スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「源氏物語千年紀 Genji」

先週たまたま見てはまりました。
(笑いのツボ的な意味で)

色んな意味で面白いことになってます。
出崎節もここまで来るとギャグだなー(^-^;)
白鯨伝説とか、ああいうファンタジー系なら合うんだろうけど。
夜中なのに大笑いしてしまいました。
先週の「六条」といい、今週の「夕顔」といい……。

光源氏の気の多さはさておくとして、
源氏物語の女性の魅力は本当にすごいから困る。
(愛した女性全てを囲うという甲斐性を見せた
 源氏は素直にすげーと思うんですけどね)

葵の上は年上ツンデレ。
六条御息所は年上ヤンデレ。
夕顔は薄幸の佳人。。。
(夕顔の話は覚えてなかったので、Wikipediaで引っ張りました。なんだか、切ない素性の方で泣けた。葵の上(源氏の奥さん)のお兄さんの側室なんだってさー……)
藤壺との切ない恋は結構同情を誘う……。
次回登場かなぁ? と思われる紫の上は、藤壺に似てるんだったかなぁ、確か(^-^;)
目を掛けた理由は結構酷いなぁって思うんだけど、そっから、あの『紫の上作戦』が生まれるわけでして(苦笑)

『理想の女性に出会えないなら育てればいいじゃなぁい by光源氏』

とはいえ、そこから本当の愛に変わっていく。
そこも見物なんですよね。
確か、紫の上が亡くなった後は、源氏も出家したんでなかったか。
そのくらいのピュアラブは二人の間にはあったようなので。

紫の上は作中では一番好きな女性です。
幼少時の無邪気さがたまらないほど可愛らしいので。
アニメのほうでも、ギャグにされることなく、可愛らしさ100%であることを期待してます。
六条様のギャグ系描写が偲ばれてなりません。。。
素敵な女性なのに、酷い!(苦笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。