スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今からでもよくわかるクロス・マネジ ルールおさらい編

えー。今回は、
「ファンだって頑張って作るよ! クロスマナブ記事」
企画ということで、
クロスマネジのキャラたちの掛け合いの下、
ラクロスの起源とルールのおさらいをしていきたいと思います。
(しかし、先生、序盤、49対0にしてた試合を、
 29対0の試合に書き換えたんだね。
 ラグビーの試合とでも勘違いしてたのかしら^-^;)

※記事中で使用している画像は、すべて、週刊少年ジャンプ本誌の
「クロス・マネジ」より引用しております。
【豊口】
ラクロス

元は北米のネイティブアメリカン達が
戦いや狩りに必要な体力・忍耐力・勇気を身に付ける為行ってきた
格闘ゲーム

クロスと呼ばれる道具を使い、ボールを運び、拾い、奪い合い、ゴールに投げ入れ、点を競う



【櫻井】
お前、ラクロスの話となると、まず、そっからだよな。



【豊口】
ほ?



【早見】
ネイティブアメリカン達の格闘ゲームを、
フランス系の移民がスポーツとして取り入れて「La-crosse」と呼ばれるようになったのよね。
今では、カナダの国技にもなってて、競技人口も増えている……けど、
日本での普及率はまだまだね。



【櫻井】
そうですねぇ。本もあんまり出てないし、ネットの情報も少ない。
俺も勉強するには骨が折れました。
男女でもルールが違うし。
でもまぁ、接触プレーが禁止されている女子ラクロスなら、
サッカーやバスケの知識がある人なら、覚えやすいかなって印象ですね。



【早見】
そうねぇ。
まずは、基本的なルールをおさらいね。
深空ちゃん、お願いできるかしら?



【豊口】
はいっ!

ラクロスは、「クロス」と呼ばれる、網のついたスティックを扱って、ボールを運んで、相手のゴールを狙うスポーツ!

女子ラクロスの試合は、1チーム12人!
1試合は25分ハーフ。ハーフタイム10分。
フィールドは横が110メートル、縦が60メートル!
サッカーグラウンドよりもちょっと小さいくらいだよぉ。
ゴールの大きさは、高さも幅も1.83メートルで、結構小さいんだよねぇ。

試合で使うスティックは、90センチから110センチの間の長さなら問題ないけど、
G以外は、クロスの深さに制限があって、
それがボールを取ったり、運んだりするのを難しくしてるんだよねぇ。
だから、常に、クレードルして、クルクルとクロスを振って、
ボールが落ちないようにしなくちゃいけないんだぁ。
私は、あんまり得意じゃないんだけどね。……はぁ。



【櫻井】
ラクロスの特徴として、
オフェンス・ディフェンスを行う人数に制限があることが挙げられるかな。
これは、本誌のクロスマナブでも触れてるけど。

リストレイニングライン

オフェンスは7人。ディフェンスもG抜かしたら7人。
エンドラインからリストレイニングライン内には、
この人数しか入ってはならない。入った場合には「オフサイド」となる。
故に、基本的に1対1の形になりやすい。
オフェンス優位のスポーツで、個々の技術が問われやすい面も多い。
この攻守の形は、バスケで連想するとイメージしやすいかな。

男子ルールだと、ハーフラインで区切るからもう少しイメージしやすいんですけどね。
あと、忘れちゃいけないラクロスの特徴としては、ゴール裏でもプレー可能という点。
今回の豊口のプレーは、
ゴール裏から回ったおかげで、Gの渡辺さんに直前まで気取られずに済みましたよね。
転ばなかったら、もっとカッコよかったけど。



【早見】
あ、ポジションの説明をしてなかったわね。
これも、クロスマナブで触れていたけれど、
ラクロスのポジションはこの4つ。
これは、サッカーと同じように考えると覚えやすいわぁ。

AT(アタッカー) ・・・ 攻撃専門のポジション。シュート力やアシスト力の高い人が向いている。
MD(ミディー・ミッドフィールダーとも呼ぶ) ・・・ 攻守に渡って走り回るため、体力があり、技術的にオールマイティーな人が向いている。
DF(ディフェンス) ・・・ 守備専門のポジション。視野の広さ・危険察知能力・相手プレーヤーをチェックするための瞬発力が求められる。
G(ゴーリー・ゴールキーパーとも呼ぶ) ・・・ ディフェンスを指揮し、網の大きなクロスでゴールを守る。唯一防具をつけるポジション。

藤丘フォーメーション


深空ちゃんがATなのは、思いがけないプレーでゴール前に出やすいからよね。
「フリースペース・トゥ・ゴールの侵害」を上手く使ってる。



【櫻井】
そうですね。
ゴールサークル内でどフリーでボールを受けられた場合、
Gと1対1の状態を作りやすいのは、豊口の嗅覚っていうか、
あの意味の分からん能力なしでは、難しいです。



【豊口】
一応、褒められてる?



【櫻井】
ん?
あ、ああ。



【豊口】
えっへっへ。そっかそっか。



【櫻井】
…………。

それで、豊口のこの能力を活かす上で、能登の精度の高いパスは外せないんです。
フィールド盤作って、覚えてもらうのには苦労しましたけど、
俺の指示をよく聞いて、正確にアシスト出来てますよね。
体力のなさは否めませんが、オフサイドっていう、ラクロス特有のルールのおかげで、能登の能力は極めてAT向きなんですよ。



【早見】
確かにそうよねぇ。
藤丘は、未経験者ばかりだけれど、それでも、個々の得意な分野を上手く活かして、よくまとまってると思うわ。
さすが、櫻井くんね。



【櫻井】
……いや、頑張ってくれてるのはみんなですから。




<参考URL>
【大阪市大女子ラクロス ルールのまとめ】
http://ocuwlax.iza-yoi.net/freshmen/rule.html
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。