スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画七冊一気読み

三連休満喫しました。
やり過ぎってくらい、余暇に費やした(^-^;)

今日午後はひたすら新刊を読み漁りました。
明日のプレッシャーからの現実逃避です。。。


ささめきこと 4巻 (MFコミックス アライブシリーズ)ささめきこと 4巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2009/03/23)
いけだたかし

商品詳細を見る


発売日は明日ですが、本屋さんに並んでいたので買ってきました。
(手違い? 月後半は発売される漫画が多いので、仕方ないかなぁって感じがする)
アニメ化、らしいです。
作品自体はとっても好きなんですが、最近のアニメ化の基準がさっぱりわからんのが実際の話ですね。
4巻は……汐の葛藤が可愛いなぁって思いましたが、ここまでテンポが良かっただけに、過去編挿入は要らなかったなぁ……っていうのが素直な感想。
でも、本当にきゅんきゅんする話を描かれる方なんで、5巻にて、お話が進むことを楽しみにしてます♪

汐のトラウマはリアルでした。
あと、ストレートに言わないまでも、表情とか言動にそういうのが出ちゃう人とか、やっぱりいますよね。
汐はてっきりただ可愛い子を見掛けて騒いでいるだけで、告白なんてしたことない人かと思っていたので、今回のエピソードは少し驚きました。
あのトラウマがあっては、言うのは難しそう。
そう考えると、すみちゃんから、しか考えられないわけですが、彼女は見守ることを決めてしまっているし。
これ、どこでどうすれば動くの?(^-^;)とかやきもきです。
見開きとかの演出がすごい上手い方なので、本当にきゅんきゅんさせられてしまう。
(お気に入りは3巻の、汐がすみちゃんへの恋心を自覚して、夜空を見上げる見開き演出)


つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
(2009/02/24)
紺野 キタ

商品詳細を見る


ささめきことの横に並んでました。
これもよく見たら、発売日が……(^-^;)
とっても静かで穏やかな作品です。
読んでると非常に心が和みます。

だって愛してる 1 (フラワーコミックス)だって愛してる 1 (フラワーコミックス)
(2009/02/26)
彬 聖子

商品詳細を見る


別コミで第1回だけ読んだことがあった作品。
彬先生の作品は結構好きです。
温度が合うって言葉がしっくり来る感じです。
どう転がしたいのか分からない作品でもあるので、2巻に期待ってところでしょうか。
コータのキャラが立ち過ぎていて、現時点では凛が押され気味……。
コータはおっきいまちゃるで、凛はちっちゃいあっちゃんだなぁとかそんなことを薄ぼんやり思ってました。

Piece 1 (1) (フラワーコミックス)Piece 1 (1) (フラワーコミックス)
(2008/12/24)
芦原 妃名子

商品詳細を見る


長くなるので、別記事に書きます。

弱虫ペダル 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
(2009/03/06)
渡辺 航

商品詳細を見る


坂道は、状況から何かを考えるってことが出来ないタイプですね。
もう少し頭が柔らかいといいのだけど。
でも、そのハンデつきでもこなしちゃうところがすごい。

ボクを包む月の光 7―「ぼく地球」次世代編 (7) (花とゆめCOMICS)ボクを包む月の光 7―「ぼく地球」次世代編 (7) (花とゆめCOMICS)
(2009/03/19)
日渡 早紀

商品詳細を見る


春ちゃん好きとしては、春ちゃんの扱いに泣きたくなった(苦笑)
もう、とっくの昔に立ち向かって乗り越えたはずなのに、この扱いはないよー。
日渡先生、輪の成長にばっかり目が行ってて、大人連中の成長を一切考えてないですよね。
シウのしたことは確かに最低だったけど、それより以前にシ・オンがした最低な行為があることも、個人的には忘れて欲しくないのです。
誰が悪いかなんて、もう既に過去のことなんだから、そこを取り出す必要はないわけだけど、なんか見てて悔しかったから敢えて書いちゃう。
しかも、春ちゃん、せっかく呼ばれてきたのに、結局ありすが解決しちゃうって……。
春ちゃんは何のために呼ばれたんだー……。

しかし、極悪輪は、やっぱり未だに最強なんだなぁ……。
事情はわかるけど、私はやっぱりあの頃の輪は好きになれない。
認識は出来るけど、理解はしてあげられないってやつです。

学園アリス 18 (18) (花とゆめCOMICS)学園アリス 18 (18) (花とゆめCOMICS)
(2009/03/19)
樋口 橘

商品詳細を見る


過去編によって全てが繋がっていきますね!
過去編はやっぱり出来うる限りお話上で意味を持つものであってほしいです。
思わず書きたくなってしまうものではあるけど、書いて意味がないのであれば、出来ればナシで……とか思ってしまう。
20巻くらいで終わって欲しいとか言っちゃってたけど、普通に面白くなってきたので、ここで伏線を繋ぎきってクライマックスへ駆け抜ける過程が、今からとても楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。