スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景品

赤マルジャンプで読者アンケート出したんですが(確か、サムライうさぎと中島先生の読み切りのために出した覚えが。。。)
それの抽選結果により、なんか届きました。
私、何にしたかすら覚えてないよ(^-^;)
だって、景品興味ないもの。
たぶん、ハンカチ?かな、これ。

既に打ち切られて消えた漫画が、4つも載っててすごい悲しくなる。
ただ、こうして絵だけ並べると、どがしかでんが一番好きな絵だなぁって思いました。
(バスケ漫画を描くには見せ方の勉強が足りなかったのが残念でしたが)
スポーツ漫画ってホント、ヒロインの活かし方難しいよね。
どがしかでんはお嬢がすごい可愛かったのに、目立ちようがなくて、最終話で水着とか大放出だったの見て、すごい悲しくなったことを今更ながら思い出しました。
私の中では、
 サムライうさぎ > どがしかでん > 勇者学 > ダブルアーツ
だったなぁ……。
勇者学の先生は凄いジャンプに貢献してたけどね。
2話掲載とか。超こき使われてて不憫だった。
サイレンネタを使ってくれたりした良い先生でした。
そういえば、来週読み切り載るんだったな!

ダブルアーツは10話ぐらいまで好きだったのに、一気に内容が薄っぺらくなって、残念だったな。
なんというか、あんまり先を考えずに連載始めた感がありありと出てしまった感じがしました。
纏める気無しの最終回は、ある意味伝説ですね(^-^;)


さて、なんか当たった話はこのくらいとして。
エムゼロを読んでいて、ひとつ考えさせられる話があったので、ここで。

叶先生は、カラーを描くのを断ったけど、結局描くことになってしまった、というようなことを書いていました。
そのカラーの絵はよく覚えています。
トラブルがこれ見よがしに水着絵だったにも関わらず、エムゼロはしっとり浴衣で、露出する気ゼロだったので。
すごいよく覚えてる(^-^;)

カラーを描く分、作業が増える。作業が滞る。
ってことなのかなぁと、推測。

確かに。分かるけど。(私も話が進む以外の作業に興味が無いタイプなので)
ただ単に、作業的にカツカツなトコに、そんな作業が追加されたら、大変なんでしょうね、単純な話。
それを考えると、10週に1・2回は表紙を飾っている漫画の作者さんってどんだけー、って感じですな。ペンが速いのか。体力があるのか。
叶先生は遅筆らしいので、無駄な作業が増えるのは嫌だったんだと思う。

だがしかし、困ったことに、カラーの扉絵とか、ただ扉絵がついているだけでも、やっぱり読者の目ってのは止まるもので。。。
それを省きがちになってしまう、岩代先生とかを見ていると、本当に。。。
終盤で扉絵なんて付ける余裕はないのかもしれないけど、それを省くと、更に自分の首を締めることになるという悪循環(遠い目)

作家的に、カラーの作業は無駄。
読者的には、カラーはあったほうがいい。

作家的には、一枚絵より話を進めたい。
読者的には一枚絵が見たい。

思った以上に、食い違うなぁ……(^-^;)
でも、読者の欲求を満たしたほうが、生き残りが出来るようになっているシステムなんですな、ジャンプは。
個人的には、無駄を省いて漫画のみを書き続けるスタイルのほうが、創作者としてあるべき姿とも思ってしまうのですが、商業誌的にはブッブーって感じなんですよね。
難しいもんだ。

こんな話を出した理由は簡単。
ひと月後、岩代先生のカラーが見られるのかどうか。
それが気になるから、この話を出しただけ。
とはいえ、新連載と被ることも考えると、運良くセンターカラーが貰えるのかどうか。
その一点だけだな、期待できることは(^-^;)
表紙・巻頭をもらっても終わっちゃったP2!を見てから、どんなことが起こっても、大丈夫とは思わないようになりました。

ああ、グダグダになっちゃったな。
もう少し、ちゃんと考えて書けるようにならないとな。


岩代先生と中島先生と江尻先生と叶先生が他の雑誌行くってなったら、喜んでついていくよ、私は。
八神先生が、他誌に行って、一山当てていたことに気付いた時は、なんか色々こみ上げました。
子供の頃、好きでした。密・リターンズ。編集の変なテコ入れさえなければ、良作で終われたのにね!
愚痴りだしたら止まらないぜ、ホント。
打ち切り作品に好きなものがありすぎだ。
スポンサーサイト
コメント

こんばんは!

こんばんは☆

単純にカラー絵見たいなあと思っていたのですが、作者のことを考えると確かに大変そうですね・・・。アイシールドの村田先生なんてマンガも描いて更にジャンプポスターやらSQのポストカードやらヘタッピマンガ研究所とか・・・特にファンではないですがなんだか心配してしまいます。しかも手抜きを感じさせないのがスゴイなあ・・・と。あとなんとなくブリーチが表紙を飾る率が高いような気が。あの作者も筆が早いのかな?
叶先生のカラーイラストはとても綺麗。話の作りも絵も丁寧で上手だと思います。

P2!はもったいなかったですね・・・。結構好きでした。スポーツものはもうジャンプではムリ?切法師はすごく期待したマンガだったのにあっさり終わってショックでした。しかしあのときはアンケート出してなかった・・・後悔。
サムライうさぎも地味目ながらじわっとくるいい作品でしたね。思い返すと自分が応援していたマンガが結構打ち切られているのが悲しい・・・

サイレンはどうにか頑張ってほしいですね。しかし岩代先生のコメントで体調不良のようなことを書いてたのが気になります。読む側としてはひたすら応援するしかない!

打ち切りについてシュウさんの書かれた記事も含め、色々考えさせられました。

おお……

コメントありがとうございます(^-^)

勝手にぼやいてただけだったので、まさか反応があるとは思いませんでした!
いや、ファンとしてはカラー欲しいですよね!欲しいです!
でも、週刊連載のハードさを考えると、先生無理しなくていいからーーーー(>_<)って言いたくなっちゃったりもして、複雑なファン心理です(^^;)

好きな作品の打ち切りは指折って数え出すとキリがないですねー。
昔から、子供にウケないような人情くさい漫画が好きだったので、被害は甚大です(^^;)(子供が好きな漫画も好きだったんですけど)
それでも、それまでは気にしていなくて、アンケのシステムのことを知ってからも、しばーらくはなんとも思ってませんでした。
編集が見る目ないんだなぁ、程度で。
でも、「みえるひと」で(^^;)
エージ、ガクやツキタケのエピソードも用意してあったのに、アンケの事情で一切日の目を見ることなく終わってしまったことを実感した時に、凄く悔しかったんですよねー。
だから、今は、とにかく応援するだけ!って感じです。
岩代先生に栄養ドリンクの差し入れでもしたほうがいいのかな。。。(迷惑か)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。