スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLUE DROP 天使たちの戯曲

BLUE DROP 天使たちの戯曲

ひかりoneのテレビサービスを利用開始したので、試しにアニメをポツポツと購入して見てました。
最初、1・2話が無料だったから見始めたんですが、結局最後まで見てしまいました。
(はぁ……人間とはとかく矛盾に満ちた生き物です(ツバエル風)試験勉強はどうした)

(^^;)
あの、なんで、この作品、そんなに騒がれてないの?
演出が古典的だから?
ジャンルが百合系だから?

久々にアニメを見たので、現在のアニメのレベルは全く知りませんが、これはガチで面白いです。
ところどころ、展開的にえぇぇぇ~?ってところはあれど、純粋に最終回の流れが上手すぎる。
前(前の前?)の話で「すぐ戻ってくるわ」と笑顔で言った人が、最終回で飛び出していく時は、安心させるとかそんなの無しで「……さようなら」を口にした。
あのシーンがすごく印象的でした。
最後も微妙にぼかしていて……そこの余韻が上手い。(萩乃は死んじゃったっぽいけどな……。ただし、生きていて戻ってきたっていう解釈もギリギリ出来るような気もした)

萩乃が抱えていた心の闇を、マリに伝えていく過程とか、その辺の心情描写が表情から感じ取れるのもグッドで、他人に傷をさらけ出されたことによって、ひたすら涙に暮れてしまう萩乃が可愛すぎる。
そして、それを何も言わず、戻ってくるまでサポートし続けるツバエル。
ツバエルの萩乃への忠誠心はすげー。
……この作品は萩乃に始まって萩乃に終わる作品ですな……。
マリがいればこそなんだけど、沢城みゆきさんがね、もう……上手すぎるんだよ!!
なに、あの美声。

22歳かよ、これで。デビューした時中学生とか。調べてビックリしたよ。
天才って……存在するんだな。いや、努力の上に成り立っている実力なんだろうけど、この若さで役の幅広さが尋常じゃなさ過ぎる。
無茶苦茶年上だとばかり思ってたからビックリしました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。