スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスマネジを応援中です。

ついったーを始めて以降、
ブログを書くということが
だいぶ億劫になってしまいました;

と、ぼやいていてもあれなので、
久々に更新しようかなぁと、
重い指を上げてみました^-^;

WJを古舘先生の「ハイキュー!!」が始まって以降、
また購読するようになったのですが、
現在応援している漫画は、
青春ラクロス漫画「クロス・マネジ」です。

NEXTにて読み切り掲載、その後本誌にて読み切り掲載。
満を持して連載化となった作品ですが、
作風の関係か、順位には恵まれておりません。

作品において、一貫しているのは、
情熱を失った少年と、しゃかりきに頑張る少女の物語である
ということです。
こういうの待ってたの! と、私なんかは小躍りしたものです。


私の言い分をぼそぼそ話しててもしょうがないので、
どんな話なのかをご紹介したいと思います。
(画像貼りながらは初の試みなので、上手く行くかな。。。)

マネジ1


子どもの頃からサッカー漬けだった少年・櫻井は、
怪我をきっかけに、サッカーを辞めることを決意。

空虚になった心を埋めるように、
懸命になれる文化系の部活を探していた。

マネジ4

が、サッカーへの熱が熱かった分、
思うように自分に合った部活動を見つけられず、
ふらふらしていた3学期も終わりに近づいたある日。

彼は、ラクロス部の豊口深空に出会った。

マネジ2

へたくそ。
全くセンスがない。
ただ、頑張るだけ、という無茶苦茶な彼女の姿に、
櫻井はつい「上手く出来なきゃ、意味なんてない」という言葉をぶつけてしまう。

彼女はそれに対して言い返す。
「意味はあるよ。結果は大事かもしれないけど、それがすべてなんておかしい」
と。

そんなこと分かってんだよ。
分かってても出来ない自分に苛立ちながら、迎えた4月。
二人は同じクラスに。

文化部で夢中になれる何かを探そうと頑張っても、
入った部活は運悪く、お遊び程度の部活。
気持ちはただもやつく一方。
その帰り道、またもや、はちゃめちゃに練習する豊口を見かける。

あまりの効率の悪さに、見かねて口を挟む櫻井。
その結果、綺麗にシュートが出来るようになる豊口。

マネジ3

アドバイスが良かった、と豊口はご満悦。
櫻井のことを気に入り、女子ラクロス部のマネージャーになってほしい、
と迫る。

これが、第一話の流れです。

櫻井の朴訥なリアル少年っぷりも良いのですが、
何より、この作品の良さは、
みそらちゃんが可愛いこと、に尽きます。
また、ライバルキャラとして用意された
ちう先輩も、愛らしく憎めないキャラに
仕上がっていることも好感が持てます。

懐かしいほろ苦さと、
同じくらいの甘酸っぱさを思い出させてくれる、
そんな作品です。

第一話は、以下で読めるので、興味を持たれた方は、是非読んでみてください!

マンガオンライン
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。