スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンロードは違法?


補償金はDRM強化よりまし?――私的録音録画小委員会で議論


「ダウンロード違法化/iPodの補償金対象化」がほぼ決定した件と、ITmediaの記事で抜粋されている発言についての補足


あうあう(^-^;)
前々から気になってはいたんですが、ダウンロード違法化って、どの範囲までのものを違法と判断されるんだろう?

補償金制度に関しては、2の方の言い分読めば、とりあえず納得できるけど(権利者と消費者の歩み寄りとして、それが最良ならばしょうがないよねっていうレベルでの納得ですけどね)確かにこの方の言うレベルでの補償金ならば、こちらも納得しますよ。
個人的にコピーガードとか掛けられるほうがうざくて困るし。
レンタルならまだしもちゃんと買ったにも関わらず、コピーガードのせいでダビれないことが過去にありましたからね……。
2の方の言うとおり、ダビングに手間が掛かるようになれば、音楽に対して興味の薄い人たちは一気にこの手の業界から手を引くと思う。
売れなくなるのは困るくせに、そうやって自分の首を絞めようとしているのを見ると(笑)

業界の将来性を鑑みれば、補償金つけて、それ以外の規制はなしよ♪(課金制度追加のことです)ってやり方が一番筋が通ってる。
ただし、この赤字は譲れない。
これ以上に幅を利かせるようだったら、権利団体、マジで許さん(苦笑)
2の方も書いてるが、補償金として徴収したお金が何に使われているのかも公開すべき。

・権利権利と言いながら、一体何を管理し、どこに還元されているのか。

この点は明瞭であるべき。
大体、本人が作ったものまで、誰かに許可得なければ駄目ってこともあるってどんだけっすかwww


さて、補償金制度の話はここまでで。
ダウンロード違法化についてなんですがー。
P2Pに関しては前々から言われているし、もうその論理がマンセーな状態だから何も言えないけど(P2Pも使いどころさえ考えれば、いいソフトウェアになったと思うよ。使った人たちの用途が悪かっただけで)

ダウンロード用に公開されているわけではないものを抽出して、ネットに繋ぐことなく自PCで再生できる環境にしてしまうことは、アウトだろうって思いますよ。

でも、ダウンロード用に公開されているもの……有料ならMP3用の曲、無料ならネトラジとかかな?
ここで意図されているのは、販売されているMP3のことだろうと思いますけど、無料のは対象に入るん?
正直、CD要らずで曲だけ買えるシステムは、MP3普及した現在ではとってもありがたいシステムだし、それこそ、インターネットの力の本領発揮どころだと思うんですけどねー。
これからはどうあったってデータ社会だし。
でも、データに課金なんて出来ないから、そこをなんとか締めてしまおうっていう思惑が見えてしまって、その点であんまり気分良くないなぁ。

2の方の記事にあるとおり、パブリックコメントってやつにコメント入れるしかないかなぁ。


(プリキュア久々に見てるけど、やっぱり、キュアドリームは凄いよねぇ。心の広い子はヒロインであるべきだよね、やっぱり)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。