スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は~、おねだりはあんまりしないんだ、ホントだよ?

おねだりじゃなくて、私の場合はごく当然のようにその恩恵にあやかる方法を考えてます(末っ子気質)
……まぁ、時に冗談だったにもかかわらず、部長におごっていただいてわたつくなんてこともありますけど(遠い目)
あれはあれでいいんだ。
私以外の人も恩恵にあやかったんだから(そう思わないとやってられない出来事だった)

『部長もお昼一緒に行きませんか?』
忙しいからと断られ
『なんだ。おごってもらおうと思ったのに』

ホント、冗談だったのに。
一葉さんが出てきた時はびっくりしました。
同期の子が狼狽しながら止めてくれたのが面白かった(反省してないだろ)

いやいや、ひとつだけ反省したさぁ。
僕の言うことは、あんまり冗談に聞こえないらしいっていう反省なら山ほどねぇ(なんでか、ミズキ口調)

うん。
まぁ、ふざけるのはやめにして。
上司との接し方が難しいのがそういうところだなぁと思いました。
気をつけます。


さてさて、そんな話から入りましたが。
話の本題はそこではなく。
私、バギさんにほぼ初めて、絵をおねだりしました。
くれって(くれ、かよ)

ツヴァイの絵(TOP絵の元絵に近いほう)を頂きました。
色気がね。

色気がね。

ご馳走様です。美味しくいただきました。

何がいいって、脇だろ、脇。
セクシィさんだな、ツヴァイ。
この脇と、この表情だけで私結構頑張れるよ(何を)

そして、寝ぼけていて、この絵の本当のトラップに先ほどかかりました(昼寝した)
ツヴァイの服……クリーム色だから、肌色っぽくて。
しかも、服の赤の部分がリボンと同じ色なもんだから。
リボン以外何も纏っていないように見えるトラップを踏みました(誤爆)

ツヴァイ……。
なんて天然小悪魔なの。
でも、そこが好きなのよ。

バギさん、ツヴァイ、もっと描いてくれてもいいですわよー。
他のキャラでもいいけれど、手隙の際はぜひよろですわぃ☆
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。