スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河鉄道の夜

「カムパネルラ、
 また僕たち二人きりになったねえ、
 どこまでもどこまでも一緒に行こう。
 僕はもうあのさそりのように
 ほんとうにみんなの幸(さいわい)のためならば
 僕のからだなんか百ぺん灼いてもかまわない。」

「うん。僕だってそうだ。」

カムパネルラの眼には
きれいな涙がうかんでいました。

「けれどもほんとうのさいわいは一体何だろう。」

ジョバンニが云いました。

「僕わからない。」

カムパネルラがぼんやり云いました。

「僕たちしっかりやろうねえ。」

ジョバンニが胸いっぱい
新らしい力が湧くように
ふうと息をしながら云いました。


銀河鉄道の夜で、最も好きなシーン。
友人に見せてもらった、宝塚の銀河鉄道の夜~春~もすごく面白かったです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。