スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年は国民読書年です。

タイトルは年末よく見かけたポスターです。

今年は国民読書年だそうです。
出版業界の低迷が最近は叫ばれておりますが、そういうの関連で決まったのかどうかはよくわからない、この決議。
気になってちょろっと検索したら、国会で決議されたことなそうです^-^;

まぁ……そこまでしないといけないくらい、本読む人が減ってるってことなんでしょうねぇ……。
月に1冊も読まないって人もいるそうで。
とはいえ、本を読んでいない分、他の媒体で活字を読んでいることは十分に考えられるとは思うんですけどね。
本は何冊読みますか?
では、計れない時代になっていることも、忘れてはいけない部分だと思います。
それに、読んでいたとしても、薄っぺらくて行間が広い本である場合もあるわけですから。
冊数なんて飾りだよなぁ……と、思うわけです^-^;

結局、年間に1冊しか読んでいなくても、その1冊がその人の実になっているのであれば、それは意味があるし、年間何十冊読んでいたって内容が頭に残ってもいない、とか、はずればっかで中身スカスカ、とかそういうこともあるでしょうしねぇ。。。

まぁ、私も最近は積読気味になっていますので、今年は出来るだけペースを上げて消化していきたいなぁなんて考えています。
1週間に、2冊くらいはねぇ……。

本は知識の海。
本は感性の海。
経験だけでは決して手に入らない何かを教えてくれるものです。
どんなに電子社会になっても、人間は紙からは離れられない。
これは私の持論です。
電子書籍は目に辛すぎるよ。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。