スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSYREN-サイレン- CALL.18 ”自分の番” 感想

ジャンプ買ったのが朝だったので、読みたいのから読みました。
個人的テンポとして、展開詰まりしている漫画が前半にあるのがすごい歯がゆいです。
読んでてテンポ悪い(^^;)

サイレン⇒ダブルアーツ⇒サムライうさぎ⇒ワンピース⇒半分から前の漫画⇒半分から後ろの漫画って読むと、個人的にテンポが良いように感じる。
自己満足なんだけど、会社から帰ってきて読む時は適当に前から読んだけど、朝の時間使ったら、自然とそうなりました。
むっちゃどうでもいいですね(笑)
言いたいことは只ひとつで、テンポ早くお願いしますよってこと(^^;)
とはいえ、全部の漫画がテンポ早くなったら、それはそれで雑誌としてはバランス悪いんですけどね。

とりあえず、今週から、サイレンは別カテゴリとすることにしました。
書くことが多くなってきたので。嬉しい悲鳴です。


サイレン
桜子さん(のふともも)から目が離せない。

『大丈夫
 私 闘うの 慣れてるから』


今週は、この一言に尽きる。
慣れるわきゃねーだろうがぁぁぁぁぁっ!
うがぁぁぁぁぁぁぁぁッ!

ってなる来週のアゲハが目に浮かぶよ。
桜子さんが救われたのは命じゃなくて、心だったんすよね。
どんなに言っても、誰も信じてくれなくて、一人投げ出される荒野で、生きるためだけに闘って、怪我だらけで学校生活に戻って。
友達は作らない。その上、いじめ紛いの嫌がらせは受ける。
家に帰っても、誰もいない。たった一人で、膝を抱えて泣くだけ。

そんな彼女に、再び子供の頃のような暖かさが戻ってきたんだ。
そりゃな、あなたたちのために闘うと言うさ。
タツオの弾数をライズでかわしまくって減らして、装填まで時間稼ぐ算段かと思ったら、いきなりハートアタックを仕掛ける桜子さん。
テンポが良くて凄い楽しいです。
でも、PSI使いすぎで倒れる予感がビンビンしてるので、来週はうがぁぁぁなアゲハに乞うご期待(^-^)

桜子さんがトランスを使おうとしたところで終わったので、ここで一旦、PSIに関して、整理しようと思う。
桜子さんが狼兎で説明してくれようとした14号を参照。

* 烈破のバースト *
* 心波のトランス(14号では心破だったが、今週号で心波となっている) *
* 強化のライズ  *

『PSIはこれら3つを基礎として構成されている』らしい。
ただし、これが基礎となる力、と言うも、実際問題、桜子さんとマツリ先生が認識できている範囲はこの3つだ、、、という可能性が高い。
サイレン世界をクリアしたドリフトはいるものの、それでサイレン世界を全て網羅できているかといえば、そうではないから(^^;)
これは、後付けでどんどん能力を増やせる、、、という作り手からするとかなり自由度のある設定なわけだが、読み手の好みによっては、そこがはっきりしないとやきもきする人もいるみたい。
因みに、私はそういう能力属性には然して興味がないので、増えても全然バッチコイタイプ。
ナルト並みのなんでもあり設定にならなければいいです。

イメージを具現化するのがPSIとのことなので、想像力豊かな人のほうが能力的なレベルが高い可能性がある。
そのため、役者である朧が才能ある、、、と、どっかの坊やに言われたのも頷けるというもの。
アゲハに関しては、そういう才能は皆無と言っていいかな(^^;)
その分、他の人とは異質な能力に目覚める可能性があり、個人的にはその能力が目覚めるのが待ち遠しい。

*烈破のバースト
基本的なイメージは攻撃系。
念動力とか、発火能力とか。
イメージを具現化するのであれば、もしかしたら、凍結とかもできるかもね。
わりかし、自由度が高そうなのが、バーストだと思う。
ヒリューみたく、攻撃ではなく、人を補助するような使い方も出来るし、タツオみたく、銃でガンガンぶっ放すのも可能。(PSIのパワーを装填する道具なんてどっから手に入れたんだっていう疑問が湧くが)

因みに、異質(集中してではなく、感情に任せてぶっ放そうとすると、脳がいかれるらしいが、アゲハは軽度で済んでいる)とは言われているものの、アゲハの力はバースト系だと思われる。
または、バーストとライズを複合して無意識に使えてしまっているか。
この辺が気になるから、早く、アゲハには大成して欲しい。

我らが桜子さんはバーストが苦手。苦手と言いつつ、ブラックな図形を描いてくれましたが。


*心波のトランス
テレパシー。
脳に働きかけるのが主な性質。
アゲハと交信してくれちゃったのも、桜子さんがこれが得意だったおかげ。
脳に働きかけるってことで、ドラクエ的に言うと、メダパニとかマヌーサ、ラリホーなんかが挙げられるかな。
他のジャンルから例え持ってくるのもあれだけど、きっとこの方が分かりやすい。
上手くやれば、封神演義のダッキみたく、テンプテーションで惑わせるとか、そういうのも可能なんじゃないかな?
桜子さんやればいいのに(笑)

トランスが得意な敵が現れた時は色々大変そうですね。


*強化のライズ
バイキルトーーーーーー!!

筋力を一時的に上げたり、視力を上げたりする力。
治癒力を上げるのもこれらしい。
回復技を覚えるのは可能ってことかな?
ただし、現状で、他人に働きかけるライズを使ってみせたのは、朧を助けた坊やだけ。
通常のライズで可能なのか、ライズと相性が良い人間しか使えないのか。。。
能力としては、相当稀少だと思われる。

桜子さんはこれも得意なほうと言っているが、それでも、2・3回使用してぶっ倒れたので、大得意といえるほど相性は良くないと思われる(それよりも前に連発していたら別だが)


今週はテンポも小気味良く、読者サービスふんだんでした。
朧、きめー(笑)
あーうん、まぁ……あれだな。
アゲハはそっち方面じゃ、そういうポジションだと思う(笑)
思ったのはそれだけ。苦労人だな、アゲハ(笑)
苦労人ポジション大好き。
見捨てるなんてできるかぁ……!って、カブトと言い合いしているアゲハを見る朧の眼差しで、この人がもし敵になるとしても、すぐではないな、と確信しました。

サイレンの絵って、かなり線強めで描かれている印象があるけど、これは意図してるのかなぁ。。。
5人パーティーになって、かなりバランス取れてきたように思います。
先週のカラーも戦隊物っぽかったしな。

熱血漢で苦労人のレッド(アゲハ)
カッコつけで頭の切れるブルー(ヒリュー)
リーダー的存在のホワイト(桜子さん)
我儘お調子者のイエロー(カブト)
<強くなりそうなため>はぐれ者になりそうな雰囲気のブラック(朧)

気が違ってない時の桜子さんでも、首をガシガシやるのはアゲハだけなんだ。
私はそこに萌えを感じるんだ(笑)
女の子のそういう横暴なところが好き。

しっかし、カブトはライズ使ってもいないのに、どういう視力してんだ。
足も速いみたいだし、これでライズでも覚えたもんなら、すっごいことになるんじゃないかな。
カブト登場のおかげで、桜子さん取り合いが激化してて面白いっす。
調子の良さが重苦しい状況のこの話を明るくしてくれてる。

アゲハはあんまり思い悩まないタイプですよね。
すぐ考え込んじゃうヒリューとはすごく良いコンビ。
見捨てられるか…!って言うところとか、当然のように人を助けに行くところとか、彼の本能なんだろうなぁって思うと、少年漫画の主人公だなぁって思ってほんわかします。

しかし、桜子さんの、ふとももから目が離せないなぁ(括弧すら外した)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。