スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨だよ~

春雨~?(^-^;)

濡れながら帰ってきました。
ジャンプスクエアとP2!の6・7巻、ディグレ14巻を買って。。。

ジャンプスクエアに関して思うことは、『どの客層を狙ってるの?』ってことだな、うん。
このままだと、MJの二の舞になるぜ?
個人的には、今月から始まった吹奏楽の漫画に期待。
そして、TISTAが非常におすすめの漫画です。
テガミバチもだが、単行本がまだ出ていない漫画の中では、TISTAが一番かなぁ。




P2!-let’s Play Pingpong! 6 (6) (ジャンプコミックス)P2!-let’s Play Pingpong! 6 (6) (ジャンプコミックス)
(2008/03/04)
江尻 立真

商品詳細を見る


P2!-let’s Play Pingpong! 7 (7) (ジャンプコミックス)P2!-let’s Play Pingpong! 7 (7) (ジャンプコミックス)
(2008/03/04)
江尻 立真

商品詳細を見る


読みました~。
ストーリー的なプラス要素はなし。
でも、やっぱり、川末さんの『それでも口惜しいならそれはお前の才能だ』が最後まで尾を引いた。
本当に、この言葉は才能のない人間からすると、最高の言葉だと、思うよ。
もっとページに猶予があれば、ヒロムのカッコいいところも見られたんだろうになぁ。

私は負けず嫌いが大好きです。
口惜しい口惜しいって見苦しくてもいいから、もがける人間。
そういう人間が、成長するんだと思うんだよね。
……きっと、いつでも心に保険を持って生きている私だから、それに焦がれるんだと思う……。

でも、だからこそ、口惜しいって思った時、その気持ちだけは逃さないように生きようと思える。

そういうことを教えてくれる漫画だなぁって思う。

しかし、結局、ヒロムとアキラと乙女ちゃんの立ち位置がいまいちわからんまま終わったなぁ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。