スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんじぇろ・むしカン更新です。

La voce di Angelo

無色彩カンバス


更新しました。
バギさん、お仕事お忙しいところありがとうございました!

あんじぇろはとうとうここに至りました。
というところで、お話が終わっております。
しかし、タゴルがエロオヤジにしか見えなかったらごめんなさい。
私が唯一コンタクトが取れてない人がタゴルです。
(一番シンクロ率が高いのはハズキです(ぉ))
電波妨害・受信拒否・私に構うなとひと睨み……etc
うわぁぁぁぁん!!
怖いよぉ。あのおじさん、怖いよぉぉぉ!!
みたいなね(^-^;)
勿論、冗談ですけど。
ちょっと本編のほうではどれだけ触れられるかわからないんですけど、タゴルは一番人間くさいキャラではないかなぁと思っておりますので、今後も見守っていただけるとありがたいです。


無色彩カンバスも1話更新してもらいましたー。
こちらはストックが少ないのもあり、更新はのんびりペースだと思われますが、ご容赦くださいませませ。
突然、舞視点が入ってきて驚かれる方もいらっしゃるかもしれないんですが、基本的にこの篇は修吾と舞の視点が交互に折り重なって展開していきます。
今後の状況次第で、視点を増やしていく可能性もありますし、このままってこともあると思います。
話を書いていて、いつも迷うのが視点なんですよね。意識しなくちゃいけないものの1つ。
基本的に私は固定せずに話が展開できるなら全キャラ視点にすら膨らませちゃうタイプなんですけど、無色彩カンバスではこの視点を課題において話を書こうかなぁと思っている次第です。
舞ちゃんの状況を知って、わかるわかるって言ってくださる人もいれば、うわぁって拒否反応出てしまう方もいらっしゃると思います。
でも、私はそれら全て包み込めるような、そんな作品にしていきたいと思っておりますので、どうか根気強くお付き合いいただけたら幸いです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。