スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ever17は本当の名作です。

『だったら、生きろ。
 生きている限り、生きろ。
 大丈夫・・・・・俺は―――俺は、死なない。』


倉成武の良さは、台詞なんかじゃ語れないわけですが、
このシーンの鳥肌の立ち具合は物凄かったのを覚えています。

彼のお調子者で、それでいて熱っ苦しい性格が大好きです。
間違いなく、ギャルゲ関連のゲームの主人公では、私の中でナンバーワンです。

RPGも含めてもいいくらいですね。
ゲームで台詞のある主人公中では一番好きだと思います。
要するにドツボなんです。
理想の男、であると同時に、理想の人間でしょうね、彼は。

ホント、未プレイの方には是非やってほしいです。
熱血主人公好きにはたまりませんよ、この主人公。
ただ、ギャルゲと思って買った人は途中で挫折してそうですけど(笑)
私はギャルゲと嘗めていて、3プレイ目あたりからの噛みあわない設定に、
やきもきして、真相を知りたくなり、コンプリートした人間です。
ああ、あの時の鳥肌をもう一度味わいたいなぁ……。

(関係ないけど、クロノトリガーとか昔のRPGって、主人公の台詞全然ないのに、
 大好きだって思わせたりするすごさがあったなぁって、最近すごく思います)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。