スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるある……

I”sを読み始めたら、最後まで一気読みしてしまいました。。。
掃除をする予定だったはずなんだけど(笑)

ホント、少年誌の限界に挑戦した恋愛物だったなぁ……この漫画は。
素晴らしい尻ってのもあるんだけど(お前)
ほぼ一人称構成で進めてあるのに、そこかしこのシーンで、主人公以外のキャラの心情もきちんと伝わってくるのが凄いなぁ……とかなんとか。
一人称じゃ足らない場面に関しては、三人称視点も入ったりしていて、そのへんは、作者さん自身、反則技なんだってコミックスのあとがきかなんかで書かれていた記憶があります。
その辺の反則技が、良い味になっているから別にいいじゃなぁいって、読み返す度に思ってしまうところ。
特に、伊織が一貴のことを意識している描写なんかは、一貴視点では絶対に描けない点なので、ひたすらにグッジョブだなぁって思う。
ホント、このカップル可愛いなぁ……。
何回読んでも飽きないし、大好きです!

最近の中高生はこういうの好かんのかな?
久々に、このくらい力技の恋愛物をジャンプで読みたいです。
(ジャンプにこだわっちゃうのは、やっぱり、一番規制が厳しい雑誌だからってのがあると思う。ギリギリと闘っている矢吹先生の男気は買うんだけどなー)
単なるおさわり漫画は好きになれんくて。
それでも、話に進展が見られるならいざ知らず、ですが。。。
(勿論、少年誌として、その枠はあるべきだと思うんだけど。最近は、ひとつの漫画に偏りすぎですよね。昔は、どの漫画も適度にえろかった気がする)

規制されたギリギリラインで描かれる、えろでありながらプラトニックな話を読みたいなら、少年誌の恋愛物しかないと、私は思うんですが、いかがでしょうか。
青年誌じゃ、自由に出来てしまうからなぁ……。
その規制を邪魔と感じるか、快感と感じるかは、描く側の感じ方なんでしょうけどね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。