スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くおんの森

くおんの森 (1) (リュウコミックス)くおんの森 (1) (リュウコミックス)
(2008/11/20)
釣巻 和

商品詳細を見る


とある夏の日
迷い込んだは

本の森

本と人との
間に在る場所

彼の地を知ると
いうものが

口を揃えて
称して曰く

――その名を

「森」と


(「森」は本の字三つで森です)

時間に余裕のある時にゆっくり堪能しようと思って
取っておいた一冊です。

読んだ本の内容は一字一句忘れないという
特技を持った少年・魚住遊紙が、
文字を好んで食らう”紙魚(しみ)”に
寄生されてしまうところから
お話は始まります。

「童話迷宮」で惚れた漫画家さんですが、
くおんの森のほうが初期の作品とのことで。
正直マジすか?! な感じです。

……なんだか、すっごい美味しい漫画だなー、
っていうのが個人的な感想。
雰囲気とか扉絵のセンスとか。
どうしよう……大好きだわ(青い花のふみちゃん風)

本の森を守る森人ちゃんがむちゃんこ可愛い。
執事を羊って呼んでるのも可愛い。

言葉の選び方が、近代小説好きな感じがするのも○♪
「いらせらりませ ”森”の中」
第三頁記憶の森Ⅲの最後のページで落ちました。
あー、この人のこういうセンスが好きなんだ、たぶん。

全2巻なので、続きも買ってこないと。
しかし、あと1冊で終わっちゃうのか。。。
それで、紙魚は追い出せるのかなぁ???
もう1人寄生されたことがある人ってのは、
確実に遊紙のおじいちゃんなんでしょうけど。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。