スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささめきこと 6巻

ささめきこと 6 (MFコミックス)ささめきこと 6 (MFコミックス)
(2010/03/23)
いけだ たかし

商品詳細を見る



この憤りを

どこに持って

行けばいいのだろうか。


(※私の心の声)

完結していないのもあり、
まだ今後に期待できるかもしれないんですが、
6巻時点で、私の中では、
良作になり損ねた作品にランクが落ちてしまいました。
2巻までは確かに良かったのになぁ……。

用いた話は悪くなかったと思うんですが、
いかんせん、前回までのすれ違い展開が
長すぎたせいでしょうか。
(3巻から5巻まで、ひたすら2人の関係先延ばし)

全然、心にガツンと来なくて残念です。

お面のエピソードも上手いというよりか、
あざといという捉え方しか出来ない感じ。

しかも、6巻は、進展したと見せかけて、
上手いこと「ふりだしに戻る」して終わっちゃってますし。

確かに、2人の心の中は進んだんでしょうけど、
話としてはひとつも進展していません。
(後輩のまゆちゃんの心の変化以外は)

そういう理由もあってか、
私の中ではガックリ感が大きいです。
とはいえ、私の解釈では、
5巻時点でもう駄目だったってことになるので、
6巻でどんな展開しても、
私自身の心は揺さぶれなかったと思うんですけどね^-^;
少なくとも、6巻の1話目を5巻の最後の話にして、
すみちゃんが走り出すところで引き、にしてくれれば、
もう少し違ったんじゃないかなぁっても思うんですが。
お話っていうより、構成に物申すって感じでしょうか。

それと、思ってたから言っちゃうけど、
こんなに2人のことに気付いている人が増えたら、
もうささめいてないっすよ^-^;


さすがにこれだと、
酷い話だったみたいになっちゃうので、
最後に良かったところ(ツンデレか)

●アイラブ汐
開き直った汐がすごく可愛い。素敵。ビューティフォー!
おてて繋いで、別れ際、離したくなくて、
ずっと両手で引き止めてるところとかキュート過ぎるだろ。

●三角関係展開への伏線?
面倒な展開は嫌いなのでちょっと嫌なんですが、
それでも、まゆちゃんが可愛かった。

●ふりだしに戻る
すみちゃんは相変わらずすみちゃん。
せっかくの汐のデレに一切気付いていない感じが、
イラッとしつつも、この漫画らしかった。

●情感豊か
相変わらず、指先の動き一つ、視線の動き一つで
キャラの心情を描写するという繊細な演出が活きてる。
構成や、関係先延ばし展開で長々話が続いても、
途中で切れないのは、
この先生の繊細な演出力が大好きだからに他なりません。
上でちょっと書いてますが、
6巻でも、汐のデレ方が繊細で、表情一つで、
立ち直ったな、開き直ったな、と思わせてくれるところは
秀逸だと思います。


なんというか、
最初に文句ばっかり書いちゃいましたけど、

キャラや演出自体には

文句のつけどころが無い作品


だと思います。

惜しいのは、構成で少しグダった感があること。
この一点だけです。
私はこの作品大好きなので、それだけは弁解しておきます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。