スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んだものいろいろ(2)

久々に読んだものいろいろシリーズ書きます!
資格試験だなんだでバタバタしてたので、
最近全然書いてなかった。

表示順指定し直すの面倒なので、
先に(2)と付番して記載する不精っぷり! はっは!

ひとまず、こっちを
青年誌・少年誌でまとめます。

6作品あります。
 ・弱虫ペダル 13・14巻
 ・テガミバチ 11巻 ★女子にオススメ
 ・むすんでひらいて 1巻
 ・BUTTER!! 1巻 ★女子にオススメ
 ・地獄堂霊界通信 2巻
 ・ささめきこと 7巻

弱虫ペダル 13 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 13 (少年チャンピオン・コミックス)
(2010/08/06)
渡辺 航

商品詳細を見る
弱虫ペダル 14 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 14 (少年チャンピオン・コミックス)
(2010/10/08)
渡辺 航

商品詳細を見る


今泉がチームのために走るようになったか。。。と
すごく感慨深かった13巻。
そして、田所先輩はここで終わりなのか、と
13巻を読んだ限り、先はないだろうなと
思っていたところからの
坂道が絶対に前線に連れて行く、と言って
本当に有言実行してしまおうとする主人公ぶりに
感心してしまいました。
……BGMがあれじゃなければもっとかっこいいのに^-^;
そこが坂道だからしょうがないけど(笑)
部活って感じの繋がりがあっていいですよね、この漫画は。


テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)
(2010/10/04)
浅田 弘幸

商品詳細を見る


ジギーペッパーはやっぱりかっこいいなぁぁぁ!!
あー、もう、ザジとのコンビとかサイコー過ぎる。
カベルネ退治のくだり、凄い燃えました!!
でも、取り逃しちゃったことが
今後に大きく影響してくるんだろうなぁって思うと^-^;

ゴーシュ……いや、ノワールも都合が良かったんだろうね。
労せずして、首都の近くまで来られるんだから。。。
シルベットやラグを想う気持ちに嘘はないだろうけど、
もう、ゴーシュはゴーシュに戻れないのかなぁ。


むすんでひらいて (1)むすんでひらいて (1)
(2010/07/14)
水瀬 マユ

商品詳細を見る


地味に(?)話題の恋愛オムニバス!
なんだか、これを読んでいると、河下先生の作品を思い出す。
なんでだろう。
絵は違うんだけど、
すっごくコマ割のセンスが似てる気がするんだよなぁ。

私が好きなのは夏ですね。
切なかった。失恋の話は切ないけど、
ざわざわと心に残りますよね。
「初恋限定。」のコノハナサクヤを思い出した。
大好きな話だった。。。

夏は、ショートカットにして正解!
グッジョブだぁ!

それと、友樹の話も良かった。
写真撮ると、全部カメラ目線になってる。
それに気が付いていた愛ちゃんがいい女過ぎる。


BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)
(2010/07/23)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る


たまたま買ったアフタヌーンで一目惚れした。
社交ダンス部漫画。

夏と端場くんの距離が段々縮まってく感じと、
部活としてまとまっていく過程が好き。
好きなキャラは部長副部長。
いいコンビだぁ。

やる気ないと見せかけての
実力派ワンマン部長と、
昼行灯っぽい感じの大黒柱副部長。
いいっすねー。

グルグル早く回るから、
チビクロサンボから取って「バター」って
タイトルなのも上手いなぁってしみじみ。

次巻も楽しみだ!


地獄堂霊界通信(2) (アフタヌーンKC)地獄堂霊界通信(2) (アフタヌーンKC)
(2010/10/07)
みもり

商品詳細を見る


竜也にぃ可愛いよ竜也にぃ。
腕っぷし強くて、結構な悪たれなんだろうけど、
別に突っ張ってるわけでもないし、
目上の人への礼儀ができているのがたまらない。
弟への理解もあって、
心配しつつも遠くから見守っている感じが!
まずい。竜也のことしか書いてない!  ̄□ ̄;

霊を救いたいって気持ちをまっすぐに持ち始めた3人。
霊の悲しみに気づいたリョーチンや
生霊になってしまった小夜子を救うために
必死に走り回った姿に、心がじーんとした。

まじないを使えば、その分の代償は必ずある。
まさか、絵に描いた首がああなるなんて(ぞっ)
怖ぇぇぇぇ。
そして、この漫画は青年誌ではなく、
なかよしとかでやってはどうだろう、なんて思った。
なかよしってこういう系統の漫画あったよね。
「闇に集う」とか。


ささめきこと 7 (MFコミックス アライブシリーズ)ささめきこと 7 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2010/10/23)
いけだ たかし

商品詳細を見る


くっはぁぁぁぁ!
せ、切ねぇ……。
テコ入れキャラっぽかったコイ・まゆも
がっつり話に絡んできた第7巻。
むちゃくちゃ面白かった!

志村先生の「青い花」と一緒で、
きゃっきゃうふふの先を描くつもりのようですね。
相変わらず、汐が可愛くてハァハァする(お前……)
手を繋いだのは絶対汐からだもんね。
すみちゃんは絶対できんからな^-^;

現実をわかってなかったとしても、
現実がその人たちの生き方にとやかく言う権利も
ないと私は思うんですよね。
思うとおりに生きればいいんだ。
どう生きたって、結局同じ刻が流れてしまうなら
自分の思うとおりに。

と言いつつ、
私はなかなかやりたいことに突っ走れない人間なので、
結局これも理想論なわけだけど。

マジョリティだからどうとか
マイノリティだからどうとか
そんなんで世界は測れないし、
真理はきっとそこにはないよね。

次巻も楽しみだ~!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。