スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今からでもよくわかるクロス・マネジ

櫻井の力は私達に必要だよ。
私達は
本気でラクロスやるんだから。


管理人が、個人的に「ジャンプ界の君に届け」だと思っている作品。

今までも何度かブログで取り上げている漫画ですが、
いかんせん、掲載位置がやばくてですね、はい^-^;

7月の改変で終わってしまうかもしれない、という
危機感ばかりが募る最近な訳です。

そ・こ・で。

今回は、WJで連載中の
ハートフル青春ラクロス漫画「クロス・マネジ」の
紹介をしたいと思います。

本誌買ってるけど、なんとなく読んでない方。
スポーツ漫画はルールを覚えるのが苦手でなんとなく敬遠しがちな方。
そんな漫画あるんだ? な方。

この漫画の魅力をご存知ないすべての方に送る
「今からでもよくわかるクロス・マネジ」を
書くことにいたしました。

現在、コミック換算で、4冊分は悠にある状態なので、
どこからどこまでを話題に出すべきか、と迷っております。

とにかく、手に取っていただかないと、
何にもならないので。
この記事で、少しでも、この漫画に
興味を持っていただければよいなぁと、思います。
(特に、コミックは表紙でかなり損しています)

長くなりますが、お付き合いいただける方は是非に。
この作品は、簡単にまとめてしまうと、
未経験者ばかりの女子ラクロス部を、
マネージャーである主人公が、
サッカー経験を活かして、強くしていく。
青春ラクロス部漫画です。

成長がテーマにあるので、
どうしても、ペースは遅いですが、
その分、主人公の立ち直りや、
ヒロインの上手くなりたいという欲求に
丁寧に向き合った作品に仕上がっていると感じています。

天使豊口の自由な表情の数々。(こういう表情をよくする→(・◇・;))
櫻井・豊口の友達以上恋人未満的な立ち位置。
櫻井・豊口を取り巻く人間関係。
ラクロス漫画、というよりは、青春群像に近いと思われます。


あんのないあんパン。
炭酸のぬけたコーラ。
ポケットのない猫型ロボット。
さしずめ、オレは、そんな人間になったんだ。



さくらい



物語の主人公・櫻井玄哲(さくらいつねのり)は
子どもの頃からサッカーが大好きで、
根っからのサッカー馬鹿です。
ですが、彼の恵まれた体格と練習熱心な性格が、
彼の体を蝕み、彼自身の体を破壊しました。

この作品「クロス・マネジ」は、
そんな彼が、
怪我という挫折による絶望から
少しずつ立ち上がろうと努力しているところから始まります。

サッカー以上に好きになれるものを探す途中、
彼は、ラクロス少女・豊口深空(とよぐちみそら)に出会います。


じゃあ、どうしたらいいの・・・?
うまくなるには、どうしたらいいの?
わかんないんだもん。


みそら



何をやらせてもてんでダメ。
出来ないのが彼女の普通。
それでも、キラキラ輝く笑顔でラクロスをしている少女。

練習馬鹿だった櫻井は、
彼女の練習効率の悪さと不器用さに
つい放っておけなくなり、アドバイスをします。
アドバイスどおりにやってみると、
綺麗にシュートが出来た豊口。


かけがえのない1球


たった1球。

だけど、彼女にとって、それは、かけがえのない1球でした。

嬉しさのあまり、豊口は櫻井に頼みます。


ラクロス部に入ってよ


女子ラクロス部のマネージャーになって欲しい。と。
もちろん、断る櫻井。
しかし、とある事情により、強制的にラクロス部へ。

詳しく知りたい方は、
以下で1話試し読みできるので、ご利用くださいまし。

マンガオンライン/集英社
  →クロス・マネジ 第1話 探し物とラクロス女


部には入らない。
頑として譲らない櫻井に対し、
豊口はめげずに櫻井を勧誘し続ける。

練習の手伝いだけなら。
根負けして、ラクロス部へ仮入部扱いとなる櫻井。

そのタイミングで、
全国一ラクロスが強い蝶蘭高校との練習試合が決まります。

無理やり練習試合に引っ張られていく櫻井。
やっと試合が出来ると意気込む豊口。

けれど、結果は、「0対49」。

試合には、最強現役高校生プレーヤーの呼び声高い
茅原和峯(ちはらなみね)の姿が。

なみね


あまりの完敗ぶりに、
ポジティブな豊口もさすがに落ち込んでしまいます。

茅原の圧倒的なプレーと、豊口の元気のなさに、
櫻井はついに、ラクロスの勉強を開始。

サッカーを本気でやってきた彼だからこそ、
豊口の上手くなりたい、という気持ちが、
痛いほど分かる。

彼女に、茅原みたいなプレーをさせてやりたい。


その矢先、女子部の手伝いをしていることを、
友達にからかわれる事件発生。

櫻井には、昔から親しい若本と関という友人がいます。

若本
関

けれど、櫻井は女子部の手伝いをしている、ということが
恥ずかしくて、彼らには話していませんでした。
2人と話をしている最中、
別の友達に、そのことでからかわれ、
いたたまれなくなり、教室を出る櫻井。

櫻井のことをからかわれ、
腹に据えかねた関が、その相手をぶん殴る。


櫻井が怪我をして、絶望の中彷徨っていても、
何も言わずに見守ってくれた親友。

なかなか前を向けない櫻井。

廊下を歩いていると、豊口に遭遇し、
つい、櫻井は豊口に問います。

お前、スゲェよな。
周りの目とか、気にしないで、やりてぇこと、まっすぐできて。


簡単だよ。
全力で、楽しむことだけに集中するの。
そしたら、周りの目なんて、気にしてらんないよ。


やっぱお前すげぇよ


シンプルすぎる回答に、ようやく、ラクロス部に入る覚悟を決める櫻井。
ここの、男友達3人衆のシーン、大好きです。


もう逃げない




やる気になった櫻井に、ご満悦の豊口。
けれど、サッカー部に戻ってきて欲しい、と、
サッカー部の女子マネージャー・早見千海(はやみちうみ)が
立ちはだかります。


はやみ



彼女の登場で、ようやく、
豊口は、櫻井が出会った頃に言っていた言葉の
本当の意味を理解。
とんでもないことを言ってしまった。
櫻井は、サッカー部に戻ったほうがいい。

そんな考えでグルグルする豊口。
けれど、櫻井は、早見先輩の説得に対し、笑顔でこう返す。

わくわくした


自分が上手くなることばかり考えていたあの頃。
でも、今は強くしてやりたい奴がいる。


早見先輩は、本当に、
櫻井の頑張りを間近で見守ってくれた人で、
だからこそ、サッカー部に戻って欲しい。
サッカーをやって欲しい。と心の底から言ってくれるんですね。

この漫画には、ハートが優しいキャラが多い。
そこが、私がこの漫画を好きな理由かなぁ。


本気になった櫻井。
彼が組んだメニューで、徐々に上手くなっていく部員達。
そのせいで退部騒動やら色々ありましたが、
春大会が始まります。

数行で端折ってしまったので、
ここらへんについては、
少しだけ好きなシーンをピックアップ。

こまつ
でーと1
でーと2
龍
さくらい2



後ろから2番目の絵の青年は、中原龍蔵さん。
一時期、豊口にラクロスを教えてくれてた人。
男子ラクロス日本代表選手です。
豊口を、マイエンジェルと照れずに叫ぶアホなお兄さん。
そんなもんで、櫻井のこと、相当嫌ってるんですねぇ。
結局、意味不明の2ON2をやることになりますが、
それのおかげで、櫻井は豊口の才能を見つけます。

それは、直感的に、ボールを貰えたら最高な場所へ走りこむ能力。
(ゴールへの嗅覚ってやつですね)


何千・何万と、櫻井が蹴り続けた理想のコース。
それを叶えてくれる相手が、こんなところにいた。
第16話「豊口お前が」は、
櫻井の苦しみやらなんやらを見てきたからこそ映える最高の回です。


始まった春大会。
練習を経て、実力を上げた藤丘高校は、
苦戦しながらも順当にリーグ戦突破。

そして、束の間の日常パート。
私が、「ジャンプ界の君に届け」だ、と言う部分は
このへんにありまして、
櫻井と豊口の凸凹カップルが、
非常ににやにやさせてくれるんですねぇ。

だって1
だって2
だって

こういうニヤニヤ成分てんこ盛りです。
NLカップリングスキーさんには最高にオススメの漫画ですよ☆


さて、作品紹介としては、こんなところかな。

現在、本誌では、
練習試合でボロ負けした蝶蘭高校との試合が描かれています。


0対49だった相手の足元をどうすくうのか。
櫻井は、藤丘高校ラクロス部の知恵の実になれるのか。
櫻井と豊口の恋の行方は……?

見所はこの3点でしょうか。
(5分以上守り抜いたことの凄さが分からない方は、
 最初の試合の点差を目安に考えるとしっくり来ると思います。)


最近は、観客に龍兄ちゃんも加わり、
わかりやすくルールの説明もしてくれています。
が、ラクロスのルールが分からなくても、読める漫画だと思います。
スポーツ漫画はルール云々ではなく、
試合の空気を感じる漫画だと、私は考えています。

なので、苦手意識は持たず、まず読んでみていただけたらなぁ、と思います。

作中では、櫻井がサッカー経験者なのもあり、
ラクロスはサッカーに似てる、と表現されていますが、
実際、プレーヤーがディフェンスをかいくぐっていく姿は、
フットボールに似ているなぁ、と私は感じています。

長くなってしまいましたが、
このへんで、終わりとさせていただきます。

是非、本誌やコミックで、
櫻井・豊口、全キャラクターの活躍に触れていただけたら
幸いです。

みてて


今週のみそらが天使すぎて、
龍兄ちゃんばりに羽ばたいているシュウがお送りいたしました!
ちょっと画像貼りすぎたかな。。。


クロス・マネジを、よろしくお願いいたします!>_<


クロス・マネジ 1 (ジャンプコミックス)クロス・マネジ 1 (ジャンプコミックス)
(2013/03/04)
KAITO

商品詳細を見る

クロス・マネジ 2 (ジャンプコミックス)クロス・マネジ 2 (ジャンプコミックス)
(2013/05/02)
KAITO

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。