スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SchoolDays

niceboatは伏線でした。
こんばんは、シュウです。

事件云々関係なしで、あれは地上波放送無理です。
正直、言葉には惚れ惚れしましたけど、作った人間は何を考えているんだろうと、そんなことを思いました。
とりあえず、タイトルは不相応かと思います。
どのへんが学園物なんだよ。
エググロじゃん(失笑)
話題に上ってたんで、最終回だけ見ちゃいましたよ(^^;)
誠は最悪。
世界は自分可愛い可愛いな感じで、うざかったです。
(最終回だけ見た結論)
言葉はね、病んでるし、なんつーか、あははは、うん。
世界が妊娠したってのは結局想像だったのかな?
2、3ヶ月なら確かに掻っ捌けば確認も可能かもしれんけど。。。
そこまで進んでいるとは考えづらいし。
まぁ、そんなん関係ないか。
誠を殺した時点で、言葉にとって、世界は生きてる価値なし、だろうから。。。
とりあえず、おすすめはしないかなぁ(苦笑)

只今、ムシウタで清浄化中……。
ムシウタ面白いです。
小説読んでみようかなぁ。


一晩寝て、とりあえず、感想書いてみました。
エログロ感想なんで、見たい人だけ続きをどうぞ。












・ゲーム的なエンドとしては我が子へエンドと鮮血エンドを混ぜた感じが1番近い?
確かに我が子へエンドの後、言葉がやりかねない、とも言える行動を取った気がするんで、ある意味納得はしました。
しかし、世界は大変な人を相手にしました。
相手は殺しのプロです。
敵の凶器をまず奪う、は戦闘の基本。
それをそつなくこなせる時点で、言葉は次元の違う生物です。

・ゲームはマルチエンディングだが、アニメは……。

ゲームはマルチエンドだからこそ、バッドエンドの秀逸さが映える。
けれど、アニメはそれ一本が作品としての結論、と取らざるを得ない。
だからこそ、ギャルゲーなどのアニメ化が不向きなのであって、こういった部分ではなんでもかでもアニメ化アニメ化の風潮を控えるべきではないかなぁと考えさせられる部分だった気がする。
このバッドエンドのために、今までのこと全て描かれてきた、と思うと、作品にする価値は正直あったのだろうか?とも思う(見ていない人間が言うことではないが)
作品のメッセージ性なんて絶対的に求める必要はない、が私の持論ですが、それでも、今回の場合はちょっと(^^;)

・誠が『妊娠』という単語を聞いて、言葉に逃げた(?)点
11話を見ていないので、会話の内容からそう仮定して見ていた状態です。
高校生男子だし、妊娠なんて単語出されたら逃げたくなるのは当然かなぁとは思った。
むしろ、高校生じゃなくても取り乱すヤツなんて五万といるだろうし。
だけど、当然のように中出ししておいて、子供が出来た原因を世界に全部押し付けている辺りが誠最低(このへんはコメントで補完した情報)
種がなければ子供は出来ないんですよ、お兄さん。
そんなに嫌ならちゃんと避妊なさい。
ただし、子供が出来た、というので男の気持ちを繋ごうとした世界も世界かとは感じた……。

・修羅場
女ってなんで女に当たるんだろうねぇ。
私、あれが大嫌いです。
だから、世界が嫌いなの(笑)
あそこは言葉を殴るところじゃないと思う。
誠を殴るところだろ。
それが出来ない時点で駄目ですわ。
でも、世界の前でベロチューしないでください。
あれはさすがにないです(笑)

修羅場でひとつだけスカッとしたのは、言葉が私の言いたいことを言ってくれたこと。
やっぱねぇ、仲介した人の取る行動じゃないと思うんだよね。
仲介しといて、よくあそこまで(妊娠?)出来るよね。
言葉は直接的だけど、世界は間接的な感じで好きになれないなぁ。
人脈利用して色々やってくんな。

・世界の『私は悪くない』
私は悪くないシーン。
私は悪くないって言うヤツは、悪いことやった人です。
正当化最低。
最初は……とか、そんなん関係ないんですよ。
お前の行動で精神崩壊した人間がいる。
その事実だけでオッケーなんじゃない?

・病院紹介
言葉怖し(笑)
妊娠が本当かどうかのカマかけだったんでしょうけど、やっぱり、それを手配しようとする言葉はちょっと怖かったかな(笑)(←でも笑っている人)

・誠改心?
最初からそうしていれば死なずに済んだのに。

・『ごめん                                       さよなら』
♪かなし~みの~
っていう原作曲合いすぎです(^^;)
試写会では修正なしなんで、刺したところとかも丸見えだったらしい。
テレビ放映版は回想で上手くぼかしましたねー。
しかし、誠はここまで女を回したんですか、と思える回想でした。
大してかっこよくもないし、性格ももてる系統じゃないのに、性欲だけは持て余してて気持ち悪いなぁ(なんでか無駄に女の子に好かれているところ・ギャルゲーの基本ですけど。誠の場合は遺伝子の問題でもてるという話を聞きましたけど)ってのが感想かなぁ。
腹1回、背中1回、馬乗りで2回(?)
正直、衝動的な犯行、というにはやりすぎな感じの……(^^;)
明らかに恨みを持った人がやるような殺し方です。
反撃が怖いから息の根が止まるまで容赦しない感じ。
常人なら一回刺した時点で我に返るところ。
それだけ、世界を追い詰めた、とも言えるのかも知れませんけど。
殺したって何の解決にもならなかった、よ……。
(引いたコメント少なくて怖かったです。あんな悲惨な殺人シーン、私久々に見たんですけど)

・誠携帯『屋上で待ってる。』
勿論、言葉が送りました。
ラストステージです。

・バッグの中には誠の首
正直、誠の首を切った言葉の心境を考えると切なくて仕方なかったです。
言葉の力じゃ、誠を運べないから首だけ切って持ってきたんですよね……。
いかれてるけど、やりきれないです。

・なんでもやらせてあげたという世界の発言
それって、ただのさせ子じゃん。って思ったのは私だけ?
ありえません。
馬鹿すぎです。
そんなんで、彼女面してたなんて信じられない。
だけどね、それは世界の判断での行動だろうから、最終的に誠のせい、とかはヒドイと思うんだぜ。自分の行動の責任は最後まで持ちましょう。
しっかし、そこまでして気持ちを引きたかったのか。

・そして、ミッションコンプリート
『確かめさせてください』が正直1番怖かった。

慌てて包丁を構える世界
焦らずに包丁を弾く言葉

これだけでレベルの違いが(笑)
凶器は鉈?
どこを切ったのかは修正で見えないようになってました。
殺した後に、お腹を開く言葉。
『中に誰もいませんよ』発言は……。
うひゃひゃひゃってしか言えんわ!(大きなため息)

・最大の伏線・Niceboat
まさか、これを意図していようとは思いませんでした。
誠の首を抱いて、船で流されていく言葉。
たぶん、あのまま言葉も死んだと思います。

一体、この作品のどこに、幸せはあったのだろうか……?



妊娠って自覚するのは月経の関係で最低でもひと月経ってないと無理なんですよね。
世界は一体どのくらい前からやってたのかって話になる。
ひと月も経ってないで、妊娠した発言したんなら世界怖い、だし。
2、3ヶ月経ってるなら、掻っ捌けば中に確認は可能かなぁ(人は黙認できなくても、赤ちゃん育てるためのベッドが出来ているので)とか、そんなことを考えました。
(作品内での時系列がわからないのがなぁ)

ああ、一体私は何の感想を書いているんだろう(苦笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。