スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は映画日和(その2)

行ってきました、劇場版CLANNAD先行上映。
先行だからあんまり細かいこと書くべきじゃない……かな?
(まぁ、原作ファンしか見ないんだろうからネタバレしようと大した障害ないと思うけど)

とりあえず、見ながらついうっかり呟いてしまったのが

『面倒くせー男だな』

でした(^^;)
個人的には朋也くんは好きになれそうにありません。
万年反抗期のクソガキにしか見えなかった。
ある意味孝之以上のヘタレ? 5年はないわ。
……まぁ、ギャルゲーだし?
女の子可愛ければオッケーなのかな?
それとも、単に映画が極端すぎるだけ?

映画館よりお家で見るほうがいいかもね。
エヴァは劇場で見たほうがいいと思うけど。

あとはネタバレ含みつつ、下に羅列します。
読まれる方は、続きをぽちっとな。


*劇場内編
・ポスターもらった(^^;)ファンじゃないから要らねー(苦笑)捨てづらいし、困る(拒否すればよかったんだよなぁ……うっかり受け取っちゃった)

・……隣の人がむちゃくちゃ足広げてきてイライラした。序盤はポップコーンぼりぼり食ってるし、気になって仕方なかった。


*映画に関して
・坂は自分で登れよ。どこの病んでる子かと思ったよ(笑)

・相変わらず出崎節は健在(出崎節好き)もっと渋いの担当してくれれば断然面白いだろうになぁ。なんで、わざわざ萌え系……(大人の事情だろうけどさ)

・声優さん上手かったです。野島健児上手くなったなぁ……(これに尽きる)中原麻衣の団子大家族がむさ可愛かった(絵がつくと全然印象変わるね。声だけ聞いたら怖いと思うんだが)モノローグ的な部分が多いのもあり、声優さんの腕の見せ所って感じが強かったのは好感持てました。

・上でも挙げたけど、団子大家族の歌初披露の時の渚のノリが可愛かった。あれのおかげで私は寝ずにいけた(笑)

・メインヒロインだけにストーリーはシンプル。先が読めるだけに、もう少しスパイスは欲しかったかも(^-^;)その分が団子大家族の歌だったのかもしれんが。泣き所に困る話だなぁっていうのが、一番かなぁ……。結局、どこで泣かせたかったんか。

・親父との確執が徐々に解けていくのかと思いきや、ラスト近くまで無視を決め込み、結局親父さんが男を見せた形になったなぁと思った。


うん、まぁ。
総じて、主人公にほぼ見せ場なし。
ギャルゲーらしいっちゃらしい展開で、娘にようやく会いました。
正直、5年もほっぽらかしには引いた。
なんというか、こう……何かが足りない感じ?
勿体無いっていうか、なんていうか。
映画だからどうしても短く纏めなくちゃいけないので、その点は理解しますけど、まさか、原作もこうじゃあるまいな。。。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。