さ。
空白と、必要な時の圧倒的な画力のバランスに
ほわぁとさせられる。

内容に関してはネタバレになるので
あんまり言いませんが、これは読んだほうが良い。

もう一度言います。
これは読んだほうが良い。


ああ、ホント、あーちゃん、可愛すぎる。
ふみちゃんも可愛いんだけど、
ふみちゃんの葛藤を見ていると
中学生男子が頭を過ぎってしまうwww

でも、ふみちゃんの一語一語、
身に詰まされる思いで読みました。
よかったね、ふみちゃん。
あーちゃんがいてくれて。


羅川真里茂「ましろのおと」1・2巻

ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)
(2010/10/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る
ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス)
(2010/12/17)
羅川 真里茂

商品詳細を見る


【あらすじ、というか序章】
師匠同然の祖父が亡くなり、
津軽三味線を弾く目的を失った雪(セツ)は、
東京へと家出同然で上京する。
そこで出会った女性・ユナに助けられ、
彼女と過ごす内、津軽三味線の楽しさを思い出すのだった。



羅川先生の作品は、長丁場覚悟必至だからなぁ……と
様子見していたのですが、
2011漫画大賞ノミネート作品として、
どこに行っても推されている、という状況下。。。
遂に負けて買ってしまいました!!

くっそー。
やっぱり面白い。。。
だから、
買いたくなかったんだ
(超絶誉め言葉)


羅川先生はキャラ同士の感情の疎通みたいなのが、
とっても上手くて、気が付くと、ガッと引き寄せられている。
毎度女子キャラは可愛いのだけど、
少年漫画に行ったからなのか分かりませんが、
女子キャラほとんどが可愛い。
女の子好きとしては、とってもたまりません。
でも、その中でも、
やっぱりユナさんは群を抜いています。

ああいう女性は男を強くする人だと思う。
また出てこないかなぁ……。

朱里も好きだけど、
現時点ではヒロインオーラがゼロだ(笑)
けど、ほんの一瞬見えた女の子の闇が
これからどう展開していくのかなぁなんて、
少しばかり気に掛かります。
ほんの一瞬の翳りがたまらなく上手いなぁ……。

小説や漫画で音楽を描くのは非常に難しいと言われています。
読むテンポを読み手に預けなくてはいけないからです。
この先生が、これをどのように描いていくのか、
それが非常に楽しみな作品です。

ささめきこと 8巻で思ったこと。。。

ささめきこと 8 (MFコミックス アライブシリーズ)ささめきこと 8 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2011/02/23)
いけだ たかし

商品詳細を見る


感想は完結してからかなぁって思うんですけど。。。
きっと、こういうこと書くから
いけないんだろうなって思うところはあるのですが^-^;

物語が迷走しているように見せかけるのも、
本当に迷走するのも、
作者さんのやり方次第だし、
読者としては、
好きな作品であれば、
その掌の上で
ゴロゴロと転がれる時間が楽しいんだと、
私は思っています。

人によっては、読む目的なんて様々だけど、
大体、巻数が積み重なってきても
まだ続けて読んでいる人に関しては。
その作品が好きだから読んでいるんだと思います。

だからこそ、言いたいのですが。
完結巻でもないのに、
作者コメントで、結末ネタバレは
勘弁してほしかった、かな^-^;

読む緊張感が出だしで挫けてしまって、
読んだは読んだんだけど、
共感とかそういうのが出来なかった。。。

結末がハッピーっていうのは、
そりゃ暗黙知ですよ。
よっぽどのことがない限りは、
そんなダークな結末は目指さないと思います。
でも、やっぱり、
結末は言わぬが花かなぁなんて^-^;

ブルーフレンド 完結

ブルーフレンド 2 (りぼんマスコットコミックス)ブルーフレンド 2 (りぼんマスコットコミックス)
(2011/02/15)
えばん ふみ

商品詳細を見る


読みました、2巻で完結のようです。
りぼんでよく頑張ったな、ってのが本音^-^;

面白かった。
不安定な美鈴が本当に可愛かった。
そして、不器用な五月の愛情表現に
言葉に出来ない切なさを覚えました。

歩は主人公だけに、
どうも自由度が低かったのが残念でしたけど、
そのくらいしっかりしてないと、
美鈴みたいな子に懐かれなかったもんな。

後日談の文化祭の話が最高に良かった。
100Pって。
超大放出じゃないですか。

百合とはちょっと違う、女の子たちの友情物語。
漫画としての完成度は高かったかなと思います。
欲を言えば、もう1冊くらい欲しかったけどね!

花宵道中 コミカライズ版 堂々の完結

花宵道中 5 (フラワーコミックスアルファスペシャル)花宵道中 5 (フラワーコミックスアルファスペシャル)
(2011/02/10)
斉木 久美子

商品詳細を見る


会社帰りに買ってきました~。
私の大好きな『雪紐観音』が収録されている最終巻です!
八津姐さんのお話である『十六夜時雨』も大好きなんで、
きゅんきゅんしながら読みました。

原作を忠実に、
しかも、解釈をきっちり添えて描く
斉木久美子節にメロメロです。

霧里筋の遊女に
視点を当てて描かれる物語、ということで、
『雪紐観音』は三津姐さんの物語だったんだなぁ……と、
改めてしんみりしました。


【十六夜時雨について】
遊女が恋をしたって
堕ちていくだけ


自分を育ててくれた先輩遊女の朝霧姐さんが
半次郎と恋に落ちたことで、
後追い自殺をしてしまったトラウマが消えない八津。

恋だけはするまい。
間夫だけは作るまい。
ただ、”仕事”と割り切って、
年季明けまで頑張ろう。

そんな冷ややかな心で、
恋に色めく周囲を見ていたんだけれども。

ある日、変わって入ってきた
髪結いの三弥吉に心を奪われてしまう。


……というのが、前巻収録まで流れでした。

最終巻では、
押さえていた想いを押さえられず、
三弥吉との恋に溺れていく様子と……
その間にめまぐるしく変わっていく周囲の様子、
そして、それによって、
強く生きなければ、と思いを強くするまでが
綴られます。

八津姐さんの話は、
イベントも多く、
また、小憎いことに
最終章『雪紐観音』への布石も打たれています。


★ポイント
とにかく、八津姐さんのかわいらしさ!!

仕事の跡を三弥吉に見られたくなくて、
必死に隠そうとする
八津姐さんのいじらしさがたまらない。

これだけは鉄板です!!


【雪紐観音について】
綺麗なひと
綺麗なひと
あなたがいてくれるだけで
この世はこんなにも静かに光り輝く


この物語を語る上で外せないのが、
三津姐さんを描くための視点役を任されている緑です。
上に書いた台詞が
この物語の中核を担っているのは間違いなく、
その心情を表すための
繊細なコマ割にすごい惚れ惚れしました。

緑のほのかな恋と
『十六夜時雨』で亡くなってしまうことが
分かっている三津姐さんが
段々と弱っていくまでの間を描いています。

緑にとっては、
間違いなく”恋”だったけれど、
三津姐さんにとっては、
2人の関係は何だったのかなぁ……と
読む度に考えさせられてしまう話です。

緑の先輩遊女の桂山さんも素敵だし、
緑は生まれは恵まれなかったけど、
人には恵まれたんだなぁ……と思うと、
感慨深いです。


★ポイント
緑の心を段々と解きほぐしていく
三津姐さんの器の大きさ。

死の間際になって、
生きた証が欲しいと葛藤する三津姐さん。

三津姐さんの無念をしっかりと受け止め、
自分の足で、年季明けした後、
三津姐さんのお墓にお参りに行く……と
心を決める緑……でしょうか。

とにかく、この物語は、
短いけれど、詰め込まれているものが
すっごくたくさんです。


最後になりますが、
『花宵道中』は悲恋から始まり、
亡くなった遊女たちの思いを受け止めて、
強く生きようとする遊女たちを描いています。
未来を見つめた締めくくりが、
とっても味わい深く、
爽快な気持ちにさせてくれます!

ホント、この作品は、
心のビタミン剤ですわ~★

アグリッパ 1巻

アグリッパ―AGRIPPA― 1 (ジャンプコミックス)アグリッパ―AGRIPPA― 1 (ジャンプコミックス)
(2011/02/04)
内水 融

商品詳細を見る


出ました、1巻!
SQ19の連載陣の中で、
『1/11』と同じくらい好きな作品です^-^

私、やっぱり、こういう骨太だけど
ややライトな感じの漫画が合うみたいです。
重すぎると疲れちゃうのと、
脳細胞がついていかないんですよね~^-^
『死が2人を分かつまで』とか好きな人は、
普通に好きなんじゃないかなぁって勝手に思ってます。
(私が好きなだけだけど)

内水先生、
やっと、好きなものを描けるチャンスが
巡ってきたんですね^-^♪
のんびりじっくり見守って行きたい漫画のひとつです。

古代ローマのお話なんですが…、
今、アグリッパで検索したら、
敵側のマルクスの名前が出てきたので、
次第に、マルクスVSヴェルチンの
構図になっていくんだなぁ、と
若干悟ってしまいましたT_T
腹黒イケメンだもんな。納得っすわ。

まだ序盤なので、
感想として書くのは難しい部分もあるんですが、
主人公ヴェルチンとヴェルカッシの2人が
イケメン(漢)過ぎるんすよね。
私は暑苦しい人が好きなんで、
もちろん、ヴェルチンが好き。

ローマを滅ぼすことを目的として生きる2人。
そのためなら、何だって犠牲にする。
そう言い切るだけの意志の強さを持っています。

でも、ヴェルチンはそう言いながら、
自身を犠牲にしてでも、
誰かを救おうと無茶をしてしまうところがあって、
そういう人間らしい一面に、心が熱くなります。

ヴェルカッシは気持ちはありながらも、
そういうことを行動に移せない理性の人なんですよね。
それもまた人間らしさな訳で。

1話目で助けたカルヌテス族の元族長の息子タラニスが、
その2人と関わったことで、
どんどん成長していくところが見所かもしれないです。

3話目で、ヴェルカッシがヴェルチンを見捨てる選択を
迫られてしまう場面があるのですが、
そこで、タラニスがヴェルチンを助けると、
迷い無く言い切るシーンが凄い痺れます。

仲が良いからこそ、出来ない選択ってありますよね。
そこに対する化学反応みたいなものが、
今後も見られるのかと思うと、楽しみだ♪

あと、ヒロイン位置なのかなぁって感じの、
セクアナがむっちゃ好みです。
内水先生の描く少女でない女性の色香が何気に好き。


『LUCK STEALER』も読んだんですが、
次の巻まで読まないと、感想が書きづらい感じなので、
こちらはまた今度ってことで。

さて、寝なくちゃ^-^;

オクターヴ6巻(完) & BUTTER!!!2巻

オクターヴ(6) <完> (アフタヌーンKC)オクターヴ(6) <完> (アフタヌーンKC)
(2011/01/21)
秋山 はる

商品詳細を見る


オクターヴ、ついに終わってしまいました(T_T)

なんか、ホント、切ないものや苦しいもの。
現実に存在する偏った常識という壁。
そんなものがあったって、
結局、人間は生きていかなければならない訳で。

出会い方はどうであれ、

この人といれば、自分は大丈夫。
この人のために、自分はしゃんとしたい。


そう想えることは素晴らしいなと思います。
それは決して相手に依存して
作り出された鎧なんかではなく、
雪乃自身が見つけた、自分の中の強さなんだと、
そう信じたいです。

しかし、この漫画は、
本当に、


節子さんが終始可愛いな!!


ホント、たまんね。
雪乃の家族に話をしに行くところで、
この漫画は幕引きとなりますが、
願わくば、2人の未来に、幸せがありますように。

あと、雪乃を挟んでの、
ミカちゃんと節子さんの絆が結構好きだったりします。
ミカちゃんは本当に雪乃のことを親友だと思っていたのにね。
でも、きっとミカちゃんと雪乃の結末は
親友だからこその、永遠の別れなんだと、思いました。
決して、嫌なものではなくて。
なんというか、『銀河鉄道の夜』です。
ぼくたち、しっかりやろうねぇ、です。
ああ、この2人の関係は、
『君が望む永遠』の遙と水月に近いのかも。


BUTTER!!!(2) (アフタヌーンKC)BUTTER!!!(2) (アフタヌーンKC)
(2011/01/21)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る


ヒャッホイ!

表紙が

大好きな組み合わせ!!



この漫画は絶対にバギさんに貸します。
絶対、バギさん好きだよ。
うん。絶対好きだ。

組み合わせ的には、
ダンス部部長・副部長コンビが好きなんですが、
キャラだけだと端場くんが好き。

この卑屈で言葉足らずだけど、
誠実な心を持っている不器用さんが
たまらなく可愛い^-^

夏ちゃんが、意外と、引っ込み思案というか、
いや、違うか。
たぶん、人並みな思春期の子、なんですよね。
失敗は怖い。
10代の頃は私もそう思ってたや。
2巻で出た、1年総代の女子が好きだなぁ。
ああいう人に対して、悪意無く、
はっきり言えちゃう子って、
やっぱり憧れる。

初恋限定。

初恋限定。 1 (ジャンプコミックス)初恋限定。 1 (ジャンプコミックス)
(2008/02/04)
河下 水希

商品詳細を見る
初恋限定。 2 (ジャンプコミックス)初恋限定。 2 (ジャンプコミックス)
(2008/05/02)
河下 水希

商品詳細を見る
初恋限定。 3 (ジャンプコミックス)初恋限定。 3 (ジャンプコミックス)
(2008/07/04)
河下 水希

商品詳細を見る
初恋限定。 4 (ジャンプコミックス)初恋限定。 4 (ジャンプコミックス)
(2008/09/04)
河下 水希

商品詳細を見る



ようやく買い揃えて読み直しました~。
いつものことで、
レビューでも書評でもないです。
私が感じたことをつらつら書いてます。
この漫画の魅力を語るのは、
某ブロガー様に任せればいーのだ。


友達にはアニメが大好評だったなぁなんて思い出しつつ^-^;
私は見てないのですが、本当にべた褒めでした。
それだけ作画や演出が良かったのだろうか。。。
元々、河下先生自体が画面作りセンスあるから、
それを活かそうとすると、
自然とそうなるんだろうなとは思うんですけど。

初恋物のオムニバスっていうのが、
だいぶ難しい題材だったろうなぁと思います。
オムニバス物ってだけで大変なんですよ。
それが恋愛に絞られて、しかも、その中でも
初恋だけのお話を絡ませないといかんっちゅーのが、
どうしてどうして^-^;
しかも、一回こっきり使いきりのオムニバスではなく、
相関図が出来上がっていくという、
一個の話が終わっても、
そのキャラは以降も出てくる、という
恋愛オムニバス物は意外と少ない気がします。
数話繋がるくらいは
「エンゼルビート」とかであった気がするけど。
あ、今は「むすんでひらいて」が来てますよね、そういえば。。。
私は、この漫画は非常にフツーでした^-^;
なんというか、良いんだけど、
引っかかるものがないという、不思議な漫画で。。。

だからこそ、連載は短期でも、
ファンはついたし、アニメにもなったんでしょう。
恋愛オムニバスは、おそらく、
今のアニメ会社が喉から手が出るほど欲しい題材のひとつだろうし。
オムニバス物ってだけで、
ドラマやアニメはだいぶ作りやすいですからねー。

この先生も面白さよりも上手さに秀でた先生だなぁと思います。
あとがきを読んだ限りでは、
先生のやりたい漫画は、少年ジャンプじゃなくて、
ヤングジャンプとか年齢が上の方向けにしないと
難しいかなぁと感じました。
だからこそ、今SQ19なのかな^-^;
描きたいものを描かせてもらうっていうのは、
それだけで凄いことだから、
先生には負けないでこれからも挑み続けて欲しいなぁ。

っと、ここまでが、この漫画……というか、
初恋限定以降の河下作品に感じていること、です。

こっからが感想。

河下先生はドタバタ系を描くのがお好みなようなんですが、
そんな話の多い中で、一本だけね、
千倉さんをメインにした「コノハナサクヤ」だけは
静かな空気感で綴られていて、
そんじょそこらの少女漫画よりも
いい失恋漫画しているのが凄く好きです。
元々、ちぃちゃん好きなので、
良いシナリオ貰えて良かったねって万歳しました。
悲しい話だけどもね。

河下先生は女性なだけあって、
コマ割りに遊び心があって、
ところどころ、あゆみや小宵、ちぃちゃんが
SDキャラで微笑ましいことをしているのが楽しいんですよ。
あゆみと小宵のアホコンビ好きだ。
おにいちゃんラブな小宵も可愛い。
シャイなドバちゃん、ツンデレ慧ちゃんも好き。
細かいキャラ立ちがこの作品の魅力かな。

最後に、残念だったこと。
夕→別所っぽいルートがやんわり見えて終わったこと(笑)
千倉兄の出番が、ちぃちゃんの風邪の看病くらいしかなかったこと(笑)
アンケートさえ良ければ、もう少し見守れたのかなぁT_T
特に、山本→有原兄の話は駆け足になるくらいなら、
いっそ切るくらいにして欲しかった気がする^-^;
連載って難しいなぁ、ホント。

Piece 5巻

溜まりに溜まっていた漫画を読みながらついったーに
適当に感想を書き込んでしまったので、
感想をブログのほうでも書く気がさすがに起きない^-^;

ただ、これだけはオススメしたいので、書いておきます。

Piece 5 (フラワーコミックス)Piece 5 (フラワーコミックス)
(2010/12/24)
芦原 妃名子

商品詳細を見る


この連休中で読んだ漫画ではこれがダントツ!
5巻に来て核心に触れ出した感じがあり、
更なる盛り上がりを見せています。
まさか、存在も忘れるようなレベルの同級生の死から、
自分自身の在り方、想い人の真相に迫っていくなんて、誰が想像しようか。

人間の、繊細で、取り上げづらい部分に、
綺麗で細やかなタッチで迫る芦原先生から、
これからも目が離せない!!

女性向けだけど、間違いなく男性も楽しめる内容かと思います。
そういう骨太さがこの作品にはある。
線の細さが「砂時計」の魅力だったとすれば、
この作品は骨太。だと思う。

読んだものいろいろ(1)

(1)は少女漫画編!
少女漫画って言っても、
お姉さん向けのが主流になりますが^-^;

5作品です。
 ・君に届け 12巻
 ・ちはやふる 10巻
 ・町でうわさの天狗の子 7巻
 ・cotton
 ・小煌女 1・2巻 ★オススメ


君に届け 12 (マーガレットコミックス)君に届け 12 (マーガレットコミックス)
(2010/09/24)
椎名 軽穂

商品詳細を見る


まぁぁ、なんとも。
動きのない巻でしたね(笑)
いや、お父さん素敵でしたけど。
よくあれだけもてなしたよ!

本編よりは、あやねとちづの話が良かったですね。
アニメ第二期も決定してしまいましたが、
どうするんでしょう。
こっから先描くことなんてありますか?
第二期終了と同時に終わる、くらいのペースで
考えていそうな気がしないでもないんですが。
というか、そのくらいで終わらないと
「恋愛カタログ」的な悪夢が。。。


ちはやふる(10) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(10) (Be・Loveコミックス)
(2010/09/13)
末次 由紀

商品詳細を見る


この先生

まじ、手抜かないよね^-^;


月刊漫画で、こんなにガシガシ攻め込んで
息がつけない”少女漫画”なんて、
私は今まで見たことないよ。
少年漫画ならあるけど。

どーすれば、こんな安定したクォリティ
安定したテンションで作品が描けるんだろう。。。「

今回スポットが当たったのは、
努力しても努力しても、
あとちょっとのところで、
チャンスを逃してきた太一でした。
器用で不器用。
ようやく、他人にヘルプを言えた。
すげー感動した。

「できる」っていう思い込みと
「できない」っていう刷り込みは
本当に勝負を左右する。
出来る自分を想像することはとても難しいよなぁ。

いつも手を抜いていた甘糟が本気を出す。
次巻も面白そうだ!!^-^


町でうわさの天狗の子 7 (フラワーコミックスアルファ)町でうわさの天狗の子 7 (フラワーコミックスアルファ)
(2010/10/08)
岩本 ナオ

商品詳細を見る


秋姫と瞬ちゃんの関係は、
なんともヤキモキさせられますねぇ^-^;
まだ秋姫は自覚もしてないし。
先は長そうです。
次巻は鬼対天狗の話になるんでしょうかね?
なんとなく、恋が動く予感。


Cotton (バーズコミックス ガールズコレクション)Cotton (バーズコミックス ガールズコレクション)
(2010/04/24)
紺野 キタ

商品詳細を見る


紺野キタ先生の短編集。
好きだと思った作品の感想だけ。

「Cotton」について
理子と奈月の関係はなんというのかなぁ。
恋ではないし、でも、すごく居心地がいいんですよね?
ソウルメイトかな?
理子みたいな子好きだなぁ。
少し歪んだ子が好きです。
実際いたら大変そうだけどね^-^;

「手紙」について
遠くに引っ越した友達に手紙を出すため、
ポストを探しているうちに、
その相手に会ってしまうという不思議な話。
短かったけど、ほっこりしました。

「残夏」について
おじいちゃんがメル友をしていた相手が
亡くなったところから話が始まる。
オチまできっちり素敵な話でした^-^


小煌女(1) (講談社コミックスキス)小煌女(1) (講談社コミックスキス)
(2010/04/13)
海野 つなみ

商品詳細を見る
小煌女(2) (講談社コミックスキス)小煌女(2) (講談社コミックスキス)
(2010/09/13)
海野 つなみ

商品詳細を見る


タイトルでわかるかと思いますが、
小公女がモチーフになっています。

第1巻では星のお姫様が没落するまでのお話を
丁寧に丁寧に仕込んでいた感じでしょうか。

サリーとレベッカの今後がどうなるのか
ハラハラしつつ見守りたいですね。
レベッカがまた気になること言って
引きになったのもすごいあーって感じです。
3巻はまだか!

毎回マザーグースの詩が
入っているのも凝ってて好きです。
これはダントツでオススメかも!

読んだものいろいろ(2)

久々に読んだものいろいろシリーズ書きます!
資格試験だなんだでバタバタしてたので、
最近全然書いてなかった。

表示順指定し直すの面倒なので、
先に(2)と付番して記載する不精っぷり! はっは!

ひとまず、こっちを
青年誌・少年誌でまとめます。

6作品あります。
 ・弱虫ペダル 13・14巻
 ・テガミバチ 11巻 ★女子にオススメ
 ・むすんでひらいて 1巻
 ・BUTTER!! 1巻 ★女子にオススメ
 ・地獄堂霊界通信 2巻
 ・ささめきこと 7巻

弱虫ペダル 13 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 13 (少年チャンピオン・コミックス)
(2010/08/06)
渡辺 航

商品詳細を見る
弱虫ペダル 14 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 14 (少年チャンピオン・コミックス)
(2010/10/08)
渡辺 航

商品詳細を見る


今泉がチームのために走るようになったか。。。と
すごく感慨深かった13巻。
そして、田所先輩はここで終わりなのか、と
13巻を読んだ限り、先はないだろうなと
思っていたところからの
坂道が絶対に前線に連れて行く、と言って
本当に有言実行してしまおうとする主人公ぶりに
感心してしまいました。
……BGMがあれじゃなければもっとかっこいいのに^-^;
そこが坂道だからしょうがないけど(笑)
部活って感じの繋がりがあっていいですよね、この漫画は。


テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)
(2010/10/04)
浅田 弘幸

商品詳細を見る


ジギーペッパーはやっぱりかっこいいなぁぁぁ!!
あー、もう、ザジとのコンビとかサイコー過ぎる。
カベルネ退治のくだり、凄い燃えました!!
でも、取り逃しちゃったことが
今後に大きく影響してくるんだろうなぁって思うと^-^;

ゴーシュ……いや、ノワールも都合が良かったんだろうね。
労せずして、首都の近くまで来られるんだから。。。
シルベットやラグを想う気持ちに嘘はないだろうけど、
もう、ゴーシュはゴーシュに戻れないのかなぁ。


むすんでひらいて (1)むすんでひらいて (1)
(2010/07/14)
水瀬 マユ

商品詳細を見る


地味に(?)話題の恋愛オムニバス!
なんだか、これを読んでいると、河下先生の作品を思い出す。
なんでだろう。
絵は違うんだけど、
すっごくコマ割のセンスが似てる気がするんだよなぁ。

私が好きなのは夏ですね。
切なかった。失恋の話は切ないけど、
ざわざわと心に残りますよね。
「初恋限定。」のコノハナサクヤを思い出した。
大好きな話だった。。。

夏は、ショートカットにして正解!
グッジョブだぁ!

それと、友樹の話も良かった。
写真撮ると、全部カメラ目線になってる。
それに気が付いていた愛ちゃんがいい女過ぎる。


BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)
(2010/07/23)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る


たまたま買ったアフタヌーンで一目惚れした。
社交ダンス部漫画。

夏と端場くんの距離が段々縮まってく感じと、
部活としてまとまっていく過程が好き。
好きなキャラは部長副部長。
いいコンビだぁ。

やる気ないと見せかけての
実力派ワンマン部長と、
昼行灯っぽい感じの大黒柱副部長。
いいっすねー。

グルグル早く回るから、
チビクロサンボから取って「バター」って
タイトルなのも上手いなぁってしみじみ。

次巻も楽しみだ!


地獄堂霊界通信(2) (アフタヌーンKC)地獄堂霊界通信(2) (アフタヌーンKC)
(2010/10/07)
みもり

商品詳細を見る


竜也にぃ可愛いよ竜也にぃ。
腕っぷし強くて、結構な悪たれなんだろうけど、
別に突っ張ってるわけでもないし、
目上の人への礼儀ができているのがたまらない。
弟への理解もあって、
心配しつつも遠くから見守っている感じが!
まずい。竜也のことしか書いてない!  ̄□ ̄;

霊を救いたいって気持ちをまっすぐに持ち始めた3人。
霊の悲しみに気づいたリョーチンや
生霊になってしまった小夜子を救うために
必死に走り回った姿に、心がじーんとした。

まじないを使えば、その分の代償は必ずある。
まさか、絵に描いた首がああなるなんて(ぞっ)
怖ぇぇぇぇ。
そして、この漫画は青年誌ではなく、
なかよしとかでやってはどうだろう、なんて思った。
なかよしってこういう系統の漫画あったよね。
「闇に集う」とか。


ささめきこと 7 (MFコミックス アライブシリーズ)ささめきこと 7 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2010/10/23)
いけだ たかし

商品詳細を見る


くっはぁぁぁぁ!
せ、切ねぇ……。
テコ入れキャラっぽかったコイ・まゆも
がっつり話に絡んできた第7巻。
むちゃくちゃ面白かった!

志村先生の「青い花」と一緒で、
きゃっきゃうふふの先を描くつもりのようですね。
相変わらず、汐が可愛くてハァハァする(お前……)
手を繋いだのは絶対汐からだもんね。
すみちゃんは絶対できんからな^-^;

現実をわかってなかったとしても、
現実がその人たちの生き方にとやかく言う権利も
ないと私は思うんですよね。
思うとおりに生きればいいんだ。
どう生きたって、結局同じ刻が流れてしまうなら
自分の思うとおりに。

と言いつつ、
私はなかなかやりたいことに突っ走れない人間なので、
結局これも理想論なわけだけど。

マジョリティだからどうとか
マイノリティだからどうとか
そんなんで世界は測れないし、
真理はきっとそこにはないよね。

次巻も楽しみだ~!!

ボクを包む月の光

ボクを包む月の光 9―「ぼく地球」次世代編 (花とゆめCOMICS)ボクを包む月の光 9―「ぼく地球」次世代編 (花とゆめCOMICS)
(2010/10/19)
日渡 早紀

商品詳細を見る


風邪で今週は死んでました。。。
資格試験が終わって気が抜けちゃったのかな……。

まぁ、それはいいとして。
最新刊読みました!


そういえば、紫苑って
プログラムもできるんでしたっけ。
勝手に工学系のイメージでいたので、
機械いじり専門だと思っていた。。。
そういや、月基地メンバーに抜擢されたのも、
システム系いじれるひとが欲しいからでしたね^-^;

内容は、ちょうどいいところに
落ち着いたかなぁって目線で読んでしまいました。
ソル切ないねソル(>_<)
どんなにモテたって、
この人!って人に愛されないのは悲しいだろうな。

しかし、未来路くん、
ほんっと、本編に比べてだいぶヘタレになられましたなぁ。
あの頃の彼は素敵だったのに^-^;
まぁ、全体的にボク月は、
輪正当化レベルが高いので、
もうこのへんは気にしないようにしています。
主人公だし、
嫌なら読むなって結論になっちゃいますからね。

未だに心残りなのは、
春ちゃんだけど。。。
迅八もなぁ……^-^;
正論言ってるのに、
冷たい目で見られるのは昔からだったけどもねぇ。。。




話は変わりますが、「ヨスガノソラ」展開速っ!
何、この主人公。
可愛い顔して、まさか、全員に手を出すとか、
そういう気持ちの悪いことしないですよね?!

ブルーフレンド 1巻

ブルーフレンド 1 (りぼんマスコットコミックス)ブルーフレンド 1 (りぼんマスコットコミックス)
(2010/09/15)
えばん ふみ

商品詳細を見る



ひと言で言うと、

これは百合ではない

ってところでしょうかね。

まさかのりぼんでやってるよって話を聞きつけ、
ちょうど今日暇だったんで、
買ってきて読んでみました。

思春期の不安定な心を上手く描いていると思います。
でも、おそらく、作者さんは
百合を描いてはいないですよね。
なので、百合ではない、と断言させていただきます。

主人公の歩はボーイッシュでおおらかで、
誰にでも分け隔てない、いわばニュートラルな女の子。
そんな彼女が
進級とともに、仲良くなった校内一の美少女・月島美鈴。
こっちはかなり不安定で、
作中では歪(ゆが)んでいる、と表現されていますが、
歪(ひず)んでいるという表現のほうが
しっくり来るかな、と思いました。
にわかな違いなので、そのへんは
グーグル先生でご確認を^-^;

美鈴は不器用で素直な子です。
可愛いゆえに遠巻きにされがち。
そこに歪んだ性格が加わって、
友達もできない、そんな子ですかね。
私のど真ん中ストライクな訳ですが♪

ど真ん中ストライクなので、
ちょっと肩を持ちつつ読んでしまいました。
正直な話、
疲れるくらいなら最初から関わりを持つな、
というのが私の本音。
誰とでも仲良くなれるのは素晴らしいと思うけど、
不器用で、一人しかパーソナルエリアに
入れられない子だっているのだよ、ということを
歩はこれから学んでいかないといけないですかね^-^;
美鈴もこれから変わっていかないと
いけないと思いますけど。

終盤で出てきた東ちゃんに関しては、
たぶん、美鈴の味方なので、
私はあまり警戒しておりませんが、
最後の汚い手を使ってきたアイツは誰なんですかねー。
これで平井だったら、爆笑物ですが^-^;
執念深い男は、正直引く……。

子供の頃、りぼんを読んだことがないものだから、
りぼんの印象ってかなり偏っているんですが、
こんな静かでじっとり重たいテーマを
題材にしたりするんですね。
友達が「下弦の月」連載中は、
いつ打ち切られるかとハラハラして読んでいた、
と言っていましたが、
今なら余裕で読めるのじゃないか、りぼんで。

詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。

詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)
(2010/06/04)
古舘 春一

商品詳細を見る
詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 2 (ジャンプコミックス)詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 2 (ジャンプコミックス)
(2010/08/04)
古舘 春一

商品詳細を見る
詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 3 (ジャンプコミックス)詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 3 (ジャンプコミックス)
(2010/09/03)
古舘 春一

商品詳細を見る


――いつか語られるその日々に、

生まれ落ちるは、嘘か真か。



本屋さん、
せっかく、表紙がこんなに綺麗なんだから、
平で積んであげてください。
探すのだけで一苦労だった^-^;

私はシンプルな絵、シンプルな塗りが好きです。
そして、何よりもシンプルなお話が大好きです。
率直に言ってしまえば、
素材を活かした料理を作れる方が大好きです。

ゴテゴテ絡み合っているようでいて、
蓋を開けてみれば、一本の線に繋がる。
そういう整った話が好きです。

四ッ谷先輩を描かれた古舘先生は、
まさにそのタイプの先生だと、
私は勝手に思っております。

テーマがロジカルホラーのため、
読み手を選ぶ漫画だったと思います。
怖いものが駄目な人は駄目。
テンポをつけて文を読むという習慣がない人は駄目。
文字が多いのが苦手な人は駄目。

それでも、読みやすいテンポで、
小気味良いコマ割と台詞回しで、
この作品は、
18話まで書き上げられました。

私のオススメは、17話の
「バースデーケーキゴヨヤク1点Mサイズ」です。

ちょっと題材のことで、
とあるところからクレームが来たりもしたらしいですが、
この作品で描かれようとしていたのは、
紛れも無く、人との絆だったと、私は思います。

そして、最終巻には、
トレジャー新人漫画賞で佳作を取った
「王様キッド」も収録されています。
この作品は、ネット上で公開されており、
私はいつも通り、青田刈りのつもりで、
読みに行きました。
そこで見つけたのがこの作品です。
かなりオススメの作品です。
「アソビバ。」もそうだったんですが、
見開きの使い方が抜群に上手いんです。
この先生の作品を知らない人には、
是非一度見ていただきたいなぁなんて思います。

その他、
J1の中の1作品として掲載された
読み切り「詭弁学派、四ッ谷先生の怪談」

四ッ谷先輩終幕後のお話
も書き下ろされています。
これで、一応、四ッ谷先輩に関する謎は
片付いた、ということなんでしょうか。

個人的には、
本誌の最終話での終幕の言葉が好きだったので、
コミック用に修正されていることは残念でしたが、
大満足の3冊でした。

とりとめなくなってしまいましたが、
先生の今後が楽しみです。


「詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。」

此れにて、了。

オクターヴ 5巻

オクターヴ(5) (アフタヌーンKC)オクターヴ(5) (アフタヌーンKC)
(2010/08/23)
秋山 はる

商品詳細を見る


5巻もリアルで、ズンズン重く、
それでも、
静かであふれるような愛に癒されました。

節ちゃんの百面相が可愛すぎてたまらない。
いつもはあんなにクールな人なのに、
雪乃のことになると、
可愛いところたくさん見せてくれるところが
本当にたまらないですね。

この世の中で一番怖いのは、
偏見なんてないつもりの人、なんですよね^-^;

5巻はそれをとっても上手に表現していたと思います。
そして、それに対する雪乃の心情の表し方。
あの間の出し方が物凄く秀逸すぎて、
読んでて、うおあああああってなりました。
本当に、ドロッとした感情がそこにあるのが
伝わってきて。。。
こればっかりは読んでもらわないと伝わらないんですが。

色々ばたばたはしたものの、
結局のところ、2人の愛を深めるきっかけになった感じですね。

さて、次巻で完結^-^;
落ち着いてくれるのはありがたいけれど、
それでも、もっと読みたいぞって気持ちもあって、
色々複雑です。
ここまで丁寧でリアルに描いてくださる漫画家さんは
百合ジャンルでは稀有なので、
もっと色々描いて欲しいなぁなんて思います。

キャッキャウフフしている漫画も、
それはそれでいいんですけれどね。

因みに、キャッキャウフフしている漫画が好きな方には、
この漫画はオススメいたしません^-^;

群青シネマ

群青シネマ 1 (花とゆめCOMICS)群青シネマ 1 (花とゆめCOMICS)
(2010/01/19)
都戸 利津

商品詳細を見る
群青シネマ 2 (花とゆめCOMICS)群青シネマ 2 (花とゆめCOMICS)
(2010/08/19)
都戸 利津

商品詳細を見る



振り返ったその時に知る、その価値に。
気が付くのは、
きっと大人になってしまった時。



泣いた。

良い漫画!!
きっと、今その時を生きる人には、
キラキラとした眩い光を。
通り過ぎてしまった人には、
じんわりと胸に来る震えを。
与えてくれること間違いなしの漫画です!

夏に読んでほしい漫画のひとつに追加!!

作中で作成されている「夏日の堰」という映画も
すごく綺麗な短編で……

ワタシノイナイシアワセガ
アナタニ
オトヅレマスヨウニ


という台詞があるのですが、
これがものすごく切なかったです。


まだまだ暑い日が続きます。
是非、眠れぬ夜のお供にでも。

ジゼル・アラン 1巻

ジゼル・アラン (1) (ビームコミックス)ジゼル・アラン (1) (ビームコミックス)
(2010/07/15)
笠井 スイ

商品詳細を見る


AKIBAの有隣堂、総プッシュ^-^;
amazonで評価が高かったので、
気にはなっていたんですが、
そこに、面白いものならマイナーだろうが、
頑張ってプッシュしてくれる
AKIBAの有隣堂さんが並べてるんだから
間違いないなと迷わず買いました。
(打ち切り間近だった「みえるひと」を
 平積みしてポップまで付けてくれた恩は
 ファンとして、絶対に忘れません!)


この漫画、超オススメです!

1話完結のお話が
1話~5話まで収録されています。

世間知らずのお嬢様ジゼルが
やや道楽で始めた「何でも屋」。
そこに舞い込むちょっとした依頼を
ジゼルと助手のエリックが
頑張って解決していく、というストーリーです。

人との絆もほっこりあったかくて、
無邪気なジゼルと
年の差、身分差で葛藤しつつも惹かれてしまう
エリックのコンビが、すんばらしく良いです。
また、黒髪少女とロシアンブルーの組合せもたまんね。
少女と猫は萌えるぜ。
と言いながら、私のイチオシキャラは
花街のストリッパー・コレットですがw
無邪気なジゼルにほだされちゃうコレットが
可愛くてしょうがなかった。

ガンスリンガーガールみたいに、
年の差コンビで組んでいる絵面が好きな方には
かなりオススメですね!

2巻はちょっとお話に動きがありそうで、
1巻と同じ雰囲気であるかどうかは不安ですが、
1巻の手応えとしては、期待度大!

アンケートはがき出すわ、これは。

Piece 4巻

Piece 4 (フラワーコミックス)Piece 4 (フラワーコミックス)
(2010/06/25)
芦原 妃名子

商品詳細を見る


鳥肌立った……ッ!!

この漫画、面白いわ……。
段々、主人公の水帆が可愛くなっていくのも
すごくいいと思う。
少しずつ成長していくというか、
こういう話、好きすぎる。

ホント、この先生、
どっか刹那的で破滅的なキャラ描くの上手いよなぁ。
物静かで穏やかな絵柄が、
そこにすごくマッチしてるんですよね。

キャピキャピしたハッピーな話じゃないけど、
物静かでひたむきな愛情が
織り込まれているような気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。