スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSYRENお疲れ様でした! 世界はつ・な・が・る!!

PSYREN-サイレン- 16 (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン- 16 (ジャンプコミックス)
(2011/03/04)
岩代 俊明

商品詳細を見る
PSYREN-サイレン- another call2 未来は君の手の中に (JUMP j BOOKS)PSYREN-サイレン- another call2 未来は君の手の中に (JUMP j BOOKS)
(2011/03/04)
岩代 俊明、SOW 他

商品詳細を見る


岩代先生、
本当にお疲れ様でした……!!

SOW先生、
ファンがやって欲しかったことを
形にしてくれて
ありがとうございました!!

この作品に出会えたこと、
本当の本当に、
心から感謝します!!



”現代と未来を行き来して、
 悪い結末を良い結末へと変えていくタイムスリップ物”


とまとめてしまえば、
簡単ですが、これがまた突き詰めて書こうとすると、
これほど難しい題材はない。

それでも、尻込みせずに、
最後まで書き切った岩代先生の気概と構成力に、
最大の賛辞を!!

最終巻、鳥肌立ちっぱなしでした。

本誌の時もそうだったけど、
全く無駄なく、きっちり敷き詰められて、
大きな回収漏れがありませんでした。
ホント、ため息が漏れます。

エンタメ系の作品作りを勉強したい人には、
この漫画はとても良い教材になると思います。
小説にしても、漫画にしても。

コマ割、構図、見開きまでの一連の流れ、見開きの使い方。
これが見事な作品だったと思います。

そして、何より、PSYRENのキャラには、
しっかりと我がある。
キャラクターとしての芯みたいなものが
しっかり備わっているので、
読んでいて安心できるのかなぁなんて思います。

あと、カブトの件、
道理で死ぬほどハラハラしたと思いました。
臨場感を出すためには、
本当に殺すつもりで書かないといけない、っていうのは、
私も経験上知ってるんですけど、
それでも、あそこの流れがあれほどまでに
絶望感に満ちていた理由が、ようやっと分かった気がしました。

小説版に関しては、
正直、その後の全員の話に関しては、
あんまり興味が湧かなかったんですが、
かがり火がかがり火になる前の話や、
本編では結局触れることが叶わなかった武智さんの話、
ナナちゃんと弥勒のその後。
そして、アゲハと桜子さんのその後。
と盛りだくさんの内容で面白かったです。
桜子さんもアビスも両方愛せる。
それでこそ、桜子スキー。アゲハはよく分かっている^-^

タイムパラドックスやらなんやらに
ロマンを感じる方には、
是非とも、武智さんの話は読んで欲しいですね。

PSYREN考察に関して、
毎度整理・まとめをしてくれていたブログ「倩」様が、
とっても良い記事を上げてくださっております。
興味のある方、PSYRENファンの方は是非ご一読を!!
(※小説版まで読んでから、この記事を読むことをオススメします)

「倩」 PSYRENの時間軸設定について:最終回
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。