スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプSQ 12月号

すっっっごい久々に買った。

創刊号とかは酷いもんでしたけど、読まないうちにだいぶ層の厚い雑誌になったみたいですね(^-^)
これなら毎月買ってもいいかも。

貧乏神が!
WJ出張読み切りは個人的にそんなでもなかったけど、こっちは面白いですね。
(読みきりに関しては感想サイトさんがどこも誉めていて、私の感覚をかなり疑ってしまった)

新連載・アイレボ
これだよこれー。
今のジャンプに足らないスポーツ漫画。
週刊じゃ無理だけど、SQでは頑張って欲しいなぁ。
ただ、主人公の一人称・オレはさすがに(^^;)

幻覚ピカソ
主人公、女だと思ってた……。

テガミバチ
勝手にやれよ、この仲良しコンビが!
今、ファンタジー漫画でどれ推すかって訊かれたら、やっぱりこれが一番ですね。
ニッチの姉、胸でけー。

ペルソナント
この人、読み切り向きなんだねー。
女の子の絵が相変わらず可愛い。

屍鬼
怖い怖い怖いー。
コミックのちょうど続きって言うのが、販促としては上手いなーと思います。

ウィンドオーケストラ
これ、好きです。
地味に応援してます。
どうか、順当にお話を消化してくれますように。

このマンガがゼッタイ売りたいんですー
これ、結構参考になります。
本屋さんでも確かにプッシュしとったなぁとか思って、買う気になる。
ちはやふるも、本屋でプッシュされてたの思い出しました。
百人一首カルタ取りの話とは知らんかったけど。
スポンサーサイト
コメント

こんばんは!

こんばんは☆
またまたコメント失礼します。

SQなんとなく創刊号からずーっと買っています。
目当ては「テガミバチ」と「屍鬼」だけだったんですが、他にも結構面白いのがあったり打ち切られたり・・・。「TISTA」はすごく好きだった。(シュウさんも過去記事にTISTAおすすめって書いてて嬉しかったです^^)暗い話だけど最後に小さな光が見えるような最後が心に響きました。

アイレボ、第1回面白かったです。今応援したいマンガの一つになってます。スポーツマンガ最近見ないので色々と楽しみです。いつ、「オレ」が「あたし」になるのか・・・^^
幻覚ピカソ、確かに主人公は最初の新連載予告で女の子かと思ってたのでびっくりでした。このマンガは不思議な面白さがあるなあ・・・と最近目覚めました。
テガミバチ目当てといいつつ、最初に読まないという不届き者です・・・;このマンガはコミックスでじっくり読むのが好きで。SQでたまについてくる特製コミックスカバーやポスターが目当てだったり・・・。浅田先生の絵大好きです。
ペルソナント、結構面白かったです。なんとなく何回も読んでしまった。これ、連載には向いてないかなーと思いましたが。あの作者はバトル向きじゃないのかなあと思っています。少年が世界を変える、という所が青臭くて個人的に好きです。ダブルアーツといい、女の子かわいいですよね。エルーの鳥頭とか(寝癖)。
屍鬼、小説などはほとんど読まないんですがこれの原作は読んでるんで、マンガではあれをどう描くのかって所に注目して読んでいます(特にグロ描写)。あと所々突っ込みどころを毎回用意しているのが個人的に楽しみ^^「封神~」と違い今作は藤崎先生、原作通り忠実に描いてて(マンガにするにあたり、多少の変更はありましたが)、しかも原作知らなくても分かりやすく描いているなあと感心しています。

なんだかいつも長文で読みにくくてすみません・・・!

ども~(^-^)

コメントありがとうございます。

SQは仕事が忙しくなったのと、ひと月500円出してあのクォリティなのが耐えられなくなって、5月くらいから買ってなかったんですよねー。
もう創刊から1年経ってしまったのかと思って、ビックリしました。

「TISTA」
(^-^)
私、暗い話ドーンと来いや☆なタイプなので、ああいう重い話大好きなんです。
書く側はいろいろ大変だったと思うんですけど。
最後のほうの話の纏まっていく感じには、鳥肌が立ちました。
久々に短くて、よく練られた良作に出会えました。
打ち切り、という話も聞かれますが、個人的には、あのくらいの長さでほっとしたって感じでしょうか(^-^;)

「アイレボ」
これで、カオルくんが女だったらどうしようって思いながら読んでました(^^;)
しかし、男子スケートでスカウトされるほどのジャンプ力って、どんだけー(笑)
フェンス飛び越えを見て、伊藤みどりさんを思い出してしまいました。

「テガミバチ」
そういえば、時々おまけでカバーとかついてきますもんね☆
私、ああいうの、はがすの忘れたまま、回収に出しちゃうタイプなんで、後で気付いて、ああああああー!って叫ぶこと多いです(^^;)

テガミバチは、SQで出会って、一気にはまってコミックを買い揃えた作品です。
以前、バスケ漫画を描いていた作者さんだったので、まさか、こんなに練りこまれたファンタジー漫画を描かれているとは思っても見ませんでした~。
ニッチも好きなんですけど、私はシルビィ派(^-^)

「屍鬼」
なんか、どっかの雑誌に屍姫っていうのがあって、時々、タイトルを打ち間違えそうになることがあります。
私は原作は全く分からないので、普通に漫画で楽しく読んでいます。
夏野の田舎の子がやってそうな、腰履きのパンツスタイルを見る度に、怖いはずなのに微笑ましい何かを感じてしまいます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。