スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーフレンド 1巻

ブルーフレンド 1 (りぼんマスコットコミックス)ブルーフレンド 1 (りぼんマスコットコミックス)
(2010/09/15)
えばん ふみ

商品詳細を見る



ひと言で言うと、

これは百合ではない

ってところでしょうかね。

まさかのりぼんでやってるよって話を聞きつけ、
ちょうど今日暇だったんで、
買ってきて読んでみました。

思春期の不安定な心を上手く描いていると思います。
でも、おそらく、作者さんは
百合を描いてはいないですよね。
なので、百合ではない、と断言させていただきます。

主人公の歩はボーイッシュでおおらかで、
誰にでも分け隔てない、いわばニュートラルな女の子。
そんな彼女が
進級とともに、仲良くなった校内一の美少女・月島美鈴。
こっちはかなり不安定で、
作中では歪(ゆが)んでいる、と表現されていますが、
歪(ひず)んでいるという表現のほうが
しっくり来るかな、と思いました。
にわかな違いなので、そのへんは
グーグル先生でご確認を^-^;

美鈴は不器用で素直な子です。
可愛いゆえに遠巻きにされがち。
そこに歪んだ性格が加わって、
友達もできない、そんな子ですかね。
私のど真ん中ストライクな訳ですが♪

ど真ん中ストライクなので、
ちょっと肩を持ちつつ読んでしまいました。
正直な話、
疲れるくらいなら最初から関わりを持つな、
というのが私の本音。
誰とでも仲良くなれるのは素晴らしいと思うけど、
不器用で、一人しかパーソナルエリアに
入れられない子だっているのだよ、ということを
歩はこれから学んでいかないといけないですかね^-^;
美鈴もこれから変わっていかないと
いけないと思いますけど。

終盤で出てきた東ちゃんに関しては、
たぶん、美鈴の味方なので、
私はあまり警戒しておりませんが、
最後の汚い手を使ってきたアイツは誰なんですかねー。
これで平井だったら、爆笑物ですが^-^;
執念深い男は、正直引く……。

子供の頃、りぼんを読んだことがないものだから、
りぼんの印象ってかなり偏っているんですが、
こんな静かでじっとり重たいテーマを
題材にしたりするんですね。
友達が「下弦の月」連載中は、
いつ打ち切られるかとハラハラして読んでいた、
と言っていましたが、
今なら余裕で読めるのじゃないか、りぼんで。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。