スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱唱熱唱。

バギさんとカラオケに行ってきました。
本気カラオケ。
シダックス4時間パック(笑)
まさに闘い。

ジュース待ちのため、一曲目は2人とも入ってこられても困らない曲でスタート(以前はバギさんはそんなの考えずに済んでたんだけど)
私はコブクロの『太陽』から行きました。
歌って思ったこと。
ここのカロリー消費の値、やたらとでかくねぇ?(^^;)
私、『太陽』で10キロカロリー以上行くの見たの初めてでしたよ。



ジュースが来たので、眠気覚ましアンド声出しのため、アニソン系統投入(バギさんは現ヒーロータイムソング)

『鳥の詩』(AIR)
『小さな手のひら』(CLANNAD)
『ハレ晴レユカイ』(ハルヒ)
『恋のミクル伝説』(ハルヒ)
『残酷な天使のテーゼ』(エヴァ)
『輪舞』(少女革命ウテナ)
『YOU GET BURNNING』(機動戦艦ナデシコ)
『地上の戦士』(サクラ大戦Ⅴ)
『Heart To Heart』(To Heart2)
『勇気の神様』(ときメモ2)
『CHA-LA HEAD-CHA-LA』(ドラゴンボールZ)
『燃えてヒーロー』(キャプテン翼)

(これらの曲にピンと来た方お友達になりましょう。あ、上4曲は曲が好きなだけなので、わかりませんけど(苦笑))

覚えているのはこのへん。。。
正直、声が死んだ(笑)
だって、これに加えて、コブクロ(10曲くらい入れた。はもり計画のため、主旋律を歌う必要があり、ひたすら熱唱)・アンダーグラフ・RYTHEM・SOUTHBLOW・スキマスイッチ。
ぐっふ……。
それで、私、気づいたんです。
私、声休めの曲がねー!!Σ( ̄□ ̄)
むしろ、こんだけ熱唱曲ばっか歌って、よく声もったね、みたいな!(自画自賛か)
覚えないと。楽な曲も……。


エヴァ・ウテナ・ナデシコのゴールデントライアングルを形成した時点でご満悦でした。
しかも、どれも超声出して歌えたので満足。
この三つはねー、最も恵まれたアニメ期のものと私の世代は思っている方多いはずの頃のものなんですよ。
私はこの中では、当時はナデシコが好きでした。
うえだゆうじさんが声出していたのもあったし、何よりストーリーがよかった。
ギャル漫画っぽい要素で敬遠している方いるみたいなんですけど、勿体無いですよ、正直。
あのアニメの燃えを感じて欲しい。
もう伏線がバリバリ繋がっていく終盤はまさに神展開でしたよ。
ルリルリ三部作のお話も可愛くて好きだったな。
ほのかな恋の味って感じで。
ウテナも好きだったなー。
絵も可愛かったしねー。
ああいう可愛い絵で女のドロドロ部分を素直に描かれると弱いですね(笑)
また設定が少女マンガしてるのも良かったな。
そのくせ、ウテナの燃えと萌えっぷりが最強だったし。
川上とも子さん、素晴らしい。
でも、彼女を際立たせたのは明らかにアンシー役の渕崎さんサマサマなのは言わんと知れた事実。
何より、皮肉った内容がよかったんだろうなぁぁ。
エヴァは、ね(^^;)
ラスト2話頑張って欲しかった(笑)
それさえなければ色々印象変わったと思う。
完成度から言ったら、ナデシコ・ウテナのほうが上でしたね。
有名になったのはエヴァだったけど。
(基本的にスケジュール調整できないアニメはあまり好きになれません)

……は。
しまった。また勝手に語り祭りになってしまった。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。