スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対迷宮グリム 遊戯中 1

絶対迷宮 グリム 七つの鍵と楽園の乙女(通常版)絶対迷宮 グリム 七つの鍵と楽園の乙女(通常版)
(2010/04/28)
Sony PSP

商品詳細を見る


ちょっと台詞回しに「?」ってなるところもありますが、
童話に対するメタ要素もふんだんで、
個人的には好きな作品です。

守銭奴でお気楽なハーメルン。
馬鹿力で勇敢なあかずきん。
引きこもりオタクのラプンツェル。
醜い姿で蔑まれる蛙の王子。
我儘でタカビーないばら姫。

目覚めのキスの王子様が、蛙の王子様っていうのが、
個人的にはヒットですかね。

今のところ、回収したルートは3つ。
届いたのが一昨日だったので、まぁ、こんなもんか。

  ・ルートヴィッヒルート
  ・あかずきんルート
  ・いばら姫ルート

途中なのが、
  ・蛙の王子ルート
です。


・ルートヴィッヒルート

彼は2周目でのクリアでした。
たぶん、この子、魔王の話でしか回収できないので、
1周目の攻略は無理っぽく見えます。
実際はどうか知らないけど。

お話的には、王道中の王道です。
幼馴染キャラということで当たり前ですが、
かなり設定といい、シチュエーションといい、
優遇されている感じがしました。

とはいえ、キラキラが苦手な私の苦手なタイプですが^-^;

どっちかというと、
ルーイルートのいばら姫のカッコよさに痺れてしまいました。
いやー、女の友情!
いいっすねいいっすね。
タカビーはそうじゃないと。

とりあえず、序盤でこのへん選んどけば、
彼ルートは行けるかと。
まぁ、影響あるのかよくわかんないですが^-^;
私と全然違う選択肢でも、行けている人は行けてますしね。。。
なるべく早めに、ハートを5つ回収しとかないと
虚しいBADENDがやってきます(笑)
 ・待つ
 ・逃げる
 ・応える(ここは何でもいい気が)
 ・のぞきこむ
 ・マンドラゴラ
 ・取りに行かせる
 ・ルーに見に行かせる
 ・見守る
 ・聞く→ルー
 ・ルーに助けを求める
 ・買う→しおり
 ・キャンバス奪還
 ・買う→地図


・あかずきんルート

1周目でクリアしたのは彼です。
ソフトの概要を見た時からお気に入りだったので、
当然と言えば当然でしょうか。

しかし、想像以上に馬鹿で無茶やる子だったので、
ちょっとポカーンとしてしまったり。
でも、可愛い容姿で、あんなに憎悪をたぎらせるキャラって
あんまり見たことなかったので新鮮でした。
もう少し、シナリオがほしかった気もします^-^;
ルーやった時に本当に思いました。。。

あ、でも、ラプンツェルのポジションが
すごく好ましかったですね、彼ルート。
いばら姫とは違った気の回しようがむちゃ可愛いっす。

選択肢はこのへんかな。
喧嘩上等であれば、余裕です。
 ・探しに行く
 ・戦う
 ・応える(ここは何でもいい気が)
 ・のぞきこむ
 ・防御→マンドラゴラ
 ・読み飛ばす
 ・自分で見に行く
 ・助ける
 ・聞く→あかずきん
 ・あかずきんに助けを求める
 ・買う→満腹きのこ棒
 ・あかずきんたちを援護
 ・買う→天使の小さき矢


・いばら姫ルート


残念ながら、男キャラよりメロメロでした。
何この子!
男前過ぎる!!!∑( ̄□ ̄;)

我儘・タカビーと言えば、男前キャラというのも、
モチロンオプションでつきがちですが、
まさかここまでとは!!
お前が王子でいいだろ、もう!!
女の子なのに体張って守ってくれるとかさぁ……!

そして、ラストエピソードの
「ここはあなたのエンディングじゃありませんわ」と
ルーに言い放つところに惚れました。
好きすぎるっちゅーねん。

選択肢はこのへんかな。
喧嘩上等で自立心が旺盛であれば、行ける。
 ・探しに行く
 ・戦う
 ・応える(ここは何でもいい気が)
 ・のぞきこむ
 ・防御→マンドラゴラ
 ・取りに行かせる
 ・自分で見に行く
 ・見守る
 ・聞かない
 ・自力で
 ・買う→乙女のエキス
 ・キャンバス奪還
 ・買う→ローズオイル


以上、3ルート感想でした!
ラプンツェルルートになかなか入れない^-^;
魔王の話に行っちゃ行けないのかな……???

どんなゲームでも女キャラ優先な私ですが、
ここまで期待に応えてくれた乙女ゲームって初めてな気がするよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。