スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけそま更新報告



無色彩カンバス、Chapter.18を更新いたしました~(^-^)

しばし、停滞が続いてしまったため、
第4篇、柚子のお話は少しグダッとしてしまったなぁと反省中です。
柚子の過去のお話とかは、出せれば出したいし、
作中で柚子が言っている通り、
言う必要がないのなら描かれなくてよいものと思っています。

柚子の憧れる世界は、学生時代、私が見た世界と同じものです。
自分が後悔しているからこそ、
柚子にはそれを存分に味わってほしい。

大切なのは、今なのだということ。

常套句でありながら、人はそれをすぐ忘れてしまいます。
出来ることならば、
日々噛み締めて生きていければいいですよね。

私は静と動で表現すると、
どちらかといえば、静の人間です。
なので、むしカンの中で一番感性が合うのは修吾でしょうか。
柚子と修吾は性質的に似ています。
柚子の修吾への第一印象は間違いありません。
けれど、少し違うのは、
柚子は夢に対して揺らぐことのない強さを持っていること。
修吾はこれから自分の弱さと闘っていかなくてはいけません。
そんなところも書いていければいいなと感じつつ。

あ、書くのが楽なのは舞ですね。
彼女は割り切りがかなり上手なので書きやすいです。
女の子の人気者っていうのは、書きやすいなぁと思います。
気配りレベルが半端ないんですよね、しかも、天然気配り。

勇兵は他者視点だととってもいいキャラなんですが、
彼視点で話を書こうとするとなかなか難しいです(^-^;)
彼は色んな意味でジョーカーかもしれません、私の中で。

はー、疲れてるからか、饒舌(苦笑)

来週は更新お休みします。
すみません、ちょっと今週と来週は本気で忙しいです。
予定していたストック積みもままなりません。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。