スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本好き、というよりも、本屋好きに読んで欲しい漫画

本屋の森のあかり 1 (1) (講談社コミックスキス)本屋の森のあかり 1 (1) (講談社コミックスキス)
(2007/06/13)
磯谷 友紀

商品詳細を見る


本屋の森のあかり 2 (2) (講談社コミックスキス)本屋の森のあかり 2 (2) (講談社コミックスキス)
(2008/01/11)
磯谷 友紀

商品詳細を見る



相変わらずの一目惚れ買いです。
給料日前だろうと関係ねーさ! ハッハー!!

『私の好きになったそのひとは人間より本が好きでした』

このキャッチコピーに惹かれ、一軒目の本屋には二巻しかなかったため、一巻を求めて二軒目へ向かいました。
その判断は正解でした。
面白い。
本好きにもいいだろうけど、私みたく、本屋好きな人間にはたまらない。


いろいろな人がいます。

・本を読むのが好きな人。
・本屋の雰囲気が好きな人。
・本を作るのが好きな人。
・本を集めるのが好きな人。
(考えればもっとたくさんあるんだろうなぁ)

私が色々な本に出会えるのは本屋さんがあるからで。
書店員さんが色々な工夫をしてくれるからこそ、本達は日の目を見られるんですよねー(^-^)

大人のための少女漫画、と作者さんが言っていますが、まさにこれはその通りのものですね。

しかし、モリゾー副店長は一日に10冊もの本を読んでいるというが(月300冊読むらしい)
いつ寝るんだろうなぁ(遠い目)
月300冊読んでも、毎日出版される本たちには追いつけないんだもんなぁ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。