スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“文学少女”と神に臨む作家 上

“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫)“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫)
(2008/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


まだ読んでる途中ですが。
展開がどうのとかそういう感想よりも
「行き詰まる」を「煮詰まる」って用法間違っているとこが気になって、
内容が頭に入ってこなくなっちゃったじゃないか、どうしてくれるんだ!

煮詰まったら、もう出来上がりに近いじゃないか。
細かいことは気にしないタイプなんですが、
これは、正直細かくない(^-^;)
出来上がっているのに挫折して消えていく作家たち……。
うーん……。言いたいことは分かってるんだけど……。
だからこそ、余計に、って感じか。

ま、まぁ、自分の知識が足らないだけで、
他にも誤用はあるんでしょうし、
自分だって山ほど間違ってるから偉そうには言えないけど。
なんというか、文学作品を下地に敷いて書いているプロの作家さんに
そういうのを間違って欲しくなかったなぁっていう、
私の我儘ですね。

日本語も日々変わっていくし、
誤用がいつかは正しい意味になっていくんだろうな。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。