スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、しよ?

君のぞOVAのあのシーンがなんであそこまでうざく感じたんだろう?
と、ぼけーっと考えていました。

答えはシンプルでした。

水月ルートで発される、名言的台詞なのに、それをあんな場面で使いまわしたこと。
それに尽きます。
(とか言って、私は水月ルートクリアしてないんだけど。アニメでは見た)

あの「さよなら」は遙の勇気から発された言葉でした。
そう思うんです。
その言葉を知ったその女の子は、世界で一番優しい人間になれた。
そういう意味を持った、優しくて、強い台詞だと思います。
それなのに、その台詞をあんな場面に使いまわすなんて(^^;)

シナリオ書いた人のセンスを正直疑います。
好きだったからこそ、残念でならなかったんだろうなぁ……。
あのシーンに至っても良かったけど、でも、あの時口にされる言葉は、ああでないで欲しかった。

個人的に、終結を迎えたお話の更に続きなんて、やっぱり蛇足でしかない。
そういうことなんだなぁと思いました。
やっぱり、高校の頃の話を掘り下げるとかそういうファンディスク的なOVAにして欲しかったなぁ。
もうどうしようもないんだけど、そう思っちゃうな(^^;)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。