スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都青少年健全育成条例改正案について

なんとか復調しました。

【12月13日追記:青字部】
奈良旅行から帰還しました。
行動しようにも仕方がよく分からない方もいるかと思います。
ついったーで、参考になりそうなツイートは
私も結構リツイートしているので、
もやもやされている方は参考にご利用ください!

シュウのついったー(★リンクです)

こんなスピード採決、やり方がこす過ぎるだろ!!(吼)


【12月10日追記:赤字部】
今週ではなく、来週15日だそうです。
陳情メールやお手紙はまだ間に合うので、
気になる方は、ぜひ宜しくお願いします!!
どこかを許容すれば、ズルズルと取り締まられます。
そして、表現の自由が認められているのに、
こんな条例をごり押しで理不尽に進める姿勢には
間違いなく問題があると思います。



「東京都青少年健全育成条例改正案」が
再度提出され、今週可否が問われる、と最近知りました。
前回同様、どーせ通らないだろうと
タカを括っていたんですが、
状況はそうでもないとか^-^;
困ったものです。

で、色々斜め読みしてみたんですけど、
前回の内容も曖昧で酷かったですが、
今回はまた随分と”どうとでも取れる”書き方をされています。
内容は実はあんまり変わってなくて、範囲が広範になった感じでした。
事業仕分けのいたちごっこと同じレベルだなというのが感想。

私は漫画もアニメも小説もドラマも映画もゲームも、
この世で表現媒体として活用されるものすべてが
好きな人間です。

なので、当然ながら、こんな改正案には反対。

稚拙ながらも、(時間が無いので)メール文を
都議会議員の方々に送らせていただきました。

正直、忙しい中、
こんな当たり前のことしか書いてないメールに
目を通していただくなんて申し訳ないな、って
気持ちが強かったですが、
気持ちや想いっていうのは、
形にしなければ、何も届かないし、
自分が動かないことで、後悔するのも嫌だなと思ったので、
風邪の体を押して、即行動しました。

この改正案の意味が分からないところは、
「あっはは★ これが適用されるのは漫画とアニメだけなんだ!
 小説や実写のものは対象外なのさ~★」

ってところだと思います(・ω・)

「非実在犯罪規制」というらしいですが。。。

一般公開はいけんだろっていうものを
時折見かけることもあるので、
区別すべきものっていうのは確かにあるのかもな、と
思うところがないわけではないですが、
今回の規制によって、
どの程度の表現まではアウトになってしまうのか。
それがかなり曖昧というのが怖いところです。
また、施行された後のものから適用なのかと思っていたんですが、
昔の作品でも指定されてしまったら、
再版分からは適用されるかもしれないとか。。。

そういう場合、どうなるのか。
というか、そんな介入で面白いものを台無しにされたら、
最悪ですよね。。。
さるかに合戦のお話で、馬糞がこんぶに変わっていた時以上の
衝撃を受けることは確実だと思います。
(ちょっと喩えがあれですが、私は至って真面目です)

都知事の発言まとめ等も斜め読みしましたが、
随分と漫画がお嫌いなようです。

行政に私情を持ち込むなよ、というのが本音ですが、
まぁ、そういうことはグッと抑えます^-^;
言葉として伝える以外の行動を取った時点で、
私たち(漫画やアニメが好きな人)の負けになりますので、
その辺は分別ある行動を心がけましょう。

最後に。
表現媒体に貴賎はありませんし、
職業も同等です。
個々の好みはあるでしょうが、
それはその人の価値観でしかなく、
それを周囲に押し着せてしまうのは駄目です。
こんなの、小学生で習うことだと思います。

それなのに、いい大人が、
偏ったものの見方で差別をして、
あの職業は卑しいだのなんだのと発言するのは
いかがなものでしょうか。

そんな人に、自分たちの大好きなものが貶されて、
汚されていることが、正直腹立たしくてしょうがありません。

書いて良いことと悪いことの区別をつけようと作成された
条例なんであれば、
言って良いことと悪いことに分別をつけるべきです。

行動と言動が伴っていない。
私の中では、今回の騒動の中で、
一番の逆鱗はそこです。

長くなってしまいましたが、以上です。
読んでいただいた方いらっしゃいましたら、
誠にありがとうございます。

今はただ否決されることを願いましょう。
スポンサーサイト
コメント

この条令の件で角川と大手出版会社はTAFの参加を拒否したみたいですねぇ…。


依然として都知事の意見は強気ですが、このまま他の出版会社も辞退していったら何かが起こりそうですね(´∀`)

Re: タイトルなし

お久しぶりです!
何かを起こすしかないでしょうね^-^;

こういうジャンル好きな人って、
おとなしい方が多いから、結局表面化しづらい。
ネットで騒いでも、あちらは痛くも痒くもないわけですから、
出来ることはやるしかありません。
出版社に廃案署名運動の要望メールを送ることも
手段としてあるみたいですねー。

ホント、TAFの件は、
こんだけのことしておいて、
お金儲けはきっちりやるんだから、腹立たしいって
思っていたので、出版社が動いてくれてすかっとしました。

ひとまず、ギリギリまで頑張りますよ私は。
学生であれば、もっと自由が利いたものを!!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。