スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごきげんよう、また会いましょう

マリア様がみてる―キラキラまわる (コバルト文庫)マリア様がみてる―キラキラまわる (コバルト文庫)
(2007/12/26)
今野 緒雪

商品詳細を見る
マリア様がみてる―卒業前小景 (コバルト文庫)マリア様がみてる―卒業前小景 (コバルト文庫)
(2008/10/01)
今野 緒雪

商品詳細を見る
マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫)マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫)
(2008/12/26)
今野 緒雪

商品詳細を見る


さっちゃん、令ちゃん、卒業おめでとう。
マリみて完結(?)おめでとう。

ようやっとこ読みました、さっちゃん卒業!
夏季休暇中に本三冊消化する、を目標にしていたのですが、現在四冊消化しました。
移動時間って読書に最適ですよね。
文学少女シリーズもあと一冊で完結です。

まぁ、そんな話はいいとして。
読み終わりました、マリア様がみてる!
新刊のリトルホラーズは、短編集っぽいので
現状、スルーで良いかなぁと思っているところ。

さっちゃんが卒業したことで、
一応完結扱いにしてくれた先生に感謝です。

たとえ、どこまでだって話を続けられる
ストーリーがあったとしても、
やっぱり、主眼に置くべきテーマというのは必要だし、
マリア様がみてるの場合、
どう考えても、そのテーマは、
さっちゃんと佑巳ちゃんであって然るべきですからね。

特に、キャラの強い上級生がドシドシいなくなる中、
話を続けられても、今後、面白く出来るかどうかも
微妙なところだなぁ……と思いますし^^;

しかし、やっぱり、佐藤聖の存在感は凄いですねー。
私はさっちゃんが一番好きなんですが、
聖が出てくると、一気に空気が変わるというか、
テンポがグッと読みやすくなるんですよね。
毎度毎度歯痒いのは、聖の志摩子放任主義。
もう少し構ってあげてもいいように思うんだけど、
あの距離が最適だと言われてしまうと、
そうですねとしか言えんしなぁ。
お姉さまに甘えなかった分、
妹とそういうバランスを保っているので、
志摩子的には全然オッケーなんでしょうけど。

しかし、マリア様がみてるを読み始めたきっかけって、
天使のいない12月っていうエロゲだったなぁって、
今思い返して、笑いがこみ上げてきました。
確か、榊しのぶってキャラが、
さっちゃんに似てるって話を友達に聞き、
私はしーちゃんの容姿と性格は大好きだったので、
試しに読んでみたらはまったんでした。

さっちゃんは最初から最後までさっちゃんで、
本当に可愛いですねー。
「お姉さまのいじわるっ」とか懐かしいなぁ……。
あの子、いじるの楽しいって言ってる
上級生グループの気持ちがよくわかる。
ただ、残念なのは、
レイニーブルーとかの頃並みの激しさが
抜けてしまったことでしょうか。
成長は嬉しいけど、安定してしまうと、
読んでいて物寂しさがありますよね。

令ちゃんも徹頭徹尾、王子様キャラでしたね。
乙女なのに王子様キャラなもんだから、
最後の最後まで微妙な立ち位置でした^^;
いや、人間としては、
一番出来ているのはこの人だと思うんだけど。

新黄薔薇姉妹の行く末は気になるかなぁ。
菜々ちゃん、可愛いですよね。
あの由乃を飼い慣らしているように見えて、
実は超懐いているっていう。
個人的に大好きな組み合わせです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。