スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エバーグリーン

エバーグリーン (双葉文庫)エバーグリーン (双葉文庫)
(2009/03/12)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


「マジ、十年後な。

 十年後の今日、

 三月十四日、ここっ」



15の頃に交わした約束。
たとえ、果たされていなくても、
会えればいいな。
そんな風にまでは思えていなかった頃の約束。




甘酸っぱい+ほろ苦い。
ピュアーなブルースプリング小説って感じでした。
なんか、青臭いのって良いですよね。
こういう話、私大好き。

ただ、一直線で生きられないのが人間で、
一直線であればカッコいいのかって言ったら、
それはそれで違うんだぜってのが人生です。

個人的には共感を持って読めた作品でした。
ただ、ときめきメモリアってるシーンは電車で読んでて、
恥ずかしくなっちゃいましたけど^-^;

なんだろうねー。
恋愛小説でもないし。
タイトルがピッタリな作品かなぁと思います。

「王子」くんが出たシーンは大爆笑しました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。