スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSYREN感想 CALL.69 転生の日② その他感想

最近、伊達眼鏡にはまっています。
出来る限り、視力は落とさずに、素通しの眼鏡を掛け続けたいですね。


今週から始まった『めだかボックス』には期待!
面白かった!
問題は今後の転がり具合だと思うけど。
ただし、あれは誰がなんと言おうとツンデレではないと思う。
と、あえて言っておく。
あれはツンデレじゃないだろ。。。
どう見ても、天然ボケだろ。
大体、読者がツンデレって思うのはいいんだが、
作中で、ツンデレとか確定するのはどうかと思うんだよ。
というぼやき感想。


感想は続きから。
PSYREN



断言する。

69話中、

今回の話が一番面白かった。

と。



1話からずっと見続けてきた読者にとってのカタルシス。

人類文明が滅んだ理由。
全てが空に落ちていった、の意味。

それら全て集約し、勢いよく描き切った。
読んでて楽しかった。
おそらく、描いてるほうも楽しかったのではないかと。

予想通り、隕石激突ではなかった。
落ちたら、地球壊れちゃうだろうから、そこはやっぱりと言うところで。
しかし、ミサイルで撃墜しようとした結果、ああなってしまった……という流れが、とても悲しかったですね。
落ちるはずのない物が突如軌道を変えて突っ込んできたんだから、その対応で間違いはなかったんだと思うけど。

転生(REBIRTH)と反転(REVERSE)を掛けているんですね。
リバースデー。
世界は生まれ変わり、そして、反転する。
なかなか小憎い演出やなぁとか思ったり。

ウロボロスの中に、大気中にばら撒かれているPSIが入っていたのか、それとも、地上に広がった謎の物体は星に寄生する何かなのか。(クロノトリガーのラヴォスみたいなイメージかなぁとなんとなく思っています)
ますます、目が離せなくなってまいりましたね。


気になるところで、引きまくってくれる先生、ホント、したたかになったもんだ!(笑)

マツリ先生はもしかしたら敵側に行ってしまったとか……?
あの電話の後、アゲハたちが行方不明になってしまったことから、サイレン世界まで生き延びて、どうにか彼らを助けようとしたんじゃないだろうかとか色々考えてみるものの、マツリ先生の最初からチートなPSI能力を考えると、敵として登場、はかなり燃える展開かなぁなんて思います。
仮に、の話ではあるけれど、もしそうなのだとしたら、桜子さんが発狂しそうで楽しみ(お前は……)
ランが語ってくれるそうなので、来週に期待ですね。
ランは「俺たち」と言ったけれど、傍には誰もいないことを考えると……?

あと、外せないのがタツオ再登場ですね!
遂に、ヒリューさんがドラゴンになる日がやってまいりました。
全体的に良い展開だったのに、タツオの『頭のない龍が~』のくだりで盛大に噴いてしまった。
タツオって、可愛い顔して絶対に黒いですよね。
お前はずっとオレの下にいろ、とでも言いたいんでしょうか。
頭はお前、胴体はオレって言っちゃったヒリューさんが全ていけないんですけどね。

新しい服を着てるし、新しい武器も持ってるってことは、どこかの生き残りに助けてもらったとかそういう展開なんでしょうか?
タブーのコアついてるのに、受け入れてくれる人なんているんだろうか。
もやもやするなぁ……。
二ヶ月くらい経ってるから、タツオの髪の伸び具合、こんなもんかなぁ?と思ったんですが、男の子って、そんなに伸びるの速くないかな?
髪伸びるの速いひとって、えろいってジンクスありましたよね。
じゃ、タツオはそれで(笑)



【その他】
・めだかは上で書いたので省略

・ワンピース
文句なしで面白すぎる。
最後のページのテキトーな感じの兵士の叫びが好きです。
『何か画期的な格好』
超テキトー。

・ナルト
うーん……。
申し訳ないんだが、長門の言いたいことには同意できそうにない。
同情はする。
けれど、それだけだ。
彼の受けたペインとやらがどれほどの痛みかは知らん。
知りたいとも思わない。
彼の弱さが招いた道であるようにも見えるので、世界が悪いなんて言葉、簡単に言って欲しくない。
大体、大事な友達の死体を操って戦場に投下するとか、個人的には、常軌を逸し過ぎていて、言葉に困る。

ただ、ここでダンゾウの名が出てくるところを見ると、そろそろ敵の本丸に主人公たちが近づいていくのかなぁなんて思っていたり。

・いぬまる
今週のくだらなさ、最高でした。

・ブリーチ
はぁ、またトーシローくん、負けちゃったのかと思ってハラハラしましたよ。
よかった(^-^;)
砕蜂、大丈夫かなぁ。
この漫画、どうして、主人公のバトルが一番面白くないんでしょうね?
未だにそれが不思議でなりません。

・黒子
古武術キター。
スポーツ物の定番ですよね。
火神のチェンジオブペースからのカットインは燃えました。
なんで、あんだけでかくて、こんなに速いの、こいつ。

・スケットダンス
……なんというか、何がやりたいのかわからないまま、読まされている感じがして辛い。

・アイシールド
高見・桜庭コンビには毎回泣かされる……!(>_<)
私は、凡人と称されてしまう人たちが必死にあがいて強くなっていく姿が好きですよ。
つーか、高見、よかった。
出番が来てよかった……。
スラムダンクのメガネくんのスリーポイントシュートの回を髣髴とさせる人です、彼は。

・フープメン
ユーホの切り返しにしびれた。
自分を乗り越えるための、初試合。
いいね。こういう話、大好きです!
なんというか、黒子のバスケはエンターテイメント。
フープメンは等身大、な感じが良いですよね。
主人公の性格がどうのって言う人を見掛けますが、彼はここから成長していくキャラだから、今はこれでいいじゃないって思ってしまいます。
ただ、位置が……危うい感じで心配ではありますが。

スポンサーサイト
コメント

お久しぶりです

久しぶりのカキコミです。一応二度目ましてなんですが、ほとんどはじめましてです。改めて真日と申します。

私は今週の話は正直つまらなかったです。隕石が原因てそんな壮大過ぎるってか、ふる…失礼しました。でも日本の一介の青年が作った組織が、ここまでするのはちょっとリアリティが無さ過ぎます。海外にだってサイキッカーはいるし、アメリカなら隕石を察知できなくても有事の際のシェルターぐらい用意してあるだろうし。

岩代先生もサイレンの初回のアンケートで「十二歳以上の日本人か?」と出しているので、ちゃんとわかって描いているんだと思います。先生ならきちんと話を畳んで、どんでん返しをしてくれると信じてます。
でも、アンケートが物凄く不安です。きちんと読んでいる人なら、これでpsyrenがつまらないとは思わないでしょうが、サラっと読んでいる人だとどうかと思います。もし私がこの回だけを読んだなら、爆笑する気がします。不安です。

>マツリ先生はもしかしたら敵側に
エルモア・キッズ達の表情を見るとあまりいい感情を持ってない…?という感じです。でもそれをランが話すということは影虎さんも関わっていますよね。赤マルを見た後なので、影虎さんとキッズが敵対する展開にはなって欲しくないです。

>マツリ先生の最初からチートなPSI能力
マツリ先生は、初めてサイレン塔に侵入しドルキと遭遇した時、攻撃を避けるだけで精一杯だったので、その後の修行を考慮してもエルモア・キッズ以上とは思えないのですが。

>タブーのコアついてるのに、受け入れてくれる
話を一つに集約する方向ならマツリ先生。
全く別々のアプローチで行かせるなら自我を失わず逃れたタヴーのコミュニティなんてどうでしょうか。


>ナルト
いきなりすみません。
私、長門だけを悪いと言い切れないんですよね。
もちろん大量破壊兵器を作ろうとしたり、世界の全てを巻き込もうとするのは言語道断です。でもそれを木の葉が咎めていいのかと。
上手く言えないんですけど、戦争って正当な理由があっても、一般人に巻き込まれる人が絶対出てくるものですよね。
長門に聞いて初めて、ナルトはそういう人々の存在に思い至ってるように見えます。大国の軍人の一人でありながら。それはかなり問題ではないでしょうか。

どーもー。

>真日さん
基本的に、コメントいただくのが少ないブログなので、コメントくださった方のことはきちんと記憶しております(^-^)
お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

私、はっきりしないのは好きじゃないので、最初に申し上げさせていただきます。

感想というのは、主観的なものですので、面白い面白くないは人の嗜好で容易に変わるものです。
なので、私が面白いと感じても、面白くないと感じた人はたくさんいるだろうとも思います。
そこを議論しても無駄だし、全然楽しくない部分です。
なので、真日さんが面白くなかったと仰る分には、私は「そっかぁ」としか返せません。
ただ、分かって欲しい部分として、面白いと言っている人のテンションを下げるような発言をわざわざする必要はありましたか? とだけ、申し上げさせてください。
勿論、今後のアンケを心配しての部分が含まれていることも分かりますが、やっぱり、自分が楽しんでいる部分に水を差された気がして、少し悲しかったです。

前置きが長くなりました。

私が面白かったと言ったのは、「みえるひと」では見られなかった、先生の描きたかった部分まで辿り着けたのだな、という実感があったからに他なりません。
物語の核心でもある部分なので、これで票が取れなかったとしたら、それはそれで仕方ないことと思います。本当は嫌ですけど!

>隕石で滅ぶか?について
本当に弥勒が騒動の真犯人なのか?という問いかけが出来ます。
仮に、弥勒の起こした組織が全てやり遂げたのなら、それはそれで、すげぇって言ってやればいいんじゃないでしょうか(笑)
その辺のお話は今後どんどん掘り下げていけるところなので、この時点でそんなすぐにチープなんて結論を出す必要はないかなぁと私は思いますよ。
個人的にはようやく折り返し地点、という印象を受けましたので。
それに、世界中に生き残りがいるのかいないのかも、現在、日本にいるアゲハたちでは把握も出来ませんからね。

>マツリ先生
マツリ先生がドルキに遭遇したのは、サイレン世界を旅した中腹あたり(岡山あたりと書いてあるので)の話だったと思います。
その頃の、マツリ先生の実力では3人を相手に出来ず、逃げるしかなかった……と考えることが出来ます。
実際、現実世界でプールの水を全て浮かして球状にしたり、貯水タンクを壊しても涼しい顔をしていたことを考えると、彼女の能力は相当高いです。
エルモアウッドと比較は出来ませんが、あの力に、10年間の鍛錬とサイレン世界の環境というプラスアルファが加われば、強大な能力には違いないと思ったんですけどね。。。
あと、仮に敵になったとして、イルミナが加わったら?なんてことも書いてしまうと(^-^;)

>ナルト
私は長門が悪いとは思っていません。
ただ、同情はするけど、理解は出来ないと書いただけです(^-^;)

・やられたからやり返す。
・元凶を滅ぼせば、戦争は無くなる。

個人的に、この2つは理解しちゃいけない概念だと思っています。
なので、理解したくないです。
長門の言っていることは極端過ぎます……。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。