スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSYREN15巻

PSYREN-サイレン- 15 (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン- 15 (ジャンプコミックス)
(2011/02/04)
岩代 俊明

商品詳細を見る


久々にPSYREN記事ですぜ!
ひゃっほい!!
15巻、ワイズ勢ぞろい!!(銀髪のあの人除くT_T)
ドルキさん>_<
不憫や!
ドルキさんが不憫すぎるでぇ!!(超エセ関西弁風に)
さすが、ワイズのヒリューさんだ。

03号の髪の色、意外だったなぁ。
茶髪だー。
勝手に、水色だと思っていた^-^;
でも、水色はヒロインの色だからダメだよね、この漫画の場合。
と、今更ながら納得しました。
そうよ!!
水色は桜子さんの色なんだからね!!
そして、水色は私の大好きな色なんだからね!!(どうでもいい)

この流れだと、
16巻はドリフトメンバー勢ぞろいとかですかね^-^
小説も出るし、それと繋げる可能性もありますよね。
世界はつ・な・が・る! って感じにして欲しいなぁー!!

そうそう。
感想前にね、書いておかないとね★

PSYRENノベル
第二弾出るよ~★
ひゃっほーーーい!!


ってことで、リンク貼っておきますよぃ!

PSYREN-サイレン- another call2 未来は君の手の中に (JUMP j BOOKS)PSYREN-サイレン- another call2 未来は君の手の中に (JUMP j BOOKS)
(2011/03/04)
岩代 俊明、SOW 他

商品詳細を見る


ついったーでは、
2週間前くらいに上がっていたネタだったんですが、
出版社の情報公開前に、
アマゾンが情報更新してしまって、
そこから第二弾出るくさいぜって
流れになっちゃったっていう感じだったみたいで^-^;
しばらく、書きづらかったのですよね。。。

アマゾン、ホント、杜撰です。。。
デマじゃなかったからいいんだけどもね。
出版社の都合も慮ってあげんといかんよね。。。
まぁ、文章担当のSOW先生が、
それデマですって言わんかったので、
確定だろうとは、
思っていたんでいいんですが。。。

情報リテラシー的見地から考えて、
本当であれば「出ますよ」とは言えないけど、
デマであれば「デマです」って言えますからね~。

よし!
宣伝終わり!!
PSYRENはまだまだ終わらんよ!

コミックス、小説を読んで、
署名がまだの方は、
←に貼ってある署名運動に
ご協力いただければなんて思います~!!

さて、15巻感想行くぜ!!

【15巻感想】

燃える展開の15巻。
週刊で読んでいても、
テンポの良さに舌を巻いたんですが、
コミックでまとめて読むと、
更に臨場感が!!

アゲハと桜子のノヴァ習得から、
弥勒戦への流れまでがこのテンポ!!
勿体無いよ!
BLEACHなら、
ここまでで5巻は掛かるのに!!
サイレンが鳴るくだりとか、
映像で見たいもんね。
コマ割が非常に計算されててたまんないよ、ホント。

しかし、15巻に10話詰め込んできたってことは……
もしかして、16巻、書き下ろしあり???
楽しみが増えた!!
wktk、wktkですよ!!

では、いつものごとく、
特筆事項を挙げて行こう。
あー、ジャンプ読むのやめたから、
これやるの2ヶ月ぶりだわ^-^;

【最大プッシュ!!】

当然、
”アゲハVS弥勒の見開き”
だろ!!


見開きまでの流れがすごい好き。
そして、見開きの構図がむっちゃ好き。
アゲハ、すごい男前!!
本誌でも鳥肌立ったけど、
コミックでも鳥肌立っちゃったYO!!

これを最終ページに持ってきたかったから、
10話構成にしたって可能性もありますよね。
漫画は引きが大事なんで、
そういう面でも、
この話が最適だったのは言うに及ばず。


【告白】

アゲハから桜子さんへの告白。
付き合おうとか、
そういうレベルではない心のつながり。
この2人はもう既に夫婦レベルなのです。
そこが好きですねー。

アゲハは桜子さんを助けるためにサイレンに突っ込んだので、
終わりまで、そのへんが一切ブレなかったのが、
私のハートを鷲掴みしたまんま、
リリースしてくれない原因でもあります。

アゲハカッコ良過ぎるんだよ。
主人公なので、
行動の幅に自由さはなかったけど、
とても優等生な主人公だったと思う。。。


【エルモアウッド】

カイルの「夢見て何が悪い」からの台詞は、
すっごい良い台詞だったなぁ。
サイレン世界って、
結局この先を背負っているのは
エルモアウッドなんで、
主人公らしい台詞を言われても、
しょうがねぇよなぁって
納得しちゃいますもんね。
ドラクエ5で言ったら、
エルモアウッドは、
勇者ポジなんだよね。
重要なキーではあるんだけど、
頑張るのはお父さん!! みたいな^-^;

前も書いたけど、
これは『みえるひと』読みきりの
明神さんの名言を思い出すくらい好きです。

そして、もしも、終わりって話がなければ、
あったんではないかと思うルートのひとつ。
ブラックマリー篇。
先生、おまけでいいから、
ブラックマリー描いてくれないかなぁ^-^;
でも、マリーは心が強そうだから乗っ取られないか。。。


【アビス】

桜子・アビスの融合と、
かつて勝てなかった相手を乗り越える、
というお話を2段構えで突っ込んできた、
非常に清々しい回”半身”。

狡猾なシャイナと、
幻術を得意とする桜子さんのバトル。

岩代先生は、
桜子さんの幻術バトルを、
きちんと、機能的に描いてくれました。
幻術スキルを活かしきれずに、
怪力スキルを手にしてしまったヒロインとか、
いましたからねー。
あと、それ、幻術の必要なくね? って感じの
ラスボスキャラとかねー(毒)

勿論、
私が好きなのは
「アタシと桜子は夜科が大好き~」
です^-^
あの活き活きとした表情がたまらなく好きですね。


【朧】

ギリギリでなんとか回収された朧ルート。
時間があれば、もっと登りつめたんだろうけど、
頑張ってみたけど、結局壁は越えられなかった、
っていう、今回の結末も、朧らしくて好きかなぁ、私は。

たぶん、グラナに倒されるか、アゲハに倒されるか、
そのくらいの違いだったと思うんですよねー。
非常に大きな違いではあるけれど、
言っても仕方ないんで、我慢っす。


【祭先生と虎さん】

強すぎるだろ、この2人^-^;
この2人のバトルは、
本当に安定感ありすぎて、
見惚れるとしか言えませんね~。
祭先生とグラナの戦闘なんて、
レベル高すぎて、誰も入り込めないもんな^-^;

最大攻撃力では、
アゲハに勝てるキャラが
最終的にいなくなっちゃうと思うんですけど、
普通に戦わせたら、祭先生が強いんだろうなぁ。
虎さんはサイレン世界では、
本当に不死身になっちゃってるから強いんだろうけど、
現実世界に戻れば、そうではない訳だし。

結局、この漫画って、
誰が最強って一概に言えないんだよね。
能力の相性や
限定的な環境に縛られる能力、とかで
容易にひっくり返るから。
それが魅力でもあるんだけどなぁ……。
いや、何も言うまい。


16巻も楽しみだ!!
ナナちゃん救出後の後日談とか、
みんなのその後の日常とか、
そういうのが見られたら、最高に嬉しいなぁ♪
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。