スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カガミガミ FILE22 大乱戦(バトルロイヤル)

やっべーーーーーーー!
分身コダマ可愛すぎだろぉぉぉぉぉぉ!!!
グッズ化してくれーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


なんで、こんなにアンケ取れないのか謎だけど、
この大乱戦回は贔屓目なしに面白かったので、
金巻戦~グレードマッチのアンケ平均、ここよりは上がってくれると信じたいですね!
やれることはやってるから、それしか言えないよ!!!

今週のアンケ番号は「10」!
応援している方、出し忘れのないように!!!
今週は
  ・恭介カッコいい!
  ・あかりちゃん可愛い!
  ・烏丸コダマwwwwww
の三本立て。

○大乱戦
引いたカプセルは、ステージ決め兼紙コダマを配るためのものでした!
何かの憑代が入ってるのかな? っていう予想は半分当たりでした!

第一次審査と言いつつ、15人に一気に絞るんですね……。
残った15人は実戦部隊の素養ありと判断されるってことなのか。
第二次審査はリーダー決めをするんですかね。
トーナメント方式とかで。トーナメントは時間掛かるから苦手だなぁ。

先週から出てきている忍さん。
人間なのか式神なのか、地味に気になる……。明かされる日は来るのだろうか。

忍さんの説明を横取りしまくる局長www
やっぱりイケオジだなぁ。
忍さんに叱られてるの見て、烏丸「プ」って。
どんだけ、局長と仲いいねんwww

獅土さん、烏丸派だったんだね……。
あんなに口答えして、パイセンの言うこと聞けやぁとか言ってたけどwwww
烏丸三家かぁ。
姫吊はペーペーって自称してたけど、お家はそれなりに代々烏丸と懇意なんだろうね。

第1ステージ:烏丸・姫吊・獅土・日浦・???
第2ステージ:開斗・千早・比良坂・???・???
第3ステージ:恭介・あかり・狗星・小清水・???

で順当に抜けてくれるといいなぁ。
???のところには、派閥騒動で出てこなかった
アクの強いキャラが割り込んできてくれたらいいなと思っています。

しっかし、分身コダマ可愛すぎやしませんか。
なんなの、これ。全員可愛いし、誰のコダマですよって
説明されなくてもなんとなくわかるこの感じ凄い。
グッズ化してほしい。可愛い。
千早ちゃんもさりげに強い。

しかも、この情報量の中、乱戦を少ないページで描いたうえで、
きちんと話は進めてきていますからね。
やっぱり、この先生、構成力高いなぁ。
この時代的には、地盤を整えるまでが丁寧すぎるのかもしれないけど。
でも、この丁寧さが私は好きだしなぁ……。

烏丸の「スッと負けよ」発言はどこ吹く風w
自分から場外に出るのは構わないけど、やっぱ、蹴っ飛ばされたのは腹立ったんですね。
日和見とか言われてるけど、年相応に負けず嫌いで血気盛んやんwww
たっくん、可愛いわーwwww

3巻分費やして掘り下げた恭介の人物像がここに来て生きていますねー。
狗星みたいな理不尽野郎と対面して、
激昂して主人公らしいセリフをたくさん吐いていて、ついついきゅんとしてしまいます。
良いイケショタだよ。
まじかっけーわ。
こういう子大好き!!!
ただ、場外に吹っ飛ばした相手はKO扱いにならないのか―……と少しガッカリ。
1体場外、2体KO。20Pt。そりゃねーぜ。
あかり救出に向かう前に恭介が何体倒したかは結構重要な要素になるな……。
知らぬ間に狗星のポイント抜いてたら凄いんだけど。

あかりちゃんの氷能力、ホント優秀ですねぇ。
しかし、狗星はあそこの家はここの家は……っていちいち覚えてるんですかねぇ。
めんどくせーな、こいつってついつい思ってしまう。

メンタル削いで、自我と戦意を奪うのが彼の戦い方なのかもしれませんが……、
女の子相手にやるとこがすげー下衆くていいですね。
今回、コダマロイヤルでよかったわ……。

お父さん想いの良い子っていうのがクローズアップされたあかりちゃん。
幼女あかりが眩しいほどに可愛くて、私はどうしたらいいのか!!!

あかりコダマも特徴あって好きだなぁ。

力でねじ伏せられてしまう絶望感。
それを救ったのは、恭介!

いいねぇいいねぇ!!
土曜日が楽しみだよーーーーー!!!
やっちまえ、恭介!!!

俺も、この類の人間は大嫌いだぜ!!!
スポンサーサイト
コメント

いつも本当に有難うございます

こんばんは、初めまして。

一昨日シュウさんが、カガミに関して辛辣なつぶやきをしていたある方に対して、私の言いたかったことを代弁して下さっていたのをお見かけし、そこからこちらのブログに辿り着きました。

当方岩代先生の作品が好きで、カガミガミにも傾倒してしまった者です。

ツィッターはしていないのですが、カガミガミに関するつぶやきが読者としてはやはり気になり、たまにそれらを検索して覗いておりました。
人の意見は十人十色、肯定的な意見もあれば当然否定的な意見もあります。
そこに関しては当方も承知しているつもりですし、否定意見を排除するつもりはありませんでした。
しかし、カガミガミに関しては、というより岩代先生の作品に対してはその限りではなく、否定意見のほとんどが内容を読んだ上での批判というより掲載順を面白がったような非常に悪質な中傷に近いものです。
当方普段は某有名掲示板やネットで作品の評価など気にしたことがなく、一連の悪質なつぶやきから岩代先生がみえるひとの頃から遡ってこの10年ネットでネタにされ中傷されていることを最近初めて知り憤慨しておりました。

そして件の方のツィッターでのつぶやきも同様に少し見当違いな上に、内容はカガミの作品名を挙げた上でただ貶すようなもので、当方も以前から非常に腹立たしく悔しい思いをしておりました。
そんな折、シュウさんが件の方にぶつけた意見は当方も予てより思っていたことで、非常に胸のすく思いでした。

前置きが非常に長くなってしまいましたが、まずは件の方のつぶやきに対しての反論を有難うございました。
もう一つはカガミのために尽力して頂いていることに本当に感謝しております。
シュウさんの行動には頭が下がる思いですし、同時に自分も頑張ろうという活力にもなっております。
当方アンケは今まで出したことがなかったのですが、シュウさんの言動を見て今ではカガミのためにアンケを出すことが習慣になりました。

出来ることは微力ですし少ないですが、共に頑張っていきたいと思います。
またちょくちょくブログの方に来させて頂ければ幸甚です。

それでは乱文・長文にて失礼致しました。

Re: いつも本当に有難うございます

コメントの確認が遅くなりまして恐れ入ります。
管理人のシュウです。

コメントありがとうございます。
この度は先週のあの問題ツイートからのブログ訪問ということで、誠に嬉しく思います。

かがみなんちゃら先生に関しては、元々ジャンプ感想サイトをやってらした方なので、そこからずっと対応の仕方が変わっていないものなのだと思います。
それは、ただの一般人であれば許されたと思いますが、仮にも文筆業でご飯を食べていて、そのことを記載したうえでのアカウントで発言することは、何か違うかなと違和感を覚えていたのが、今回爆発してしまった次第です。
非常に申し訳なく。

元々、私も発言が竹を割ったようなタイプなので、敵を作りやすいのですが、こうして肯定のコメントをいただけると、とても励まされた心地がします。
ちょっと仕事でもストレスが多くて、最近ホント体調面もフラフラだったので、二重にも三重にもです。

時間がなかなか取れず、更新タイミングがバラバラではありますが、いつでも閲覧に来ていただけましたら、幸いです。

ブログコメントでのやり取りでも構いませんので、またミュウ様とお話が出来たら嬉しいです。

こちらこそ宜しくお願い申し上げます

ご返信頂きまして有難うございます。

文筆業に携わっているようなお方が、なぜある種同業者の方に対して、さも一般人と同じように上から目線で語っておられるのか理解に苦しみますがね・・・
消費者である前にこの方はペンで生計を立てているのですから、そこにはやはり配慮するべき部分は必要であると考えます。
私はシュウさんの提言はその通りだと思いますし、詫びる事などないと思っております。

とんでもございません。
私などは傍観者に徹することがほとんどで、カガミに対する嫌な発言があっても反論するということもなく、奥底にモヤッとした感情が溜まっておりました。
そんな折、シュウさんの発言を見て励まされたのはむしろこちらの方です。
本当に有難うございます。

カガミに関しては24話をきっかけに烏丸の人気がツィッターでも徐々に見え始め、それに伴い好意的な意見も増え始めているのが非常に嬉しいですね。
比べるのもおこがましい気はしますが、大ヒット作である「黒子のバスケ」も当初キャラに対する人気からヒットした面もありますから、それに続いて欲しいという願望はありますね。

正直きっかけは何でもいいと思います。
キャラに対する愛着だろうが、作風の好みや作者補正であれ、そこから「作品自体」を深く知っていただければ。
と、まあ偉そうなことな言いましたが、現状そんなこと言ってられる余裕がないのが何ともつらいところ。

こちらこそコメント欄など通してカガミのことでも何でもお話できれば幸いです。

最近また台風が発生した上に猛暑も続いておりますし、体調には気をつけてくれぐれもご無理などなさらないよう、ご自愛ください。 
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。