スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけそま更新報告





更新しました(^-^)

・無色彩カンバス
第3篇Chapter7を更新。
舞ちゃんの清香に対する感情は、友情×恋愛(+じゃなく)、なものだから、余計にやるせないっていうかなんていうか。
助けたくても助けられない憤りってありますよねー。
まぁ、結論としては、居てくれるだけでいいんだよってことなんだけど……。
それプラス、清香と修吾の接点が明らかになる回でもありますー。


・La voce di Angelo
トップの詩を伊織の台詞に変更しましたー。
バギさんがあんまり可愛く描いてくれるものだから、これは、もう、使わないと、みたいなね(笑)
ハーちゃんって、すっごく愛されている人だと思います。
それぞれ、ボタンを掛け間違えてしまって、たくさんのすれ違いもあったけれど。
小説は第十一章 第十節更新です。
もう、正直言って節タイトル『お姫様――電気がなければ、ただの人』ってフレーズを使いたかったがための展開とも言える回です(笑)
電気がなくても、常人離れなんだけどね、この人の場合(^^;)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。