スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年間ありがとう!

フレッシュプリキュア!【3】 [DVD]フレッシュプリキュア!【3】 [DVD]
(2009/08/19)
沖佳苗喜多村英梨

商品詳細を見る


私の場合、見始めたのが6月からだったので、
正確には1年ではないのですが、
本当に1話目から見なかったことを後悔しました。
その分は、DVDで補填はしましたが。


フレプリ!

1年間ありがとう!!



なんというか、とっても久しぶりに
子供のためのアニメを見た気がしました。
特に感じるのは、好評だったとしても、
引き伸ばしをしたりしない潔さ。
これが私の中では1番。

お話には書くべきことがあって、
その幹をしっかりと据えて作る場合、
引き伸ばしなんてのは
絶対に生まれないはずなんです。
(もちろん、引き伸ばしによって、
 よりグレードアップした作品もあるのを
 知っていますので、一概には言えないけれど)

商業事情も絡んでくるから、
仕方ないっちゃ仕方ないんですけど、
このフレッシュプリキュアは、
シナリオが全力で、
決まった位置へ向かって走っている感じが
凄く良かった。

そして、最後も、絶対的な終わりではなかったのもbbb

お話としてのセオリーをきっちりと守った
お手本のような作品でした。
だからこそ、子供のための作品を
久々に見たって言っちゃうところですかね。

せっちゃんが最後の最後まで、
メビウスに『様』を付けているところが
なんだか泣けてしまいました。
彼女は本当にメビウスを敬愛していたから。。。

人間たちの作り出したシステムに管理されていた、
というどんでん返しなお話。
それはとっても今の時代を皮肉っていて、
上手いなぁと思いました。

残念だったのは、
敵までは救えなかったこと。
そして、せっちゃんの白ワンピ姿が
結局序盤だけで見納めになってしまったこと、かな。
あの格好、すごく可愛かったのにねぇ。
腹黒といえば、白ワンピだぜ☆(なんてこった)


しかし、ホント……


お前ら

全力で可愛いすぎだよ!!



ラストダンスのシーンが
みんな可愛くて仕方なかったです。
戦いが終わって、
それぞれがそれぞれの道を歩き始める。
いつかの再会(再開)を心に誓って。
けれど、この世界では、
みんなが幸せの価値を再認識したから、
絶対に同じ過ちは起こらないのでしょうね。
だからこそ、この話は
ここで終わっていいんだな。。。
(やっぱり、終わりは少し物悲しい)

せつなの不幸せっぷりがあんまり過ぎて
見始めた作品でした。
そして、せつなと一緒に、
ラブの心のあったかさに触れることが出来たかな、と
思います。

私の中で、ラブは最高の主人公にして、
最高のヒロインでした。
少年漫画だったら、完全に
海賊船の船長を張れる器でしたよ(笑)

ベリーさんの不遇っぷりも、
もうここまで来ると脳内麻薬だなって思いましたし
パインさんの可愛い度優遇っぷりも
ここまで来ると、腹黒にしか見えなくなるし
(どっちも酷い言い様)

だけど、ベリーさんは
キュアエンジェル姿に変わった時、
pixiv内で、かなりの盛り上がりを見せていました。
本当に、あそこまで来ると、
スタッフは狙ってやっているんだろうとしか
言えないですよね(^-^;)
私だったら、ああいう子をヒロインにしちゃうんだけど。
どうして、子供向けだと後ろに回されちゃうのかしら。

あ、最後に。

プリキュア4人がみんな同い年って
言われてびっくりしたのは、私だけか?!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。