スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年面白かった漫画は何だ?!

漫画の感想、全然書けなかったので、
せめて、今年読んで、
面白いと感じた漫画を紹介していきたいなぁと思います。
とはいえ、今年は新規開拓が少なかったので、
目新しいものの紹介は難しいですが^-^;
一部門五作品くらいで並べていこうかな。
絞るの難しい>_<

でわ、行ってまいりましょう★

◇少年漫画部門

①ST&RS-スターズ- 原作:竹内良輔、漫画:ミヨカワ将
ST&RS─スターズ─ 1 (ジャンプコミックス)ST&RS─スターズ─ 1 (ジャンプコミックス)
(2011/11/04)
ミヨカワ 将

商品詳細を見る

個人的には、待ってました感の高かった、少年漫画らしいワクワク感の詰まった漫画。
仮面ライダーですら、宇宙キター! 叫んでいる年となりましたので、タイムリーなテーマだと思います。
読みたい漫画がないことから、ここ最近、本誌は購入していませんが、2巻が楽しみでしょうがないです。
なんか、位置が危ういらしいけど、、、大丈夫かな。

②1/11 じゅういちぶんのいち 中村尚
1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)
(2010/12/03)
中村 尚儁

商品詳細を見る

SQ19発のサッカー漫画。
連載好評で、SQ本誌に移っていってしまわれましたT_T
本誌自体はそこまで面白くないので、この作品も、結局、コミック待ちになってしまったorz

サッカー漫画ではありますが、どちらかというと、人間ドラマです。
サッカーやっている人の話もあるけど、そうでない人の話もあって、じんわりさせられる。
主人公がひたすら突っ走るきっかけになる1話目は、すごく切ないお話です。

③ましろのおと 羅川 真里茂
ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)
(2010/10/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る

羅川先生の少年漫画進出に驚いた昨年でしたが、安定して面白い、青春津軽三味線漫画。
雪が可愛くてしょうがない。方言はやっぱり強いわ(私の中で)
最強ヒロインはユナさんだけど、朱利ちゃんも可愛くて好き。
羅川先生の女の子キャラは、反則ってくらい可愛い。

④四月は君の嘘 新川直司
四月は君の嘘(1) (月刊マガジンコミックス)四月は君の嘘(1) (月刊マガジンコミックス)
(2011/09/16)
新川 直司

商品詳細を見る

実家帰った時に、月刊マガジンが置いてあって、ふと手に取ったんですが、長期連載物が多い雑誌なので、あんまりそそられるものがありませんでした。(ただし、この作品を除いて。)

カテゴリは、クラシック音楽漫画(ジュヴナイル編)でいいのかな(笑)

ジュヴナイルいいよねジュヴナイル。
主人公の有馬がこれから先、どう成長していくのかが今から楽しみです。

⑤BUTTER!!! ヤマシタトモコ
BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)
(2010/07/23)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

ソシアルダンス部活漫画。
キャラの濃い部員たちのぶつかり合いが熱い青春物。

やっぱり、私、部活物好きなんだなぁ、と実感した作品です。
部長が大好き。健気。

◇少女漫画部門

①青空エール 河原 和音
青空エール 1 (マーガレットコミックス)青空エール 1 (マーガレットコミックス)
(2008/12/25)
河原 和音

商品詳細を見る

吹奏楽部活漫画。
部活漫画好きには外せないですね。
吹奏楽部のみんなの真っ直ぐな生き様も好きだけど、やっぱり、この作品でひときわ存在感を放っているのは、大介くん。

少女漫画のヒーローが坊主頭って、かなり自由になってきましたよね。
てゆか、野球部の坊主頭は相当需要あるんだよ。
ホント、美味しいよ、この漫画。
つばさの成長も楽しみ♪

②小煌女 海野 つなみ
小煌女(1) (講談社コミックスキス)小煌女(1) (講談社コミックスキス)
(2010/04/13)
海野 つなみ

商品詳細を見る

完結したので、ご紹介させていただこうかと。

小公女の宇宙版って言えばいいのかな^-^;
ジャンル説明が難しいのですが、むちゃくちゃいい漫画でした。
私は、構成が丁寧な作品が大好きです。

タイトルへの繋ぎ方も抜群に上手くて、最後らへん、鳥肌立っちゃいました。

③ちはやふる 末次 由紀
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
(2008/05/13)
末次 由紀

商品詳細を見る

競技かるた部活漫画。

私は、かなちゃんが大好きです。
あ、どのキャラも好きなんだけど、かなちゃんの器のでかさに敵う子は、この作品にはきっといないと思う。

今年はアニメにもなり、順風満帆。
漫画のテンションも、初期の頃から一切衰えず、本当に舌を巻いてしまいます。
アニメも超出来いいですよね。BD買おうか、すごい迷っちゃいます。
さすが、マッドハウスを子会社化しただけのことはあるね、日テレ(苦笑)

④Piece 芦原 妃名子
Piece 1 (フラワーコミックス)Piece 1 (フラワーコミックス)
(2008/12/24)
芦原 妃名子

商品詳細を見る

毎年、面白い面白い言ってる気がしないでもないですが^-^;

本格ミステリサスペンス、というジャンルで括られています。
次巻への引きが最高に上手い作品だと思います。

謎が謎を呼び、なかなか伏線回収にたどり着かない。
糸が絡まりあっているのに、複雑さに手放す以上に、先が気になって気になってしょうがない。
そういう作品です。
完結したら、友達に貸そうと思っています。
本当に、むちゃくちゃ面白い。
紹介が4番目なのは、毎年面白い言いまくってたなと感じたから^-^;

⑤星河万山霊草子 鈴木 有希子
星河万山霊草紙(1) (KCx ITAN)星河万山霊草紙(1) (KCx ITAN)
(2011/09/07)
鈴木 有布子

商品詳細を見る

少女漫画、の括りでよいのか、とても悩むところですが、絵柄的にもテーマ的にも、少女漫画テイストなので、こちらの部門でご紹介^-^♪

木の霊と人間の恋愛物語(になっていくのかな、という感じ)
まだ、1巻しか出ていないので、今後の展開は読みづらいですが、非常に私好みなことになっていくんじゃなかろうかと思う作品です。

今後への期待度をこめて、ピックアップしています。
木の霊であるほおずきの可愛さがもうね。もうね。
いじらしくてたまんないですよ!



百合漫画部門、とかもやってみようかと思ったけど、力尽きたので、この辺で~!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。