スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローランサーⅥ―3

どういうイチャイチャパラダイスなんだ、ここは。

今日やってて思ったのが上記です。

すげーよ。フラグ立たせすぎたのか、すごいイチャイチャパラダイスだよ。

主人公⇒ミカナギ(あの、シナリオが進めば進むほどミカナギです)
ルキアス⇒カノウ(こんな生意気っ子じゃないが)
ウェンディー⇒天羽(恋愛対象ないとか言ってたが、撤回します。嫉妬……イリステレサと主人公の仲に嫉妬!!か、かわー!!)
イリステレサ⇒トワ(何、この可愛い生き物……)
ネーリス⇒ツヴァイ(シナリオが進めば進むほどに)
アニータ⇒???(特に該当ないですが、彼女の積極的な告白には普通にときめいた。こんなところで言っちゃう子なんだ?!とどぎまぎ)
ホフマン⇒???
ユリィ⇒マスコットだね。ホント、可愛い。

という風に勝手にキャラ還元してしまってます。
いや、王道すぎて設定がね、かぶりすぎてもう。面白くなっちゃって、遊び方間違ってるの分かるんだけどつい、ね。


イリステレサがやばいです。イリスだかテレサだかどっちかにしろよはっはんとか思ってたんですが、急上昇。芯の弱さと、主人公との関係性がかなり好きすぎる。
『べっ、別に要らなかったら、後で捨てても構わないんだから……』
(のようなこと)

ああ、やっぱりこの人ツンデレ系か……(うふふ)ってなった瞬間の台詞です。
なんだか、普通にありがとうだけ言おうと思ってたのに、思わず抱き締めてしまいました(選択肢にあったから)
ツンデレ喋りだと全くときめかなかったと思う。
このお姉さんの口調だからこそ可愛かったと思うなぁ。


名前不明だったキャラはネーリスというそうです。
こちらも主人公と因縁あり。
個人的に無感情っぽい振る舞いしてる子は好きなので、このままフラグ維持で進めたいところです。
インフィニトー様に誉められたことがないのだって台詞がなんだかむしょうに切なくなりました。
可愛い生き物その2です。


アニータ様。大胆告白にどっきゅんどっきゅん。
確かにねぇ、意識してもらうために言うっていうのも1つの捉え方だなぁと思いました。
しかも、声が能登さんのウィスパーボイスですよ(^^;)
内向的な子の勇気ほどときめき度高いもんないですよね。
お兄ちゃんを守ってあげられずごめんね(>_<)


ルッキーの過去をどうにか変えてあげるべく、お兄さんは立ち上がるのです。
ルッキー、勇気を出せ。
迷う先には何もない。
選び取った先にこそ、光はあるのだ。
男なら、歯食いしばれ!(BY ミカナギ)


ウェンディーの背中が寂しいな発言で、恋愛対象まで登ってまいりました。
そう来たか、お姫様。
イリステレサに対してちょいとばかし嫉妬されたのが可愛かったなぁ。


ユリィエンドも見てみたいし、これは困ったぞ(^^;)
初代ばりに落としたいキャラが満載で困ってます(笑)

この調子で明日もやっちゃいそうだなぁ……。
現在、エル・ヒンギス逗留中。
さすがに蜂起に加わる気にはなれず、ひとまずセーブしてやめました。
ゲームやりすぎちゃった(苦笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。