スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話せば分かると信じている

引き続き、青少年健全育成条例の件です。

パッと聞いて、規制に賛成だと思ったけど、
色々な話を聞いて、
反対派の意見にも納得された方のブログ↓
この方の仰っているのは全くその通りだと思います。

エロだけの問題ではないらしい~東京都の条例改定案をめぐって - どん・わんたろう

反対と言っている人は、
規制に反対しているわけじゃないんです。
線引きが必要ならきっちり引けばいい。
(勘違いしないでほしいけど、
 今も十分すぎるほど線が引かれたところで、
 書き手は頑張ってます)

でも、その線引きがなされない曖昧な内容が
条例改正案として可決されてしまった。
条例改正案の内容があまりに酷いので、
その内容に反対しています。
誤解されるような報道が多すぎです。。。

反対派はちゃんと調べて反対している人が多い。
でも、賛成と軒を連ねている人は調べていない方が多い。
これじゃ、議論になるわけ無いです。。。

今回の条例改正案って、
「表現の自由に抵触してるだろう」って言われたら、
「表現は規制しないよ、自由に描けばいいよ。
 だから、抵触してない。でも、販売は規制するよ」

って返しているようなものです。

販売を規制されたら、市場に出ません。
漫画家さんだってお仕事でやっています。
商売にならなければ、漫画家がいなくなってしまいます。
漫画家がいなくなれば、漫画がなくなります。
つまり、漫画が読めなくなります。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
わかりやすく書くとしたら、そういうことになります。

私たちのように、改正に反対している人間は、
そういった不安を感じて反対しているんです。

これだけは分かって欲しいのです。
いじょー。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。